Home / ネットワーク・IT / SNS / LINE / スマホでなくても便利!パソコンでLINEを使うメリット5つと裏技

スマホでなくても便利!パソコンでLINEを使うメリット5つと裏技

Pocket

パソコンでLINEを操作する5つの方法

ここでは、パソコンLINEならではの5つの操作方法について確認をしていきましょう。

1.改行する

パソコンでLINEを使う際に気をつけたいのが「改行」です。改行しようと思ってEnterキーを押してしまうとLINEが送信されますので注意してください。

パソコンLINEで改行する方法は「Shiftを押しながらEnter」です。

  1. Enter:送信
  2. Shift+Enter:改行

どうしてもShift+Enterは面倒に感じる人は、以下の方法で設定を変更してEnterで改行できるようにしましょう。

  1. LINEの「…」をクリックして「設定」を選択します
  2. 「トーク」を選択して「送信方法」を「Enter」から「Alt+Enter」に変更します

これにより、Enterで改行ができ、送信はAlt+Enterとなります。

■設定変更後

  1. Enter:改行
  2. Alt+Enter:送信

2.アルバムやノートの作り方

スマホLINE同様、パソコンLINEでもアルバムやノートを作ることができます。作り方は簡単で、アルバムやノートを作成したい友だちやグループのトークルームを開き、画面上部にあるメモアイコンをクリックするだけです。

ウィンドウが開きますので、「アルバム」や「ノート」を選択すれば作成できます。

3.通話する

パソコンLINEでも無料通話やビデオ通話をすることが可能です。通話したい相手とのトーク画面で「無料通話」もしくは「ビデオ通話」をクリックすれば、通話ができます。

ただし、パソコンLINEで通話する場合はマイクやスピーカー、ビデオ通話の場合はカメラが必要です。(これらはパソコンに付いているケースがほとんど)

4.ExcelやWordなどのファイルを送る方法

パソコンLINEでは、以下の方法でExcelやWordなどのファイルを送信できます。

  1. トーク画面でクリップマークをクリックします
  2. 相手に送りたいファイルを選択します

これにより、相手にファイルを送信できます。送信したファイルをダウンロードできるのは7日間です。また、ダウンロードだけでなく転送することやKeep機能を使ってLINEのクラウド上に保存することもできます。

5.画面キャプチャを共有する

パソコンLINEでは、簡単に画面キャプチャを共有することができます。方法は以下のとおりです。

  1. トーク画面でキャプチャマークをクリックします
  2. キャプチャしたい部分を選択して「✓」をクリックします
  3. トーク画面に表示されますので、送信ボタンを押せば相手と共有できます

パソコンLINE操作の裏技2つ

ここでは、パソコンLINEでできる「ID検索」や「既読を付けない方法」について確認していきましょう。これらの方法は知っておいて損はないでしょう。

年齢認証なしでID検索できる

パソコンLINEはキャリアスマホのように年齢認証しなくてもID検索が可能です。パソコンLINEのメニューから、友だち追加を選択すると表示される検索窓にLINE IDを入力するだけです。

既読を付けない方法

パソコンのLINEは、既読を付けずにメッセージを確認することもできます。トーク画面を開いて「別のウィンドウで開く」をクリックすれば、トークが別のウィンドウに表示可能です。

元の画面をアクティブ状態にしておけば、メッセージを読んても既読が付きません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、パソコンでLINEを使うメリットや操作方法、裏技などについて紹介いたしました。パソコンLINEは、文字入力も早く大きな画面で写真や動画を見ることができ、仕事をしながらもチェックできるのが魅力です。

無料通話やビデオ通話、Excelなどのファイル送信もできますので、興味がある方は、この記事を参考にして、早速パソコンLINEを使ってみましょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

一気に友達追加するならこれ!LINEのふるふる機能を解説

LINEにはID検索やQRコー …

Facebookでのご購読が便利です