格安SIMカードでお得にスマートフォンを使う方法とおすすめSIM

LINEで送る
Pocket

7d0c18b37cf902ee97cf728c7dcb0e53_s

格安SIMカードを使うことで、大手キャリアに比べるとかなりお得にスマートフォンを使えるようになります。毎月の利用料金が半額以下になることは珍しくなく、1/5程度まで下がる場合もあります。ここでは、「格安SIMカードでお得にスマートフォンを使う方法とおすすめSIM」について紹介いたします。現在、格安SIMのスマートフォンを利用するか検討している方や、通信費が高くて困っている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.格安SIMカードとは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-16-09-35

出典:https://mobile.line.me/service/
格安SIMカードとは、ドコモ、ソフトバンク、auなど大手キャリアに比べ通信費が安いSIMカードのことです。SIMカードとは、スマートフォンでメールやインターネットなどするために必要なカードのことで、契約者を識別するためのICでもあります。SIMカードは、スマートフォンに必ず入っており、もしSIMカードを抜いてしまうとデータ通信ができなくなってしまいます。

格安SIMカードは、MVNOが提供しているSIMカードのことでもあります。MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者と言い、大手キャリア以外の事業者と考えれば良いです。

具体的には、U-mobile、OCNモバイルONE、楽天モバイル、mineo、DMMモバイル、Y!mobile、イオンモバイル、UQmobile、LINEモバイル、J:COMmobile、FREETEL、GMOとくとくBBSIM、BBIQスマホ、TONEモバイルなどがあり、全部で40社近くあります。これらのMVNOが提供している格安SIMカードを使うことで、スマートフォンを安い料金で使うことが可能です。

2.格安SIMカードでお得にスマートフォンを使う方法

MVNOが提供している格安SIMカードを使うことで、今ままで以上にスマートフォンをお得に使えます。

1.端末ごとMVNOに乗り換える

格安SIMカードを使ってお得にスマートフォンを使う方法の1つに、端末ごとMVNOに乗り換える方法があります。既に使っている端末を新しい端末に変えたい場合や、格安SIMカードに対応していない端末を使っている場合の方法です。端末とセットで格安SIMカードを契約する場合は、さらにお得なキャンペーンやプランなど設けている事業者もあります。

例えば楽天モバイルでは、人気の9端末から選ぶことができ、月額基本料と5分かけ放題の料金がすべて込みで、月額1,880円(2年目月額2,980円)のコミコミプランS〜データ容量4GBで月額3,480円(2年目月額4,480円)のコミコミプランLLまでお得なプランが揃います。多くの事業者では、ハイスペックな端末からお手頃な端末まで揃えており、希望に合わせて選べます。

2.既存端末を使いSIMカードを入れ替える

使っている既存のスマートフォンが希望のMVNOの格安SIMカードに対応しているか確認をして、問題なければSIMカードを入れ替えます。格安SIMカードに対応しているかどうかは、MVNOのホームページ等で動作確認済端末を確認できます。あとは、SIMカードを入れ替えるだけです。店頭でスタッフが入れ替えてくれる場合もあります。

ドコモ、ソフトバンク、auのスマートフォンのSIMロック解除を店頭で行う場合は手続きの手数料として各社3,000円が必要です。自分でSIMロック解除やSIMカードの入れ替えを行う場合は、各MVNOのホームページを見て操作するようにしましょう。SIMカードの入れ替えと初期設定が終われば、格安SIMカードのスマートフォンとして使えます。MVNOに変えることで、キャリアメールが使えなくなり、通信速度が落ちることもありますのでご注意ください。

3.おすすめの格安SIMカード

ここでは、数あるMVNOの中から、おすすめのMVNO・格安SIMカードを紹介します。

1.楽天モバイル

月額基本料が初月無料や、5分以内の国内通話が何度でも無料になる、月額850円の5分かけ放題や、さまざまな端末を揃え割引きキャンペーンも頻繁に開催しており、端末もSIMカードも安く使えるのが特徴です。スマホ端末+データ通信+5分かけ放題が1,880円〜とお得なセットもあります。

楽天市場、楽天トラベルなどを利用しているユーザーは、貯まった楽天スーパーポイントで1ポイント1円で利用料金を支払うことも可能です。さらに楽天モバイルを契約している間は、楽天スーパーポイントが2倍貯まりますし、毎月の利用料金の支払いでも100円につき1ポイント貯まります。

通話SIMは1年契約、データSIMと050データSIMは契約期間がないので、いつでも他に乗り換えることもできです。初期費用も毎月の料金も安く、端末も多い楽天モバイルは多くの人におすすめです。特に楽天の他のサービスを利用している方は、ポイントが貯まりやすくなるので、とてもお得に使えます。

2.LINEモバイル

人気メッセージアプリLINEでお馴染みのLINEモバイル。カウントフリーの対象サービスがあり、それらはどれだけ使っても通信量のカウントがされません。言わば使い放題ということです。月額500円〜のLINEフリープランではLINEがカウントフリー対象になり、どれだけLINEを使っても通信量に影響ありません。

月額1,110円〜コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリー対象になり、4つのアプリをどれだけ使っても通信量はかかりません。コミュニケーションアプリとして人気の4つなので、ユーザーにとってはとてもお得なプランです。さらに、データ通信量の残った分を友達へプレゼントしたり、毎月の料金確定の通知もLINEで届きます。

毎月の利用料金の1%分のLINEポイントが貯まり、貯まったLINEポイントはLINEスタンプなど、コンテンツを購入する際に使えます。スマートフォンで使うのが、LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどがメインの方は、かなりお得に使えるのでおすすめです。

3.DMMmobile

他にはないDMMmobileならではのサービスの1つが、バースト機能です。通常、データ通信を使いすぎて速度制限がかかった場合や、設定で高速通信をOFFにしている場合は、かなり遅い通信速度でインターネットを使わなければいけません。しかし、バースト機能があることで、速度制限などがかかっている時も、始めの一定量だけ高速通信で接続してくれます。

そのため、速度制限などがかかって、通信速度が遅い場合でも今までのようなストレスは感じません。前月に余ったデータ通信量は翌月に持ち越されますので、使い切っていなくても安心です。DMMmobileとDMM光をセットで利用すると、毎月500円割引もされ、よりお得に利用できます。最大3枚のSIMで高速データ通信量を分け合えるシェアコースなどもあるため、家族で一緒に利用することも可能です。

4.UQmobile

auの通信回線を利用するUQCommunicationsのUQmobile。通信速度が速いことで人気があります。端末も多く揃え、iPhone5sも販売しています。auのプラチナバンドの利用もできるため、快適なインターネットなどの利用が可能です。ぴったりプランやたっぷりプランなど、無料通話やデータ通信量が2年間最大2倍になるキャンペーンなど、お得なキャンペーンを定期的に行っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「格安SIMカードでお得にスマートフォンを使う方法とおすすめSIM」について紹介いたしました。格安SIMカードを使うことで、利用料金を大幅に下げれる可能性があります。興味がある方は、多くのMVNOがありますので、気になる事業者をぜひ自身でも調べてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です