Home / Apple / iPhone / 知っておきたい!iTunesカードの使い方と5つの使い道

知っておきたい!iTunesカードの使い方と5つの使い道

Pocket

コンビニなどでよく見かけるiTunesカードを購入したことはありますか?Appleのマークが描かれているので、iPhoneに関連するカードだろうと検討がつくと思いますが、どのようにどんな用途で使うのか分からないという方もいらっしゃると思います。

そこで本記事ではiTunesカードの使い方と5つの使い道について解説します。記事を読んだら早速iTunesカードを買いに行きたくなるはずです。

スポンサーリンク

iTunesカードについて

iTunesカードとは

みなさんも耳にしたことがあるitunesカードですが、実はどう使うものなのか?存在自体よく分からないという方も多くいらっしゃると思います。iPhoneを使っていない方は特に分からないのではないでしょうか?

itunesカードとはプリペイドカード(前払い方式)の一種です。このカードには裏面にコードが記載されています。このコードをiTunes StoreやApp Storeなどに入力すると、ゲームやコンテンツが購入することができるようになります。

携帯電話会社の利用料金と合わせて払うキャリア決済、クレジットカードによる決済でも購入できるのに、どうしてiTunesカードを購入するの?と思う方もいらっしゃると思いますが、使える金額が決まっている分、使いすぎることがないので安心して使えるということに加え、様々なメリットと考えられます。

また最近では結婚式や忘年会などでiTunesカードが景品になったりしています。そんなiTunesカードの購入方法と種類を確認してみましょう。

iTunesカード(コード)の購入方法と種類

iTunesカードには1,500円、3,000円、5,000円、そして10,000円の4種類、そしてパリアブルiTunesカードと呼ばれるカードがあります。このカードはアップルストアやAmazonなどでも購入できますし、家電量販店や携帯ショップでも取り扱っています。

近年では大手スーパーやコンビニでも購入できるようになっているので、見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?そんなiTunesカードのコードはレジを通して決済しないと使えない仕組みになっています。

ドコモやau、ソフトバンクのオンラインショップではiTunesコードと呼ばれるものが販売されています。このiTunesコードはiTunesカードの裏に記載されているコードと同じものなので、使い方は同じです。

家からでも購入でき、困った時はすぐにコンビニに足を運べば手に入るitunesカード。とても便利なので頻繁に購入して使っている方が多くいらっしゃいます。

バリアブルiTunesカード(コード)とは

上記で触れたバリアブルiTunesカードとはいったいどんなカードなのでしょうか?このカードは自分で購入金額を決めることができるというものです。従来のiTunesカードでは1.500円、3,000円など決まった金額でしか購入できませんでした。しかしこのバリアブルiTunesカードでは2,000円でも4,000円でも好きな金額で購入することができるのです。

また上限金額が50,000円になっているので、頻繁に購入する方は上限いっぱいまで入金することができます。さらに1円単位で指定できるので、1,550円といった中途半端なコンテンツの購入にもぴったり払うことができるのです。店員にチャージしたい金額を伝えることで簡単に購入できます。

iTunesカードをよく購入するという方も、意外とバリアブルiTunesカードを知らない方がいらっしゃいます。是非賢くiTunesカードを使いたい方はバリアブルiTunesカードを購入してみてはいかがでしょうか?

iTunesカードの使い方

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneで楽天Edyを利用する方法とApplePayとの違い

日本国内ではガラケーの頃からい …

Facebookでのご購読が便利です