Home / Apple / iPhone / iPhoneXSの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

iPhoneXSの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

Pocket

2018年9月21日に発売された最新機種「iPhoneXS」。同時期にiPhoneの新機種が3モデル発表された事でも大きく話題になりました。iPhoneユーザーやファンの方にとって待望の発表だったのではないでしょうか。

「iPhoneXS」は「iPhoneX」の後継モデルとして開発され、順当にスペックアップされたという印象です。最大容量の大幅アップやカメラの新機能「SmartHDR」など様々な特徴が見られます。

本記事では iPhoneXSの特徴 について解説していきます。同時期に3モデル発表されたこともあり、新機種選びに悩んでいる方も多いかと思います。モデル選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPhoneXSの特徴

さっそく「iPhoneXS」の基本スペックや特徴を見ていきたいと思います。

iPhoneXS
価格 64GB 11万2800円
256GB 12万9800円
512GB 15万2800円
発売日 2018年9月21日
カラー ゴールド
スペースグレイ
シルバー
サイズ(幅・高さ・厚さ) 70.9
143.6
7.7
ディスプレイ 5.8インチ OLED
TrueTone対応
HDR対応
解像度 2,436 x 1,125, 458ppi
CPU A12 Bionic
メモリ 4GB
メインカメラ 1200万画素
デュアルカメラ
SmartHDR
インカメラ 700万画素
ストレージ容量 64GB
256GB
512GB
重さ 177g

iPhoneXSのサイズ

「iPhoneXS」のサイズは同時に発表された3モデルの中で最も小さい物になっています。サイズが大きすぎると操作性が著しく悪くなる可能性もありますので、従来の機種とほとんど変わっていないのはありがたい点ですね。

画面(インチ) 幅(mm) 高さ(mm) 厚さ(mm) 重量(g)
iPhoneXS 5.8 70.9 143.6 7.7 177
iPhoneXS Max 6.5 77.4 157.5 7.7 208
iPhoneXR 6.1 75.7 150.9 8.3 194
iPhoneX 5.8 70.9 143.6 7.7 174
iPhone8 4.7 67.3 138.4 7.3 148
iPhone8 plus 5.5 78.1 158.4 7.5 202
iPhone7 4.7 67.1 138.3 7.1 138
iPhone7 plus 5.5 77.9 158.2 7.3 188
iPhoneSE 4.0 58.6 123.8 7.6 113

「iPhoneXS」は多くの機種とはほとんど変わりないサイズですが これまで「iPhoneSE」を使っていた方は注意が必要です。大幅にサイズが増大しているため、慣れるまでの間は操作し辛いことも考えられます。

iPhoneXSの容量と料金

前機種「iPhoneX」ではストレージ容量は最大256GBでしたが、「iPhoneXS」では 最大512GB まで大幅アップしています。これまでは64GB・256GBが基本でしたが、今回のストレージ容量の大型化はユーザーから需要を考えた結果だと思われます。

これまで256GBでも容量不足を感じていた方であれば、待望の容量アップですよね。しかし全ての人にとって512GBがおすすめかと言われればそうでもないように感じます。実際に512GBも使うことがあるのか、冷静に考えてみると悩んでしまいますよね。

沢山のアプリを入れなかったり、写真や動画はほとんど保存しないという使い方であれば512GBはおろか256GBも必要ないかもしれません。そういった方は64GBでも不便なく使えるかと思います。

どれくらいストレージ容量を使うか分からないからとりあえず容量が大きいものを購入しておきたいという気持ちもありますが、容量の違いによって価格も大きく変わってきます。必要となる容量をしっかり見極めて自分に合った物を慎重に選んでいきたいですね。

iPhoneXSのカメラ


カメラ性能として大きく変わった点は SmartHDR の実装です。

本来、カメラは明暗差をうまく写すことが苦手です。明るい場所にピントを合わせるため暗い場所が真っ暗になってしまうなど。このような苦手を克服するためにこれまで「HDR撮影」が利用されてきました。

SmartHDR はその「HDR撮影」をパワーアップさせたイメージでいいかと思います。ほぼ同時に2枚の写真を撮影、それぞれ綺麗にとれた良いところだけを切り取り合成。こういった作業を自動でやってくれる機能となっています。

iPhoneXSのCPU

Appleが新しく開発した「A12 Bionic」と呼ばれるCPU。これを搭載することにより「iPhoneXS」は飛躍的に性能を上げることに成功しました。従来の「A11 Bionic」と比較して 15%の性能向上 を果たしたと発表されています。

「A12 Bionic」は 2つの性能コア4つの効率コア の合わせて6つのコアが搭載。このコアの間で作業を自動で分担。必要な分だけ稼働し効率化を図っています。常に全てのコアが稼働してバッテリー消費が激しいといった事もありません。

これらのコアの搭載により、これまでのiPhoneより格段に使いやすくなったことが伺えます。iPhoneを操作するときの処理全てを高速化し、それによりビデオの高画質化、写真の高画質化を実現させています。

iPhoneXSは買うべき?

ここまで「iPhoneXS」の性能について見てきました。従来の機種より各種大幅に性能が上がっていることが分かりましたが、結局買い換えた場合に得られるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

頻繁に写真やビデオの撮影をする方にとっては十分なメリットがあると言えます。カメラの新機能 SmartHDR「少しでも綺麗に写真を撮りたい、美しい画質で動画に残しておきたい」 という要望に応えてくれるでしょう。

また、長い間iPhoneの買い替えを行っていない方にとっても「iPhoneXS」への買い替えは大きくメリットがあると思います。性能面や大きなディスプレイなど大きく向上しているため、そろそろ新しい機種にと考えている方は検討してみるのも良いかと思われます。

しかし、現在「iPhoneX」を利用されている方にとっては買い換えるほどの大きなメリットはないかもしれません。機能や性能が大幅にアップしていると言ってもこれまで出来ていたことが少し快適になるというレベルです。常に最新機種を持っておきたいというユーザー以外は次の機種を待つのも手だと思います。

まとめ

「iPhoneXS」の基本スペックや特徴について見てきました。iPhoneユーザーとしてはやはり最新機種の情報は気になりますよね。常に最新機種を追い続けるのは大変ですが、iPhoneの買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

本記事がモデル選びの参考になれば幸いです。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

HotmailをiPhone/Androidで使用するためのセットアップ方法

スマートフォンで使えるメールサ …

Facebookでのご購読が便利です