iPhone5sのSIMロックを解除してSIMフリー化する方法

LINEで送る
Pocket

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

SIMロックを解除する方法はご存知でしょうか。ショップで行う方法以外にも自分自信でSIMフリー化することも可能です。ここでは「iPhone5sのSIMロックを解除してSIMフリー化する方法」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.iPhone5sのSIMロックを解除方法

34a79187d3044e90a1e2c6405a1fb582_s

ここでは、iPhone5sのSIMロック解除方法について紹介いたします。

1.SIMロックとは

スマートフォンにはSIMカードという契約者の識別を行うためのID番号が登録されたカードが入っています。SIMカードが入っていることで、電話番号が付与され音声通話やインターネットの利用ができます。

SIMロックの場合は、ドコモやau、ソフトバンクなど、契約したキャリア以外のSIMカードを差し込むことができません。ロックが解除されたものをSIMフリーと呼び、他社のSIMカードを入れて使うことができます。

そのため、大手キャリアで契約したスマートフォンに格安SIMを差し込み使用することも可能です。2015年5月より携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除が義務化されました。

2.乗り換える格安SIMによってはSIMロック解除はいらない

iPhone5sを使用していて格安SIMに乗り換える際、場合によってはSIMロック解除は必要ないこともあります。SIMロックの解除が必要かどうかは、iPhone5sで使っているキャリアと乗り換え先の格安SIMによって異なります。

格安SIMを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者:Mobile Virtual Network Operator)は、ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアのネットワーク回線の一部を借りてユーザーに提供しています。

現在ドコモのiPhone5sを使っていて、下記のように、ドコモのネットワーク回線を使用している格安SIMに乗り換える場合は、SIMロックの解除は必要ありません。

ドコモのネットワーク回線の格安SIM(一部抜粋)

  1. 楽天モバイル
  2. LINEモバイル
  3. OCNモバイルONE
  4. DMMmobile
  5. mineo(※auも)
  6. DTI SIM
  7. NifMo
  8. イオンモバイル
  9. BIGLOBE SIM
  10. FREETEL
  11. U-mobileなど

ドコモのネットワーク回線を使用していない格安SIMに乗り換える場合は、SIMロック解除が必要です。auのiPhone5sから格安SIMに乗り換える場合も同様です。

auのネットワーク回線の格安SIM(一部抜粋)

  1. UQ-mobile
  2. mineo(※ドコモも)
  3. IIJmio(※ドコモも)
  4. Fiimo(※ドコモも)
  5. J:COM mobile

auのネットワーク回線を使用していない格安SIMに乗り換える場合は、SIMロック解除が必要です。ソフトバンク系列のY!mobileは、自社ネットワーク回線を使用していますのでここではドコモとauのみの紹介にします。

3.SIMロックを自分で解除する場合

SIMロックを解除するためには、「SIMロック解除アダプタ」「アクティベーションSIMカード」「乗り換え先の格安SIM」が必要です。SIMロックを解除する方法は下記のとおりです。

  1. iPhoneの端末に乗り換え先の格安SIMのプロファイルをインストールします。
  2. インストールが完了するとプロファイルのインストールが完了した旨の画面が表示されます。
  3. iPhoneからSIMカードとSIMトレイを取り出します。
  4. SIMロック解除アダプタに入っているSIMトレイに、SIMロック解除アダプタとアクティベーションSIMカードを乗せてiPhoneに差し込みます。
  5. 画面が表示され「MODE2 FOR iPhone5」を選択し、乗り換え前のキャリアを選択します。
  6. アクティベーションSIMカードを取り外し、乗り換え先のSIMカードを差し込み、同じ操作を行えば設定完了です。

2.iPhoneやAndroidスマートフォンのSIMロックを解除する方法

上記方法以外にも販売された時期によっては、他のiPhoneやAndroidスマートフォンもSIMロック解除が可能です。

1.ドコモの場合

ドコモのiPhoneやAndroidスマートフォンのSIMロックを解除する場合は、パソコンと電話とドコモショップからSIMロック解除申込みが可能です。

  1. パソコンの場合・・・パソコンからSIMロック解除手続きを申込む場合は、dアカウントを使い「ドコモオンライン手続き」から申込みが必要です。24時間受付可能で、SIMロック解除手数料も無料です。
  2. 電話の場合・・・ドコモの携帯電話から局番なしで151へ連絡をして申込みます(受付時間:午前9時〜午後8時)。一般電話の場合は0120-800-000のドコモインフォメーションセンターへ連絡をします。SIMロック解除手数料は3,000円です。
  3. ドコモショップの場合・・・店舗のスタッフにお願いすればSIMロック解除をしてくれます。受付時間は各店舗の営業時間内となっており、SIMロック解除手数料は3,000円です。

2.auの場合

auのiPhoneやAndroidスマートフォンのSIMロックを解除する場合は、パソコンとauショップからSIMロック解除申込みが可能です。

  1. パソコンの場合・・・パソコンやスマートフォンから「auお客さまサポートサイト」へアクセスしSIMロック解除の申込みができます。SIMロック解除手数料は無料です。
  2. auショップの場合・・・最寄りのauショップでスタッフにSIMロック解除の旨を伝えれば対応してくれます。SIMロック解除手数料は3,000円です。

3.ソフトバンクの場合

ソフトバンクのiPhoneやAndroidスマートフォンのSIMロックを解除する場合は、パソコンとショップからSIMロック解除申込みが可能です。

  1. パソコンの場合・・・ソフトバンクの「My SoftBank」サイトにアクセスし、SIMロック解除の申込みを行います。24時間いつでも申込みができ、SIMロック解除手数料は無料です。
  2. ソフトバンクショップの場合・・・最寄りのソフトバンクショップでスタッフにSIMロック解除の旨を伝えればすぐに対応してもらえます。SIMロック解除手数料は3,000円かかります。

4.2015年5月以降のiPhoneであれば上記方法で対応

iPhoneでも、2015年5月以降に販売されたiPhone7、iPhone7Plus、iPhoneSE、iPhone6s、iPhone6sPlusなどは、各キャリアの上記方法でSIMロック解除ができます。しかし、2015年4月以前に発売されたiPhoneや一部のスマートフォンでは、ショップに持っていってもSIMロック解除ができません。

3.おすすめの格安SIM

ここでは、おすすめ格安SIMを紹介いたします。

1.楽天モバイル

ドコモのネットワーク回線を利用している楽天モバイルは、毎月の利用料金100円毎に楽天スーパーポイントが貯まります。貯まった楽天スーパーポイントは、1ポイント1円で、楽天モバイルの利用料金の支払いや、楽天市場などの買い物に使えます。月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題で使え、5分以降も30秒10円という格安料金で通話できます。月額基本料は初月無料で、余ったデータ通信量は翌月へ繰り越せます。

2.mineo

mineoは、ドコモとauのネットワーク回線が使え好きな方を選択できます。みんなでデータ通信量を分け合えるフリータンクサービスや、友達へデータ通信量をプレゼントしたり、翌月に繰り越した通信量を分け合うことも可能です。毎月データ通信量を無駄なく使用できます。ドコモとauどちらを選ぶかで料金も異なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「iPhone5sのSIMロックを解除してSIMフリー化する方法」について紹介いたしました。自分でSIMフリー化することも可能ですので、興味がある方は機会があれば試してみてください。2015年5月以降に販売されたiPhoneやスマートフォンはショップなどでもすぐにSIMロック解除できますので、格安SIMへ変更予定の方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です