Home / Windows / Linux上でWindowsアプリケーションを動かす「wine」の基礎知識と特徴

Linux上でWindowsアプリケーションを動かす「wine」の基礎知識と特徴

Pocket

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s

Linuxを使う場合にWindowsのアプリケーションも使いたいと考えたことはありませんか。もしくは、Windowsのアプリケーションがそのまま使えたらLinuxに変えたいと、悩んでいたりしませんか。wineを使えばLinux上でWindowsアプリケーションが使えたりします。ここでは、「Linux上でWindowsアプリケーションを動かす「wine」の基礎知識と特徴」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.wineの基礎知識やインストール方法

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

ここでは、Windowsアプリケーションを動かすためのwineの基礎知識とインストール方法について、紹介いたします。

1.wineの基礎知識と特徴

Windows Emulatorからwineと名付けられたと言われています。通常、LinuxでWindowsのソフトを動かすことはできません。wineをインストールすれば、Linux上でもWindowsソフトを動かすことが可能です。しかし、すべてのWindowsソフトが必ず動くというわけではなく、動かないものもあります。wineをインストールする場合は、そのことを念頭に置いて使わなければなりません。使い方は簡単でwineをインストールした後に、Windowsのアプリケーションをインストールするだけです。

2.wineのインストール方法

wineをインストールする際の方法は下記のとおりです。

  1. 例えばUbuntuを使っている場合は、Ubuntuのソフトウェアセンターを開き、wineで検索をします。
  2. wineのアイコンが表示されますので開きますので、インストールを選択すればインストールが開始されます。
  3. wineのインストールが完了したら設定を行うためにターミナルを開きます。
  4. ターミナルを開き「winecfg」と入力してEnterを押せば、Windowsのドライブのようなフォルダができあがります。これにより、Windowsのプログラムの実行が可能になります。
  5. ドライブを作成するとwineの設定画面が表示されます。Windowsのエミュレーション設定が画面から行えます。
  6. アプリケーションタブでは、アプリケーション別にWindowsのバージョン設定を行います。
  7. ライブラリタブでは、WindowsのエミュレータのDLL設定を行います。
  8. 画面タブでは、画面の解像度、マウスキャプチャー、画面サイズなどの設定を行います。
  9. ドライブタブでは、フォルダや仮想ドライブなどのマッピングを設定します。
  10. デスクトップ統合タブでは、各アプリケーションの外観やテーマの設定を行います。
  11. オーディオタブでは、wineのオーディオの設定を行います。

次に、Windowsアプリケーションをインストールします。

  1. Windowsで使っているアプリケーションをインストールします。
  2. ターミナルを開きインストーラにあるフォルダにアクセスします。
  3. 「wine プログラム名.拡張子」を入力しインストーラの実行を行います。
  4. インストールを開始します。
  5. インストールが完了したら、Ubuntuの検索欄からインストールしたアプリケーションを探してみます。
  6. アプリケーションが見つかって起動し、問題なければ成功です。

2.Windowsのおすすめアプリケーション・フリーソフト

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

DVD

自作DVDが作れる!windowsでDVD書き込みする時の3ステップ

あなたはDVDを自作したことが …

Facebookでのご購読が便利です