無料で構築できる仮想OSの種類と特徴

LINEで送る
Pocket

c069a5e427881386b00c6b6f12ff313b_s

仮想OSを無料で構築できるのをご存知でしょうか。仮想OSを構築すれば、本来パソコン上で利用しているWindowsなどのOS以外にも、別のOSを利用することが可能です。

仮想OSを使うことで、まるで2台パソコンを使っているように扱えます。ここでは、「無料で構築できる仮想OSの種類と特徴」について紹介いたします。仮想OSに興味のある方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.仮想OSを導入することで

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-1-59-14

出典:http://www.vmware.com/jp/products/player/playerpro-evaluation.html

仮想マシンとも呼ばれます。仮想OSを使えば、Windows10上でLinuxやWindows7など別のOSを動かすことが可能になります。物理サーバのホストOSとは別に仮想マシン上にゲストOSをインストールすることで、別のOSなどが使用できます。仮想OSを活用することで、OSに不具合が生じたり、画面がフリーズしたり、何らかの異常が発生した場合は、仮想OSを閉じるだけで対処できます。

2.無料で構築できる仮想OSの種類と特徴

ここでは、無料で使える代表的な仮想OSのVMware Workstation12PlayerやVirtualBox、Microsoft Virtual PC、PNaCL QEMUについて紹介いたします。

1.VMware Workstation12Player

VMware Workstation12Playerは、Windows10もサポートしている仮想OSです。Windows10以外にもUbuntuやFedora、CentOS、OracleLinux、RedHatEnterpriseLinuxなどの最新OSもサポートしています。

VMware Workstation12Playerを使うことで、仮想マシン上でアプリケーション作成などもできます。対応OS:Windows7〜10、WindowsServer2008、2012、Linuxなどです。VMware Workstation12Playerをインストールしてセットアップする場合は次の方法で行います。

  1. VMware Workstation12Playerのサイトにアクセスします。
  2. メニューのダウンロードを選択して、表示されるメニューのなかからVMware Workstation12Playerを選びます。
  3. 「VMware Workstation12.1.1Player for Windows64-bit operating systems」のダウンロードボタンをクリックしダウンロードします。
  4. ダウンロードが完了したら、パソコンの上にあるVMware Workstation12Playerのファイルを開きます。
  5. 「VMware playerのセットアップ」という画面が表示されますので、次へをクリックします。
  6. 使用許諾契約が表示されますので、内容を確認し問題なければ「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックを付け次へを選択します。
  7. 「インストール先フォルダ」画面が表示されます、インストール先を選択して次へ進めます。
  8. 「ソフトウェアの更新」画面が表示されますので、「起動時に製品の更新を確認する」にチェックを付けて、次へを選択します。
  9. 「ショートカット」画面が表示されます。「デスクトップ」「スタートメニューのプログラムフォルダ」にチェックが付いていますので、それぞれ問題ないようであれば、そのまま進めます。
  10. 「要求された操作を実行する準備ができました」という画面が表示されますので、「続行」をクリックするとVMware Workstation12Playerのインストールが始まります。
  11. 「セットアップウィザードの完了」という画面が表示されたら完了です。

2.VirtualBox

VirtualBoxを使えば、仮想OS上でUSBが利用できます。VirtualBoxをインストールする際は、ウィザード形式なので、メモリーやHDDイメージが選択できます。また、WindowsやLinuxなどインストールしたいOSも選択することができます。

別のパソコンから、リモートデスクトップ接続機能を使って仮想マシンへ接続することも可能です。対応OS:Windows Vista、Windows7〜10、MacOSX、Linuxなどです。VirtualBoxをインストールする方法は下記のとおりです。

  1. VirtualBoxのサイトにアクセスし、ダウンロードボタンを選択します。
  2. 「VirtualBox〜を開く」という画面が表示されますので、「ファイルを保存」を選択します。
  3. 保存したファイルを開くと、セットアップ画面が表示されますので、「Next」を選択して次へ進めます。
  4. 「Custom Setup」画面が表示されますが、特に何も変更せずにNextで進めます。
  5. 再度「Custom Setup」画面が表示され、3つのチェック項目がありますが、こちらも変更なしの状態でNextで進めます。
  6. 「Warning:network Interfaces」画面が表示されYesで進めます。
  7. 「Ready to install」画面が表示されますので、「Install」を選択すれば、インストールが開始されます。
  8. インストールが終了したら「Finish」を選択するとVirtualBoxが起動します。

3.Microsoft Virtual PC

Microsoft Virtual PCは、WindowsXPモードが使える仮想OSです。Windows上でのみ動かせるソフトウェアになっていて、WindowsXPモードは、Microsoft Virtual PCでしか利用できないようになっています。無料で使え、ホームページからダウンロードすることができます。Microsoft Virtual PCのインストール方法は下記のとおりです。

  1. Microsoft Virtual PCサイトにアクセスし、ダウンロードボタンをクリックします。
  2. 「ダウンロードするプログラムを選んでください」という画面が表示されますので、ファイルを選択して次へ進めます。
  3. 「WindowsUpdateスタンドアロンインストーラー」画面が表示されますので「はい」をクリックします。
  4. 「ライセンス条項をお読みください」画面が表示されますので、内容を確認して問題なければ「同意します」をクリックします。
  5. インストールが始まり、終わったら「今すぐ再起動」をクリックすれば完了です。

4.PNaCL QEMU

PNaCL QEMUは、GoogleChromeブラウザ上でエミュレータを起動し、OSを起動することができます。GoogleChromeのブラウザ上で動作できるのが特徴です。Chromebookでも利用できます。対応OS:Windows、Mac、Linux、ChromeOSなどです。PNaCL QEMUを使う場合は、

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「無料で構築できる仮想OSの種類と特徴」について紹介いたしました。仮想OSを上手く活用すれば、普段のパソコンでの作業が非常に効率的に幅広く行えます。

無料で仮想OSを構築できますので、気になる方は、試しにインストールして使ってみると良いでしょう。仮想OSを利用することで、仕事の効率を大幅に上げれる可能性もありますので、ご自身の使用予定のOSなどと照らし合わせて選んでみましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です