Home / Apple / iPhone / あなたにあうiPhoneを選ぼう!iPhoneXシリーズの比較まとめ

あなたにあうiPhoneを選ぼう!iPhoneXシリーズの比較まとめ

Pocket

アップルが販売する人気スマートフォンと言えば「iPhone」。その中でも2017年から展開されている「iPhone X」シリーズは、10周年モデルとしてあらゆる革新的な機能を提供しています。2018年には「iPhone X」シリーズに3種のモデルが加わり、現在は4機種が存在しているため、気になっているという方もたくさんいるでしょう。

とはいえ、「iPhone X」シリーズはモデルによって非常に高額なので、果たして購入していいものなのか迷っているという方もたくさんいるかと思います。実際、「iPhone」シリーズから機種変更するか、それ以外から変えたいと思う場合には、違いを見極め優れた点を把握するのが大切です。

そこで今回は、「iPhone X」シリーズのスペックを比較し、4機種の違いを解説します。シリーズそれぞれの基本から、保存容量、カメラ機能、音質、防水防塵などあらゆる面を比較するので、自分好みのモデルを見つけてください。

スポンサーリンク

iPhoneXの種類

「iPhone X」シリーズは、2017年11月3日に初代が登場し、派生モデルとして「iPhone XS/XS Max」が2018年9月21日、「iPhone XR」が2018年10月26日に発売されました。初代の発売から約1年を経て販売された「iPhone X」シリーズ4機種について、まずはそれぞれの特徴を紹介します。

iPhoneX

国内版SIMフリー iPhone X 64GB [スペースグレイ] MQAX2J/A 白ロム Apple 5.8インチ有機EL

中古価格
¥89,618から
(2019/1/10 19:21時点)

シリーズ初代となるモデルが「iPhone X」。ホームボタンの廃止によって極限まで画面領域を増やしたことや、初めての有機EL搭載、「Face ID」で顔認証を実現し、パスワード入力の煩わしさをなくしたこと、ワイヤレス充電ができるようになるなど、これまでのモデルとは明らかに異なる革新的な機能を得ています。

これらの機能は「iPhone X」シリーズの後継に標準で搭載されているため、共通項として覚えておいてください。

iPhoneXR

【Spigen】 スマホケース iPhone XR ケース 6.1インチ 対応 クリア 衝撃吸収 米軍MIL規格取得 ウルトラ・ハイブリッド 064CS24873 (クリスタル・クリア)

新品価格
¥1,790から
(2019/1/10 19:22時点)

「iPhone XR」は他の機種よりも性能が劣るものの、そのぶん価格を抑えた廉価版モデルといった位置づけです。具体的には、ディスプレイの解像度やカメラ性能、「3D Touch」機能がついていない点が他の機種に負けています。とはいえカラーバリエーションが6色あり、価格も抑えているため費用を抑えたい方にはおすすめです。

iPhoneXS

【Spigen】 スマホケース iPhone XS ケース/iPhone X ケース 5.8インチ 対応 全面クリア 耐衝撃 米軍MIL規格取得 ウルトラ・ハイブリッド 057CS22127 (クリスタル・クリア)

新品価格
¥1,683から
(2019/1/10 19:23時点)

「iPhone XS」は、初代よりも性能をにアップしたフラッグシップモデルです。見た目は「iPhone X」と変わらないものの、処理能力の強化やギガビットLTEへの対応、防水・防塵機能をアップしています。

「iPhone X」シリーズの中でも最も高いスペックが欲しいという方におすすめです。

iPhoneXS Max

【2枚セット】Nimaso iPhoneXS Max 用 全面保護フィルム液晶強化ガラス 【ガイド枠付き】【日本製素材旭硝子製】(アイフォン xs max用)

新品価格
¥1,299から
(2019/1/10 19:24時点)

「iPhone XS」の機能はそのままに、シリーズの中で最もディスプレイを大きくしたのが「XS Max」です。アプリゲームを多用する方や動画を頻繁に見る人、仕事をするという方に向いています。とはいえシリーズの中で一番優れているというわけではなく、画面が大きいぶん重さもトップ、手の大きさによって合う合わないもあるので、考えて選ぶ必要があります。

スペックから選ぶ機種

「iPhone X」シリーズについて、それぞれの具体的なスペックを比較解説します。

保存容量

「iPhone X」シリーズの保存容量は、64GB/128GB/256GB/512GBの4つが存在します。全てのモデルに64GBと256GBが実装されていて、128GBは「iPhone XR」限定、512GBは「iPhone XS/XS Max」の2機種です。

