Home / ネットワーク・IT / IT大手のエンジニア年収がぐんぐん上がってる!世界と日本のエンジニア年収事情

IT大手のエンジニア年収がぐんぐん上がってる!世界と日本のエンジニア年収事情

Pocket


ITエンジニアは他の業種と比較すると比較的年収が高いとされています。小学校でもプログラミングが必修化されたり、小学生達の保護者を対象とした「子供に期待する職業アンケート」では「専門職」が上位に来ることが多くなるほど注目が集まっている職業でもあります。

日本国内でも優遇されている方ですが、世界のエンジニア事情にも注目してみると、年収を始めとした色々な違いがあることが分かりました。

本記事では 世界と日本のエンジニア年収事情 について解説いたします。様々な物のIT化が進む中でエンジニアという職業の需要が高まっていくことが想定されます。エンジニアが日本や世界でどのような立ち位置なのか確認してみましょう。

スポンサーリンク

エンジニアの年収

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査を参考にすると日本人の平均年収は 全体職種約450万円 エンジニア約550万円 であることが判明しました。

年収100万円、月収にすると8万円程の違いです。ものすごい差であることが分かりますね。

エンジニアの年収が高い理由

エンジニアの年収が他の業種より高めであることが分かりました。年収にここまで差が生じるのには明確な理由があると考えられます。

IT業界の人材不足

社会的にIT化が進んでおり、今やITが絡まない業種はないと言っても良いほどです。世界的にエンジニアの需要が高まっている一方で、IT人材が足りていないというのが現実のようです。

数少ないエンジニアを確保するためには高い給料を払うことになるわけですね。元々高めである給料に、個人個人のスキルによってプラスαされるということですから結構が額になるのも頷けます。

専門スキルを要する

エンジニアは専門職です。クライアントから要求を聞いて仕様を決定、大まかな設定やシステム開発における工程を決めるといった役割を果たします。プロジェクト全体の流れを決める非常に重要な立ち位置となります。

全体の動きを見る力や各分野で使うスキルも多少は習得している必要があります。一朝一夕で養えるスキルではないため、新しく参入するには非常に高い壁があるとされています。そのため、年収も自然と高くなるわけですね。

残業によって労働時間が長い傾向にある

エンジニアはクライアントから発注を受けてシステム開発することが主な業務となります。そのため、常に納期と向き合っている職業でもあります。

納期を破らないために残業をすることで、残業代の分が年収に加算されるという仕組みです。

エンジニアに求められるスキル


エンジニアには色々な知識やスキルを求められますが、基本的なものは下記の3つだと思われます。

論理的思考能力

論理的思考能力とは物事を整理して順序立てて考えたり、それを説明する力のことを指します。

システムエンジニアはクライアントと直接対面することも多いため、クライアントが抱えている問題に対して解決案や改善案を出すために必要不可欠なスキルです。

コミュニケーション能力

言葉の通り、他者とのコミュニケーションを図る能力のことです。

システムエンジニアはプロジェクトの中核を担うため、プロジェクトメンバーのほとんどと接することになります。システム開発の流れを各分野のメンバーに説明したり、意思疎通をとることが必要です。

またクライアントとのやり取りにおいてもコミュニケーション能力は大切です。エンジニアは一人でパソコンで作業する時間が多いイメージもありますが、実際には多くの人達とコミュニケーションをしながら仕事を進めている職業なんです。

システムに関する幅広い知識

システムエンジニアはクライアントの意向を理解してプロジェクトメンバーに指示を出すこととなります。

各分野のスキルをある程度は持っておかないと指示を出すこともできませんよね。ハードウェアやソフトウェアの使い方、プログラミングに対する知識など。幅広い知識を持っておく必要があります。

外資系企業はさらに年収が高い傾向にある?

平均年収が高めのエンジニアですが、外資系企業に勤めるエンジニアはさらに年収が高いという話もよく耳にします。

海外に拠点がある外資系IT企業が日本でビジネスを展開するために 少しでも優秀な人材を確保しようと高い年収を提示する 傾向があるようです。

また日本と海外の決定的な違いとして 「実力主義」 という点があると思います。結果を出すことを第一としており、より自分に見合った報酬を得られる仕組みとなっているようです。

世界のエンジニアの年収事情


日本のエンジニアは他業種より多めの年収をもらっていることが分かりましたが、世界のエンジニア事情はどうなっているのでしょうか?

アメリカや世界各国のエンジニアの年収事情を見ていきたいと思います。

アメリカのエンジニアの年収

日本では年収が高めであり有望な職業とされていますが、アメリカではさらに優遇されている傾向があるようです。

平均年収1,000万円超え

経済産業省の調査結果ではアメリカの20代平均年収が 1,000万円 を超えているという事実が発覚しています。

日本の同年代の平均年収と比較すると2倍以上の差があり、日本と海外のエンジニアの地位の差が歴然であることが分かります。

実力主義が垣間見える

また年収の値以外にも年代別の推移にも注目が集まります。

日本では20代から50代にかけて右肩上がりに年収があがっていくのに対して、アメリカは30代をピークに後は下がっていく傾向になります。

これは日本が「年功序列」を重くみるのに対して、アメリカはこなした仕事に対して報酬を支払う「実力主義」であることが大きく影響していると考えられます。 自分のスキルや頑張った分だけ見返りがあるということですね。

各国のエンジニアの年収

アメリカ以外の国と日本を比較すると同等程度の平均年収の国が多く見受けられます。この事から日本との比較に限らず、アメリカのエンジニアは世界的にも優遇されていることが分かります。

アメリカのエンジニアの地位が高い理由

何故アメリカのエンジニアは社会的地位が高いのか。

一つは大学や大学院でコンピューターサイエンスを専攻する必要があり、エンジニアになれる人は限られているという点です。人材不足も影響して社会的地位の向上や年収アップにつながっているようです。

二つ目は投資の規模です。日本は8,300万円という上限が設けられていますが、アメリカは10億3,600万円と規模がまったく違うことが分かります。このようにハイリスク・ハイリターンの精神が強く、一人一人のエンジニアに対しても給与という形で現れていると考えられます。

まとめ

世界と日本のエンジニアでは年収も社会的地位にも大きな違いがあることが分かりました。背景には国の文化の違いもあるようですが、それだけではないように感じます。

ただ、日本のエンジニア年収も年々増加していく傾向にあります。アメリカのエンジニアと比較してしまうと格差を感じてしまうかもしれませんが、こういった課題にも少しつづ取り組んでいけば自ずと改善されていくのではないでしょうか。

現に男子中学生のなりたい職業ランキングでは「ITエンジニア・プログラマー」が第1位になるなど、日本人のITへの認識が高まってきていることが分かります。

ITエンジニアは世界的に、また日本でも地位が向上していくことが考えられます。今後ますます注目されるITエンジニアから目が離せません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ブロックチェーンって何?基本と応用分野

仮想通貨に関するニュースが報じ …

Facebookでのご購読が便利です