Home / iPhone / 初心者必見!iOSアプリ開発で知っておくべきポイントと費用

初心者必見!iOSアプリ開発で知っておくべきポイントと費用

Pocket

iosのアプリ開発って、一握りの優秀な人しか無理だと思っていませんか?実はコツとポイントさえつかめば、誰でも開発が可能なのです。

ここではiOSのアプリ開発に必要なものや、ポイント、それに作成までの期間や費用についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

iOSアプリ開発に必要な物

iphone_earphone

①Mac

Apple社の作ったiOSのアプリなので、PCよりもMacとの相性がいいです。Apple社の作ったiOSのアプリなので、当然iOS向けのコードを書くにはPCよりMacがおすすめです。

②Xcode

Xcodeはソフトウェアを開発するためのAppleの統合開発環境 (IDE)です。MacOSXに付属する形で配布されていましたが、いまやApp Storeでの手に入ります。

iOS用のアプリケーションを開発する時や、ソースコードで配布されている、UNIX用のソフトウェアをインストールする時に必要です。

③iOSシミュレータ

Mac上で、iPhoneやiPadの環境を創り出す、シュミレーターソフトです。開発者ツールであるXcodeに付属しています。Xcodeと同じく、App Storeで手に入ります。

④Swift

SwiftとはSwiftプログラミング言語のことです。この言語を用いて、iOS、Mac、Apple TV、そしてApple Watch向けのアプリケーションを開発をします。同じくXcodeに付属しています。

どうしてもWindowsでも開発したいという方は

iOS向けアプリを開発するのでMacが必要ですが、慣れているWindowsでやりたいという方も多いでしょう。でもそれも現在では不可能ではありません。それには次のような準備が必要です。

Xamarinを使う

Xamarin(ザマリン)とは、 C# 言語だけで iOS および、Android 対応アプリを開発できるツールのことです。

Xamarin(ザマリン)は、Xamarin は 2016年2月に、Microsoft に買収された結果、 Visual Studio に無償で同梱されています。プログラマーにとって使い慣れた C# 言語だけで開発できるので、開発生産性が向上したと言われています。

公式サイトはこちら

iOSアプリ開発をする際に知るべき5つのポイント

1 2

スポンサーリンク

Check Also

無料で好きな音楽に!iPhone着信音の設定方法解説

「いつも同じ着信音だからつまら …

Facebookでのご購読が便利です