「iPhone X」にスマホアプリや音楽、動画を惜しみなく入れておきたいという方なら512GBのある「iPhone XS/XS Max」がおすすめで、そうでなければどの機種でも問題ありません。

最近は動画と音楽をクラウド管理できるため保存容量がいらないようにも思えますが、ネット通信が膨大になるのが難点。一方クラウドからスマホ本体に一定期間ダウンロード保存できるサービスもあるので、自宅でダウンロードしてネット通信を抑えたいという方には容量多めを推奨します。

カメラ機能

「iPhone X」シリーズのカメラ性能は、初代と比べると後継3機種が明らかに優れています。後継には「X」にはないスマートHDRやボカシの質アップ、撮影後の深度コントロールといった機能が追加され、よりインスタ映えする写真が撮れます。

またビデオに関しては、明るい場所や暗い場所での撮影の画質アップ、光学ズームなどが良くなりました。

比較すると、カメラ機能にこだわりのある方は、「iPhone X」以外の後継を購入するのがおすすめです。

高音質なステレオ再生

音の空間や広がりを表現するステレオ再生。Dolby Visionに対応した「iPhone XS」にはこれまで以上にワイドレンジかつ高音質な音源再生機能が備わっているため、満足感を高めた音楽と動画を楽しめます。

防水防塵

「iPhone X」シリーズの防塵機能は、4機種全てが「内部に粉塵が侵入しない」最高レベルです。一方防水機能は、「iPhoneX/XR」が水深1メートルで30分防水、「iPhoneXS/XS Max」は水深2メートルで30分防水できます。

以上から、防水機能にこだわりたいなら「iPhoneXS/XS Max」を選ぶのが無難です。

iPhoneXシリーズに機種変する必要性

「iPhone X」シリーズの4機種について紹介していますが、そもそも機種変更する必要性はあるのでしょうか。その点について、いくつかの視点から必要性について考えてみました。

iPhoneXシリーズに切り替える必要はあるのか

そもそも「iPhone X」シリーズに切り替える必要はあるのかですが、高スペックや新商品に憧れるという方なら「はい」と言えます。ただ、「iPhone X」に切り替える場合、これまでとは違った部分もあるので注意が必要です。

例えばホームボタンの廃止は、これまでの操作性から明らかに異なる使い方になるため、最初は慣れません。また、画面が割れた場合の保証サービスが割高になっているのと、保証なしの場合の料金が非常に高額です。

他にも、イヤホンジャックが廃止されたためBluetoothを使った無線イヤホンが必要になる(別売りのパーツで有線も使えます)ほか、「iPhone X」シリーズはこれまでのケースとサイズが合わず共有できないのも問題です。

このように、「iPhone X」は全てが良いというわけではなく、満足に使いたい場合は別料金の負担が大きくなるので、金銭面を考慮してください。

【iPhone7以降のものを所持している人】

【国内版SIMフリー】Apple iPhone8 64GB Space Gray 64GB MQ782J/A

新品価格
¥68,800から
(2019/1/10 19:25時点)

「iPhone 7」以降、つまり「iPhone 8/8 Plus」を所持している人については、そこまで慌てて「iPhone X」に機種変する必要はありません。というのも、防水防塵やカメラ、処理性能の差があまりないからです。

また、「iPhone 8」は前モデルのため安く購入できるのも魅力で、高額化している「iPhone」シリーズを一段下げて使うのも賢い選択肢です。

ただ、「iPhone XS/XS Max/XR」に変えたいという場合は、処理能力や防水防塵機能がグレードアップしているため変更してもいいと思います。「iPhone XR」は廉価版なので、スペック比較はお忘れなく。

【iPhone7以前のものを所持している人】

Apple docomo iPhone7 32GB A1779 (MQTY2J/A) ジェットブラック

新品価格
¥51,800から
(2019/1/10 19:25時点)

「iPhone7」以前のものを所持している方は、大抵のスペックがグレードアップするので、金銭的に問題がなければ今すぐにでも変更して問題ありません。

まとめ

「iPhone X」シリーズの4機種を比較してみると、それぞれにはスペックに多少の差があり、ニーズに合わせた選び方ができることがわかりました。

ゲームプレイや動画視聴を中心とするなら「iPhone XS Max」、余裕をもって片手操作しつつスペックを最高なものにしたいなら「iPhone XS」、費用を抑えたい&カラーで選ぶなら「iPhone XR/X」など、自分の好みに合わせて選んでみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

smartphone

キャリアから格安simカードへ!iPhoneでの乗り換えの流れ

iPhoneユーザーの多くはd …

Facebookでのご購読が便利です