Home / Windows / Linux上でWindowsアプリケーションを動かす「wine」の基礎知識と特徴

Linux上でWindowsアプリケーションを動かす「wine」の基礎知識と特徴

Pocket

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s

Linuxを使う場合にWindowsのアプリケーションも使いたいと考えたことはありませんか。もしくは、Windowsのアプリケーションがそのまま使えたらLinuxに変えたいと、悩んでいたりしませんか。wineを使えばLinux上でWindowsアプリケーションが使えたりします。ここでは、「Linux上でWindowsアプリケーションを動かす「wine」の基礎知識と特徴」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.wineの基礎知識やインストール方法

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

ここでは、Windowsアプリケーションを動かすためのwineの基礎知識とインストール方法について、紹介いたします。

1.wineの基礎知識と特徴

Windows Emulatorからwineと名付けられたと言われています。通常、LinuxでWindowsのソフトを動かすことはできません。wineをインストールすれば、Linux上でもWindowsソフトを動かすことが可能です。しかし、すべてのWindowsソフトが必ず動くというわけではなく、動かないものもあります。wineをインストールする場合は、そのことを念頭に置いて使わなければなりません。使い方は簡単でwineをインストールした後に、Windowsのアプリケーションをインストールするだけです。

2.wineのインストール方法

wineをインストールする際の方法は下記のとおりです。

  1. 例えばUbuntuを使っている場合は、Ubuntuのソフトウェアセンターを開き、wineで検索をします。
  2. wineのアイコンが表示されますので開きますので、インストールを選択すればインストールが開始されます。
  3. wineのインストールが完了したら設定を行うためにターミナルを開きます。
  4. ターミナルを開き「winecfg」と入力してEnterを押せば、Windowsのドライブのようなフォルダができあがります。これにより、Windowsのプログラムの実行が可能になります。
  5. ドライブを作成するとwineの設定画面が表示されます。Windowsのエミュレーション設定が画面から行えます。
  6. アプリケーションタブでは、アプリケーション別にWindowsのバージョン設定を行います。
  7. ライブラリタブでは、WindowsのエミュレータのDLL設定を行います。
  8. 画面タブでは、画面の解像度、マウスキャプチャー、画面サイズなどの設定を行います。
  9. ドライブタブでは、フォルダや仮想ドライブなどのマッピングを設定します。
  10. デスクトップ統合タブでは、各アプリケーションの外観やテーマの設定を行います。
  11. オーディオタブでは、wineのオーディオの設定を行います。

次に、Windowsアプリケーションをインストールします。

  1. Windowsで使っているアプリケーションをインストールします。
  2. ターミナルを開きインストーラにあるフォルダにアクセスします。
  3. 「wine プログラム名.拡張子」を入力しインストーラの実行を行います。
  4. インストールを開始します。
  5. インストールが完了したら、Ubuntuの検索欄からインストールしたアプリケーションを探してみます。
  6. アプリケーションが見つかって起動し、問題なければ成功です。

2.Windowsのおすすめアプリケーション・フリーソフト

ここでは、Windowsで使えるおすすめの無料アプリケーションやソフトウェアを紹介いたします。

1.Google日本語入力

Google日本語入力は、Googleが提供している日本語入力ですが、最新のキーワードがどんどん更新されますので、変換作業が非常にラクになります。いつも以上の速度で入力していくことができ、よく長文を作成する方にはとてもおすすめです。Tabキーを使うだけなので、使い方も簡単です。無料ですし、誰でも簡単に扱えます。

2.PlayMemories HOME

PlayMemories HOMEは、誰でも無料で使うことができ、画像管理や編集などが簡単に行えます。iPhoneやデジカメから画像データを取り込むこともでき、DVDへの焼き付けも可能です。画像・動画の管理・簡易編集におすすめです。他に使っているソフトがなければインストールしていて損はないでしょう。

3.VLC media player

VLC media playerは、ほとんどの動画の視聴ができる無料ソフトです。動画ソフトにありがちな広告表示もありません。決して高性能というわけではありませんが、無料で使えますので、たまに動画再生をしたい方にとっては何も問題ありません。ブルーレイに関しては部分対応になります。

4.LEAWOメディアプレイヤー

LEAWOメディアプレイヤーは、無料のブルーレイプレイヤーです。ブルーレイだけでなくDVDも視聴できます。有料のブルーレイプレイヤーも多いですが、無料で利用できるお得なソフトです。パソコンを使ってブルーレイ視聴の機会が多い方におすすめです。

5.FenrirFS

FenrirFSは、ファイル管理が簡単に行えるソフトです。各ファイルをラベルのように管理できるので、目的のファイルをすぐに見つけ利用できるようになります。シンプルで使いやすく、写真や動画、音楽など、多数のファイルを管理している方におすすめです。

6.Everything

Everythingは、パソコン内のデータを高速検索するソフトです。データ検索はデフォルトでも搭載されている機能ですが、Everythingの方が、速く正確に検索できます。文字を入力するごとに検索が反映されますので、とても探しやすいです。パソコン内に多くのデータ・ファイルがある方におすすめです。

7.CrystalDiskinfo

CrystalDiskinfoは、HDD/SSDのディスクユーティリティであり、ディスクに異常が発生したら通知してくれるソフトです、正常、注意、異常の3段階で自動で評価してくれますので、HDDとSSDの状態を常にチェックできます。寿命チェックに役立ちますので、インストールしておくだけで便利です。

8.GIMP

GIMPは、高機能な無料の画像編集ソフトです。Photoshopのように編集も加工もできます。画像の編集・加工だけでなく、オリジナル画像の作成もできます。パソコンで画像編集などを行いたい方におすすめです。

9.Lightworks Free

Lightworks Freeは、簡単にプロ並みの動画編集ができるソフトです。無料でありながら、高性能で、初心者でも簡単に思い通りの編集ができます。動画をよく作る方におすすめです。

10.Clibor

Cliborを使えば簡単でスピーディーにコピペができます。コピペの履歴が最大過去1000件分まで選択ができますので、連続して同じコピペをしたい場合や、過去のコピペをもう1度行いたい場合に、わざわざサイトなどを見つける必要がありません。あると便利なフリーソフトです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。すべてのアプリケーションが使えるわけではありませんが、wineを使えば、Linux上でWindowsアプリケーションが使えます。これにより、操作が軽快なLinux上でWindowsアプリケーションも使えて、より便利に利用できます。これまでWindowsアプリケーションが使えないのが理由でLinuxの使用に抵抗があった方は、ぜひ試してみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

ada5325f9fffb86adbdc573e5663d963_s

instagramの動画を保存する方法

世界中で人気のあるSNSアプリ …

Facebookでのご購読が便利です