Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / システム関連 / linux / LinuxKernelって何?LinuxKernelの基礎知識と機能

LinuxKernelって何?LinuxKernelの基礎知識と機能

Pocket

LinuxKernelは、マルチユーザーに対応しており、複数のユーザーがリアルタイムで同時にシステムを使えます。多くのユーザーが利用する場合は、セキュリティの観点から、各ユーザーごとにファイルの書き込み権限などを自由に設定できます。これにより、マルチユーザーに対応していても安心です。

2.マルチタスクに対応

LinuxKernelはマルチタスクにも対応しています。マルチタスク対応なため、複数のプログラムを同時に動かせます。仕事もプライベートも作業がしやすく、効率が上がります。

3.オープンソースであること

Linuxは、オープンソースであるため、自由にカスタマイズができます。General Public Licenseのオープンソースライセンスの元に使われています。

4.豊富なアーキテクチャに対応

LinuxKernelは、豊富なアーキテクチャに対応しています。Linux自体が多くのアーキテクチャに対応していますが、1つの大きな特徴です。

4.Linuxのおすすめディストリビューション

ここでは、おすすめのLinuxディストリビューションを紹介します。

1.Linux mint

Debian系のディストリビューションで、利用しているユーザーもUbuntuに次いで多いと言われています。軽快なMATEデスクトップや高性能なCinnamonデスクトップ、Wordに似た文書作成のWriterや、表計算ソフトCalc、プレゼンテーションソフトImpressなど、さまざまなMicrosoft OfficeのようなOfficeアプリが揃っています。

GIMPやInkscapeなどのアプリにより、イラスト作成や複雑な画像処理もできます。メディアプレーヤーVLCや、ソフトウェアのBansheeが備わっており、DVDや音楽の視聴もできます。ソフトウェアが簡単に管理できたり、LinuxMintJapanWiki、LinuxMint日本語フォーラム、日本語メーリングリストなどが充実しているため、質問や相談を気軽に行えます。

2.Ubuntu

Ubuntuは非常に多くのユーザーに使われいている、Debian系のLinuxディストリビューションです。Unityを採用した独自のインターフェースとなっており、Ubuntuは半年ごとに新しいバージョンがリリースされていきますので、セキュリティも安心です。Ubuntu Japanese Teamがローカライズしていて、誰にでも使いやすいOSとして人気です。

3.elementaryOS

elementaryOSは、Debian系のディストリビューションでUbuntuがベースになっています。elementaryOSの特徴は、MacOSのようなユーザーインターフェースな点です。シンプルでデザイン性が高く、サクサクと軽快に動きます。普段からMacを愛用している方も使用できるLinuxディストリビューションです。

4.ZorinOS

ZorinOSは、Debian系のディストリビューションで、elementaryOS同様で、Ubuntuをベースとしています。Mac風のelementaryOSに対して、ZorinOSはWindows風です。普段、Windowsを使っている人は抵抗なく使えるLinuxディストリビューションです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「LinuxKernelって何?LinuxKernelの基礎知識と機能」について、紹介いたしました。LinuxKernelがあることで、資源管理やアプリケーションの監視などが行われ、スムーズにシステムが動きます。

また、さまざまな機能や特徴もありますので、興味がある方は、把握しておきましょう。また、多くのLinuxディストリビューションがありますので、Linuxを検討している方で、気になるディストリビューションがあれば、ぜひご自身でも調べてみてください!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

LinuxOSの特徴とメリットデメリット

WindowsOSやMacOS …

Facebookでのご購読が便利です