Home / ネットワーク・IT / SNS / LINE / LINEでスタンプを作ろう!自作スタンプを販売するまでの手順

LINEでスタンプを作ろう!自作スタンプを販売するまでの手順

Pocket

スマホで使用するコミュニケーションツールはいろいろありますが、特にLINEは、個性的なかわいいスタンプでメッセージのやり取りを楽しくできることが魅力です。

そんなLINEのスタンプですが、自分の気持ちを伝えるのにちょうどいいスタンプが見つからない場合はどうしていますか?

適当なスタンプで間に合わせるのもいいですが、どうせなら自作のスタンプで自分の気持ちを伝えてみましょう!

自分で作ったスタンプでお互いメッセージのやり取りができれば、コミュニケーションももっと楽しくなるはずです。スタンプを作るのに専門的なツールや知識ありません。この記事では気軽にLINEスタンプを作成する方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

LINEスタンプの規格

個性的なものが多くて見てるだけで楽しくなれるLINEのスタンプ、一見自由に作成されているように見えますがこう見えても守らなければいけない規格があります。

規約を守らないとせっかく一生懸命作ったスタンプが無駄になってしまいますので、ちゃんと規約を理解してスタンプを作りましょう。ここではまず、LINEスタンプの規約を解説します。

LINEスタンプの基本的な規格を守りましょう

LINEスタンプのサイズは以下の通りに決められています。

  • 幅:80~370ピクセル
  • 高さ:80~320ピクセル

あまり大きすぎるとスマホの画面に収まりきらなくなるので、スタンプは最大サイズに収まるように作成しましょう。

逆に、規約としては最低のサイズは決められていませんが、可能な限り大きなサイズで作成することをおすすまします。小さすぎると、視認性が悪いという理由でリジェクトされてしまう可能性があります。

また、公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るものもNGなので注意しましょう。

余白をちゃんといれましょう

スタンプの画像には10ピクセル程度の余白をいれましょう。たとえば、作成するスタンプのサイズを幅370ピクセル×高さ320ピクセルにした場合、画像の縁から10ピクセルの空白をいれてスタンプを作成しましょう。

あまり空白が小さすぎるのもリジェクトの理由になるようですので、最低でも10ピクセル、できれば20ピクセルの余白をいれることをおすすめします。

スタンプのサイズは偶数にしましょう

LINEスランプは最大で幅370ピクセル×高さ320ピクセルと説明しましたが、サイズについてもう一つ注意点があります。それはサイズは奇数にしてはいけないということです。

たとえば、スタンプのサイズを幅355ピクセル×高さ310ピクセルにして作成すると、幅のサイズが奇数なのでリジェクトされてしまいます。なぜサイズを奇数にしてはいけないのかというと、表示する端末によっては画像がボケて表示されてしまうからです。サイズは幅も高さも偶数に揃えましょう。

スタンプ以外に必要なもの

日本人 女性 女 女子 10代 20代 大学生 学生 清楚 上品 美少女 キレイ 綺麗 可愛い Cute ショートヘア ショートボブ 黒髪 勉強 室内 屋内 資料 教科書 飾り棚 グリーン 観葉植物 考える 物思い 日本人女性 おすすめ ひらめく mdjf004

スタンプ画像以外に、LINE Storeに表示するための「メイン画像」とトークルームのタブに表示するためのタブ画像も必要になります。この2つの画像は、サイズが以下の通り決められています。

  • メイン画像:幅240ピクセル × 幅240ピクセル
  • トークルームタブ画像:幅96ピクセル × 幅74ピクセル

この2つの画像は作成したスタンプの中から一つを選んで、リサイズすれば良いでしょう。

その他の注意点

上記以外にも規則として注意しなければいけない点がいくつかあり、申請する際は下記の点も守る必要があります。

  • スタンプ画像は8個から(※ 必要数は8個/16個/24個/32個/40個)
  • 画像形式はPNG形式にする
  • 画像は1個 1MB以下にする
  • イラストなどの背景は透過にする

守らなければいけない規格が多くて大変ですが、せっかく作ったスタンプを無駄にしないために把握しておきましょう。

次ページ:LINEスタンプを作成・申請・販売までの手順

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

無料版もある!魅力の多いLINE MUSICの4つのプランを比較&解説

人気の音楽聴き放題サービスのL …

Facebookでのご購読が便利です