Home / Mac / Macで複数ファイルを圧縮してzipにする方法

Macで複数ファイルを圧縮してzipにする方法

Pocket

MacのOSには、元来、zipファイルへの圧縮機能がデフォルトで提供されています。Macで自分で使う場合はこの機能を使いこなすだけで十分です。ただ、Macユーザー以外のWindowsユーザーに渡すとか、より高度な圧縮機能を用いることが必要な場合には、多くの有償、無償のアプリが提供されていますので、これらを活用することも一つの方法です。

スポンサーリンク

Macだけで複数のファイルをzip圧縮する方法

Finderで圧縮したいファイルを複数選択し、メニューから[ファイル]ー[**項目を圧縮](**部分は、選んだファイルまたはフォルダの数になります)をクリックすると、Finderの位置に「アーカイブ.zip」という圧縮されたzipファイルが作成されます。既に同名のファイルがある場合は、「アーカイブ2.zip」ファイルが作成されます。

001_findertozip02

この操作は、圧縮する複数のファイルを選択したのち、マウスの右クリック、トラックパッドでは、2本指でクリック、または、controlキーを押しながらクリックから圧縮(zip)ファイルを作成することができます。

002_findertozip01

Macだけの環境であれば、このように特別にアプリのインストールを行ったりせず、Finderだけで簡単にzip圧縮ファイルを作成することができます。

パスワード付き圧縮ファイルの作成

zipファイルには、パスワードを設定してロックする事ができます。解凍しようとするとパスワードの入力が要求されます。このパスワード付きzipは暗号化強度は決して高くないのですが、手軽さの点から重宝されて使われています。本格的なパスワードロックが必要となる場合は、専用のツールを使うようにしてください。

Macのターミナルでは、作成されたzipファイルに暗号を付する機能があります。ターミナルを開いて、zipcloak と入力し、enterは押さずに、続けて、半角スペースを入力します。この状態を保持して、別途作成したzipファイルをこのターミナルへドラッグ&ドロップした後に、enterキーを押してください。

設定するパスワードの入力と確認が求められます。最初の入力パスワードと確認用入力が一致した時、パスワード付きzipファイルが作成されます。自分一人、あるいは、Macユーザー同士であればこれだけで十分です。

次に「ターミナル」を使う際のちょっとした小技(設定)を紹介します。

Finderからフォルダを指定してターミナルを開く方法

ターミナルを使うときのちょっとしたヒントを紹介します。普通、「ターミナル」を起動するときは、ユーティリティ・フォルダから「ターミナル」アイコンをダブルクリックします。この時、ターミナルが開かれた場所は、ユーザーのホーム・ディレクトリで開かれます。

ユーザーが希望する位置で「ターミナル」を起動させるためには、次のような設定を行います。[環境設定]ー[キーボード]ー[ショートカット]タブを開いて、「サービス」の中で、「フォルダに新規ターミナル」と「フォルダに新規ターミナルタブ」にチェックを入れます。

003_findertoterminal

この設定で、Finderからターミナルで開きたいフォルダで右クリックすると、この項目が現れ、指定したフォルダーで「ターミナル」を開くことができます。

004_findertoterminal02

Finderによるzipファイルの作成と、「ターミナル」を使ったパスワード付きzipファイルは、macOSに備わっている標準機能で簡単に作成する事ができます。しかし、このzipファイルを日本語Windowsユーザーに渡すとちょっと厄介な事が発生する場合があります。日本語Windowsでは、解凍するとファイル名が文字化けする、余分なフォルダが解凍されるという問題です。

次にこのトラブルを回避する方法を紹介します。

Windowsユーザーに渡したzipファイルを解凍すると文字化けする

Macの利用者からWindowsの利用者にzip圧縮ファイルを渡した場合、解凍するとファイル名が文字化けしてしまうと指摘されることが多々有ります。MacやLinuxではファイルを圧縮する際にファイル名をutf-8でエンコードするのに対して、日本語Windowsではファイル名を、日本独自のエンコーディングであるShift_JISで扱っていることが原因です。

MacやLinuxだけの問題ではなく、日本語以外のWindowsからzip圧縮ファイルを持ってきても同じことが起こります。

この問題を回避するため、Windows側でutf-8のファイル名を処理できる圧縮・解凍ツールを利用していただければ問題は発生しないのですが、特に仕事上の取引でzipファイルを渡す場合、このようなことが起こる事、そして解決策まで説明するのは大変な事、逆に信用を失いかねません。

ここはもう、Macユーザーが大人になって、日本語Windowsで解凍しても文字化けが起こらないようにしたzipファイルを渡すようにしましょう。またWindows OS上でMacの標準機能で作成したzipファイルを解凍すると、OS X特有の「_MACOSX」というフォルダーが作成されるという課題もあります。

Macには、この2つの問題をMac側で簡単に回避するにはアプリを使ってzipファイルを作る必要があります。Macには、この問題を回避してくれる優秀な無償アプリ、「WinArchiver Lite」が存在します。

Windowsユーザーへ渡すzipファイル作成には、WinArchiver Liteが定番

1 2

スポンサーリンク

Check Also

macで画像編集~フリー画像編集・画像加工アプリ7選

macユーザーの皆さんは画像編 …

Facebookでのご購読が便利です