Home / デザイン家電 / 安価なのにハイスペック!家電を安く抑えるコツ4つとおすすめ家電3選

安価なのにハイスペック!家電を安く抑えるコツ4つとおすすめ家電3選

Pocket

家電製品はどうしても値が張りますよね。でも長く使うものだから新品がほしい!でもお金がない。。

そこで、「これから1人暮らしを始めるので家電を安く揃えたい」「掃除機や洗濯機を新しいのに換えたいけどもっと安くならないかな」など、家電製品を安く購入したい方は必見です!

家電製品は、購入方法や時期を少し工夫すれば、通常よりも安く購入できる可能性があります。家電製品の価格は高めですので、少しでも安く購入して節約しましょう。

ここでは、家電を安く抑えるコツやおすすめ家電製品について紹介しています。近々、家電製品の購入や買い替えを検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

家電を安価に抑えたいときのポイント4選

家電を安価に抑えたいときは、次の4つのポイントを参考にしてみてください。事前に他店舗の価格を調査することや、購入時期、下取り、中古など、いくつかの方法があります。

人それぞれ適した方法は異なりますので、自分に最も合った方法で安く家電を買うようにしましょう。

1.競合店舗などの価格を調べて価格交渉する

家電を安く購入するために、事前に競合店舗やサイトで価格を調べるようにしましょう。メジャーな家電量販店は、「他店舗より1円でも高ければ値下げします」というところが多いですので、できる限り多くのお店の情報を得たうえでお店へ行くようにしましょう。

具体的に他店舗の価格を伝えて価格交渉することで、安く購入が可能です。また、土日祝日や雨の日に購入しに行くのもおすすめです。

なぜなら、家電量販店は日々売上ノルマがあり、土日祝日はノルマが高く、雨の日は客足が鈍るため価格交渉に応じてくれる可能性が高まるためです。他店の価格を調べたうえで、土日祝日や雨の日にお店に行き、価格交渉をしてみましょう。

2.決算時期に買う

家電に限らず、車や不動産、日用品、ファッション、、、など、買い物をする際は決算時期を狙うのがおすすめです。多くの会社・お店が決算へ向けて最後の追い込みをするタイミングですので、いつもより安く購入することができます。

中間決算の9月、決算月の3月と、多ければ年2回の決算セールがありますので、購入を急いでない場合は決算時期を狙いましょう。

3.下取りに出して買う

お店やサイトによっては、期間限定などで家電の下取りをおこなっている場合があります。現在使っている家電を下取りに出すことで、新しい製品を買う際に値下げしてくれます。

古い家電の場合は大きな下取り額は見込めませんが、少しでも安く新しい家電を購入できるためお得です。購入を検討しているお店やサイトがあれば、下取りを実施していないか確認してみましょう。

4.中古商品を買う

中古商品を購入するのも、家電を安く買うための有効な方法の1つです。リサイクルショップだけでなく、フリマサイトやECサイトでも中古の家電製品を購入することができます。汚れや傷、使用感はありますが、その分安く購入することが可能です。

特に、使用感などが気にならない方であれば、中古の購入を検討してみるといいでしょう。

次ページ:家電を安く購入できるおすすめのお店・サイト

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です