Home / Wi-fi / ガラケーで使える格安SIMの選び方とおすすめSIM

ガラケーで使える格安SIMの選び方とおすすめSIM

Pocket

b6ba9af08ceebca53e6e819d74c403a4_s

毎月の通信費が大幅に下がる可能性があることから注目されている格安SIM。使えるのはスマホだけではありません。ガラケー用の格安SIMもあり、スマホ同様お得に使える可能性があります。ここでは「ガラケーで使える格安SIMの選び方とおすすめSIM」について紹介いたします。普段、ガラケーを使っていて通信費を下げたい方や、これから2台目などにガラケーを検討している方は、参考にしてみてください

スポンサーリンク

1.格安SIMとは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-18-40-11

出典:http://www.bmobile.ne.jp/
SIMカードとは、携帯電話やスマホの電話番号や契約者情報などが記録されているICカードのことです。SIMカードを入れることで、携帯電話やスマホで音声通話やデータ通信ができるようになります。

ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアが提供しているSIMカードに比べ、楽天モバイルやLINEモバイル、DMMモバイル、UQモバイルなどのMVNOと呼ばれる事業者が提供しているSIMカードは利用料金が安いため格安SIMカードと呼ばれています。

2.ガラケーで使える格安SIMの選び方

ここでは、ガラケーで使える格安SIMを選ぶ際のポイントを紹介します。

1.スマホ用の格安SIMは使わない

スマホ用の格安SIMは豊富で、楽天モバイルやLINEモバイル、UQモバイル、DMMモバイル、イオンモバイル、Y!mobile、FREETELなど数多くの格安SIM提供事業者があります。スマホ用の格安SIMは、音声データSIM、データSIM、SMSデータSIMとありますが、ガラケーの格安SIMとして使うのはおすすめできません。

なぜなら、スマホではインターネットを利用したりしますが、ガラケーの場合はドコモなどのキャリアではありませんのでiモードなども使えません。そのためインターネットを利用することがありません。スマホ用の格安SIMを使ってもデータ通信機能は意味のないものになってしまいます。ガラケーの格安SIMで使うのは音声通信のみですので、ガラケー向けのSIMを使うようにしましょう。

2.料金で選ぶ

格安SIMを使う大きなメリットは利用料金の安さです。例えば、大手キャリアのソフトバンクでガラケーを使う場合は、24時間話し放題のスマ放題で通話定額基本料が2,200円、ウェブ使用料300円、データ定額ミニ1GBの場合2,900円で合計5,400円かかります。

auの3Gケータイ・データ付の場合は、誰でも割適用時の基本使用料が2,200円、データ定額サービス3,500円、インターネット接続サービスEZWINコース300円で、合計6,000円かかります。

それぞれ他にも料金プランがありますが、2,000〜3,000円前後かかるものが多いです。日本通信の提供するガラケー格安SIMのb-mobileでは、月額基本料1,290円〜使えます(音声プランSの場合)。ガラケーの格安SIMを使うことで利用料金を下げることが可能です。

3.無料通話で選ぶ

ガラケーを使う場合に最も使用するであろう操作が音声通話ではないでしょうか。ガラケー用の格安SIMを使うと無料通話が含まれています。ガラケーの格安SIMとして有名な日本通信が提供する「b-mobile」では、プランによって無料通話の時間が変わります。特に音声通話をよく使う方は、無料通話がどれくらいあるかで選ぶと良いでしょう。b-mobileのプラン別無料通話は下記のとおりです。

  1. 音声プランS:月額基本料1,290円 無料通話分1,300円
  2. 音声プランM:月額基本料2,290円 無料通話分2,700円
  3. プランL:月額基本料3,710円 無料通話分5,000円

月額基本料、無料通話分の料金はすべて税別です。毎月のおおよその通話時間から自分に適した無料通話時間を選択しましょう。

4.1台で使うのか2台目として使うのかで選ぶ

ガラケー1台で利用するのか、スマホを持ちながら2台目としてガラケーを使うのかで、どんな格安SIMを使うかが変わります。ガラケー1台のみを利用する場合は、たっぷりと音声通話を使う可能性がありますので、長い時間音声通話してもお得なSIMを選ぶことが重要です。

2台目として使う場合は、1台目のスマホでどれだけの通話を行うかにより、適したプランを選びましょう。1台目のスマホでLINE通話などを多く活用する場合は、2台目にするガラケーでは最小限の通話で足りる可能性があります。それぞれの状態に適した格安SIM・プランを用いましょう。

3.おすすめのガラケーで使える格安SIM

b-mobile

b-mobileは、格安SIMの先駆者的存在の日本通信が提供するMVNOです。ガラケー用の格安SIMとして「携帯電話SIM」を販売しています。プランは3つあり、それぞれ含まれる無料通話時間と通話料が異なります。

  1. 音声プランS 月額基本料1,290円 通話料20円/30秒 無料通話分1,300円(最大32.5分)
  2. 音声プランM 月額基本料2,290円 通話料18円/30秒 無料通話分2,700円(最大75分)
  3. プランL 月額基本料3,710円 通話料14円/30秒 無料通話分5,000円(最大178.5分)

ドコモFOMA3Gネットワークを利用します。ユニバーサルサービス料は2円。SMS送信料は下記のとおりです。

  1. 国内から国内3円/1通
  2. 国内から海外50円/1通
  3. 海外から100円/1通
  4. 受信は無料

4.スマホで使えるおすすめ格安SIM

1.楽天モバイル

MVNOのなかでも人気の高い楽天モバイル。幅広い端末が揃い、キャンペーンを多く開催しているので安く揃えることができます。月額基本料が初月無料で使え、月額基本料+端末代+5分かけ放題が1年目1,880円〜使えます。月間で使いきれなかったデータ容量は翌月へ持ち越しができるので、データをしっかりと使い切ることが可能です。

利用料金100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、1ポイント1円として利用料金の支払にも使えます。楽天モバイルユーザーは、楽天市場での買い物がずっとポイント2倍で利用できます。楽天サービスを普段使っている方におすすめの格安SIMです。

2.LINEモバイル

LINEモバイルの特徴は、LINE、Twitter、Facebook、Instagramなど人気SNSが通信量にカウントされることなく使えることです。余ったデータ容量を友達にプレゼントすることもできます。

毎月の利用料金のお知らせもLINEのトークで届きますので、手軽で便利です。また月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月貯まり、貯まったLINEポイントでLINEスタンプなどの購入ができます。普段スマホでLINEやTwitter、Facebook、Instagramなどの使用が中心の方におすすめの格安SIMです。

3.DMMmobile

DMMmobileは、速度制限がかかった場合も、一定量だけ高速通信でネットワークに接続できるバースト機能があるのが特徴です。バースト機能があることで、速度制限がかかっても快適なインターネット利用ができます。

使いきれなかったデータ容量は翌月に持ち越しでき、誰とでもデータ容量を分け合えるシェアコースもあります。家族で分け合って全員の利用料金を削減することが可能です。格安SIMと一緒にDMM光に加入すると、利用料金が毎月500円割引になりさらにお得に使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「ガラケーで使える格安SIMの選び方とおすすめSIM」について紹介いたしました。ガラケーでも格安SIMを使うことで、今よりもお得に使える可能性があります。ほとんどのMVNOがスマホ用の格安SIMを提供しているため、ガラケー用はb-mobileぐらいしかありませんが、お得なプランとなっています。通信費で困っている方は、ぜひ検討してみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です