仮想サーバの提供サービスと特徴比較

LINEで送る
Pocket

fa0feae628068335f3aa0af110588f5d_s

仮想サーバを提供している業者はどんなところがあるかご存知でしょうか。国内・海外と多くの業者が仮想サーバサービスを提供しています。ここでは、「仮想サーバの提供サービスと特徴比較」について紹介いたします。仮想サーバにご興味がある方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.仮想サーバとは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-06-22-37-07

http://vps.sakura.ad.jp/

仮想サーバとは、1台の物理サーバを複数台の仮想サーバとして使用することです。それぞれの仮想サーバでは、OSやアプリケーションが実行できます。物理サーバ上で仮想化ソフトウェアを動かして、複数台の仮想サーバを作り、サーバ1つにつきOS1つしか対応できませんが、複数台あることでさまざまなOSを扱えるようになります。仮想サーバを活用することで、サーバ運用を効率化し、コスト削減にも繋がります。

2.仮想サーバーの提供サービスと特徴

ここでは、いくつかの仮想サーバを提供している業者の特徴や料金について紹介いたします。

1.SoftBank仮想サーバ

携帯の通信キャリアとして利用者の多いSoftBankも、法人向けに仮想サーバサービスを提供しています。通信キャリアならではの高品質、高セキュリティサービスでリーズナブルな価格設定を特徴としています。

国内データセンターを利用しているため、伝送遅延が低く、管理ポータルによって設定変更が簡単に行えます。基本サービスは、CPUで選べるようになっており、下記のような料金設定です。

  1. ハーフ・・・CPU1/2コア 月額5,000円(税抜)
  2. シングル・・・CPU1コア 月額8,000円(税抜)
  3. デュアル・・・CPU2コア 月額15,000円(税抜)
  4. トリプル・・・CPU3コア 月額22,000円(税抜)
  5. クアッド・・・CPU4コア 月額29,000円(税抜)

また、追加リソースオプションとして、追加メモリ、バックアップ、追加ストレージ、追加ストレージスナップショットがあります。スケーラビリティオプションとして、ロードバランサ、オートスケール、SSLアクセラレーション、ゲストOS監視があります。

機能拡張オプションでは、閉域接続オプション、OSS設定イメージ、アプリ管理ツール、Windowsライセンスがあります。SoftBankの仮想サーバは、Web管理ポータルを使って、どこからでもサーバ管理ができます。

2.FUJITSU仮想サーバ

FUJITSUの提供する仮想サーバサービスは、あらかじめ用意しているOSテンプレートによって、仮想サーバを作成するため、運用開始までの期間の短縮ができ、スピーディに利用開始できます。各料金は下記のとおりです。(一部抜粋)

  1. 基本構成・・・CPU:1vCPU メモリ:1GB ディスク:30GB 月額料金15,000円
  2. CPU追加・・・1vCPU 月額料金12,000円
  3. メモリ追加・・・512MB 月額料金2,000円
  4. ディスク追加・・・30GB単位 月額料金2,000円
  5. 共有ディスク領域追加30GB単位 月額料金2,000円

3.TOSHIBA仮想サーバ

TOSHIBAの提供する仮想サーバは、国内最高クラスのデータセンターとなっています。データセンター設計はアメリカの規格Tierの最高ランク4レベルを実現していて、自然災害にも耐えれる強固なデータセンターとなっています。

安全設備と最新セキュリティで、安心のサービスを提供しています。キャパシティプランニングも行われ、仮想サーバの使用状況を査定することができ、投資対効果を測定できます。各料金は下記のとおりです。(一部抜粋)

