「iPhoneを探す」機能の使い方と失くしたiPhoneの探し方

LINEで送る
Pocket

90044e1efb77693418bcca20a8ecd6e9_s

今回、「iPhoneを探す」機能の使い方と失くしたiPhoneの探し方について紹介いたします。iPhoneさえあればパソコン同様のことが何でもでき、非常に便利です。写真や動画などもたくさん保存することができます。そのiPhoneを紛失してしまうと、大変に困ってしまいます。

新たにiPhoneを購入するにしても高額ですし、バックアップを取っていなかったらデータもすべて無くなってしまいます。今回は、万が一iPhoneを紛失した際に、効率的にiPhoneを探し出すことができる「iPhoneを探す」機能の設定方法や使い方について紹介しています。特に飲みに行く機会が多い人や、実際にiPhoneを失くしたことがある人は、ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」機能の使い方と失くしたiPhoneの探し方

「iPhoneを探す」とは

iPhoneには紛失した時にすぐにiPhoneを探し出せるように「iPhoneを探す」という機能が最初から付いています。iPhoneを購入して何も設定を変更していない場合は、この機能はオン設定になっています。「iPhoneを探す」はGPSを利用してiPhoneから出される電波通信を元に位置情報を判明させる機能です。iPhoneが遠くにあったとしても地図上に場所を表示することができます。

「iPhoneを探す」の設定方法

iPhoneを探すを使うにはオン設定にしなければいけません。iPhoneを探すをオンにするには、設定アイコンを開き、iCloudを選択します。iCloudの一覧画面で「iPhoneを探す」をタップし、次の画面でiPhoneを探すをオンにします。これでiPhoneを探す機能が使えるようになります。購入時はオン設定になっていますが、何らかの事情でオフ設定にしている場合は、設定変更をしてください。

「iPhoneを探す」の使い方と探し方

iPhoneを探す機能をを使ってiPhoneを探すためには、「iPhoneを探す」アプリをインストールする必要があります。アプリをiPhoneにインストールしたら、AppleIDでアプリにサインインするだけで、地図上にiPhoneのある場所が表示されるようになります。同じAppleIDで登録しているiPhoneやiPadなどのデバイスがすべて地図上に表示されます。地図上にはオンラインの端末が表示され、オフラインの端末に関してはグレーのマークが付いており場所も限定することができません。

オンライン端末にはグリーンのマーク、手元で使っている端末にはブルーのマークが付きます。探したい端末がある場合は、その端末を選択します。すると、その端末がある場所が地図上で表示されます。画面上部にはその端末から最後に位置情報を確認することができた時間が表示されます。画面下にある「アクション」という文字を選択すると、「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」のアイコンが表示されます。

「サウンドを再生」を選択すると、探している端末からサウンドを鳴らすことができます。仮にその端末がマナーモードになっていたとしても最大のボリュームで2分間程サウンドが鳴り続けるようになっています。明らかに遠くにある場合にしてはいけませんが、近くにあるなかで見つけきれない場合などは「サウンドを再生」を選択し、音によって場所を把握することができます。

「紛失モード」を選択すると、探している端末を紛失したということで、その端末にパスコードでロックをかけることができます。その端末を見つけた人に連絡先情報などを表示させることもできます。どこにいったか検討もつかない場合などは紛失モードにして、見つけてくれた人からの連絡を待つようにしましょう。紛失モードは該当のiPhoneの位置情報がオフ設定のままでも、紛失モードを設定すれば位置情報がオン設定に変更されます。

オフラインでも紛失モードを設定することができますので、iPhoneがどのような状況でもメッセージ表示をすることができます。紛失モードの場合は、パスコードの設定→電話番号の入力→メッセージの入力となります。これらのメッセージや情報は探しているiPhoneのロック画面に表示され、入力した電話番号にワンタッチで連絡することができるようになっています。

「iPhoneを消去」を選択すると、探しているiPhoneのデータを遠隔操作で消去させることができます。iPhoneを消去のアイコンを選択すると「このiPhoneを消去しますか?」という画面になり「iPhoneを消去」を選択すると、iPhoneのデータが消去されます。

また、アクションを選択した場合に車のアイコンが表示されますが、車のアイコンを選択すると、現在地から探しているiPhoneがあるところまでの経路が表示されます。「車」「徒歩」「交通機関」とタブを選択することもでき、「出発」を選択すれば、ナビゲーションがスタートします。

アプリではなくパソコンからiPhoneを探す場合

アプリからだけでなく、パソコンからiPhoneを探すこともできます。パソコンからiPhoneを探す場合はiCloudにログインします。iCloudにログインしたら、「iPhoneを探す」アイコンを選択します。これで、Web ブラウザを使ってiPhoneを探すことができるようになります。パソコンはMacに限らずWindowsからでもiCloudにサインインすれば探し出すことができます。

「iPhoneを探す」を使ってもiPhoneが見つからない場合

iPhoneを探す機能で探してみてもiPhoneが見つからない場合には、下記対応もするようにしましょう。どうしても見つからない場合は、新たにiPhoneを購入する必要が出てきます。

iPhoneに電話してみる

iPhoneを探すで見つからない場合は、iPhoneに何度か電話するようにしましょう。シンプルな方法ですが、意外に見つかりやすい方法でもありますし、別の人が拾ってくれている場合は連絡に出てくれる可能性もあります。友達の電話などを借りて何度か自分のiPhoneに連絡をするようにしてください。

キャリアに電話してiPhoneを使えなくする

どうしてもiPhoneが見つからない場合は、iPhoneのデータ消去だけでなく、契約している各キャリアに連絡をし、回線自体使えなくした方が良いでしょう。万が一パスコードなどを解除されて通話など使われていたらいけません。ソフトバンク、au、docomoと、iPhoneを契約しているキャリアに連絡して事情を伝えれば回線停止することができます。

まとめ

今回、「iPhoneを探す」機能の使い方と失くしたiPhoneの探し方について紹介いたしました。万が一大事なiPhoneを失くしてしまった場合は、「iPhoneを探す」機能を使い探し出すようにしましょう!何らかの事情で遠くで失くした場合も、かなり正確に地図上にiPhoneの場所が表示されます。

また、状況によって、「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」などもおこなうことができますので、操作方法を覚えておくと良いでしょう。とにかく、iPhoneを失くした場合は、すぐにでもこの機能を使い素早く見つけるようにしましょう!また新しくiPhoneを購入するとなると、かなり痛いのでスピード勝負になります!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です