  1. VXS2・・・CPU:1 メモリ:2GB HDD50GB 月額料金10,000円
  2. VXS4・・・CPU:1 メモリ:4GB HDD50GB 月額料金12,000円
  3. VS4・・・CPU:2 メモリ:4GB HDD50GB 月額料金14,000円
  4. VS8・・・CPU:2 メモリ:8GB HDD50GB 月額料金20,000円
  5. VM8・・・CPU:4 メモリ:8GB HDD50GB 月額料金24,000円
  6. VM16・・・CPU:4 メモリ:16GB HDD50GB 月額料金41,000円
  7. ストレージ増設・・・50GB単位 月額料金3,000円
  8. オフラインバックアップ・・・1日1回 50GB単位 月額料金4,000円
  9. ウイルス監視監視利用サービス(Windows)・・・1仮想サーバあたり月額料金4,500円
  10. ウイルス監視利用サービス(Linux)・・・1仮想サーバあたり月額料金5,500円
  11. 詳細監視利用サービス・・・月額料金17,000円

4.さくらインターネットの仮想サーバ

さくらインターネットが提供している仮想サーバは、OSの再インストールやコンソール画面の操作、サーバの再起動などコントロールパネルを使って、クリック1つで簡単に操作ができます。

ベアメタルとの組み合わせも容易にできるので、複数台構成のローカルネットワークの構築が可能です。専門の技術者が24時間365日サーバ状況を監視していますので、障害などが起きた場合も速やかに復旧対応が可能です。基本サービスプランの料金は下記のとおりです。(一部抜粋)

  1. 512プラン・・・メモリ:512MB、ストレージ:SSD20GB、CPU:仮想1コア、ネームサーバ:5ゾーン、月額料金685円
  2. 1Gプラン・・・メモリ:1GB、ストレージ:SSD30GB or HDD100GB、CPU:仮想2コア、ネームサーバ:5ゾーン、月額料金972円
  3. 2Gプラン・・・メモリ:2GB、ストレージ:SSD50GB or HDD200GB、CPU:仮想3コア、ネームサーバ:5ゾーン、月額料金1,706円
  4. 4Gプラン・・・メモリ:4GB、ストレージ:SSD100GB or HDD400GB、CPU:仮想4コア、ネームサーバ:10ゾーン、月額料金3,888円
  5. 8Gプラン・・・メモリ:8GB、ストレージ:SSD200GB or HDD800GB、CPU:仮想6コア、ネームサーバ:10ゾーン、月額料金7,776円

5.GMO仮想サーバ

GMOが提供する仮想サーバは、高性能でコストパフォーマンスに優れたサービスです。SLAの稼働率保証もあり、耐障害性もあります。24時間365日対応のサポート体制で、管理画面のユーザーインターフェースも優れていて簡単に作業ができます。無料のOSには、CentOS、Ubuntu、Debian、CloudLinux、WindowsServerなどが揃います。

  1. 1GBプラン・・・メモリ:1GB CPU:仮想2コア ディスク:50GB 月額料金780円(12ヶ月)
  2. 2GBプラン・・・メモリ:2GB CPU:仮想3コア ディスク:100GB 月額料金1,280円(12ヶ月)
  3. 4GBプラン・・・メモリ:4GB CPU:仮想4コア ディスク:200GB 月額料金2,380円(12ヶ月)
  4. 6GBプラン・・・メモリ:6GB CPU:仮想5コア ディスク:400GB 月額料金4,580円(12ヶ月)
  5. 8GBプラン・・・メモリ:8GB CPU:仮想6コア ディスク:600GB 月額料金6,580円(12ヶ月)
  6. 12GBプラン・・・メモリ:12GB CPU:仮想7コア ディスク:800GB 月額料金10,480円(12ヶ月)
  7. セキュリティオプション・・・VPS1契約単位 月額料金15,000円
  8. 監視復旧オプション・・・・VPS1契約単位 月額料金15,000円
  9. バックアップオプション・・・・VPS1契約単位 月額料金10,000円

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「仮想サーバの提供サービスと特徴比較」について紹介いたしました。さまざまな業者が仮想サーバを提供しており、料金をはじめ特徴が異なります。初期コスト、運用コスト、導入する仮想サーバが会社に適しているか、の3点が重要になってきますので、興味のある方は、まだ多数の業者がありますので、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です