Home / iPhone / iPhoneの純正の充電コードの魅力と無償交換する方法を徹底解説!

iPhoneの純正の充電コードの魅力と無償交換する方法を徹底解説!

Pocket

あなたはApple純正の充電コード(ケーブル)を使っていますか?実はiPhoneの充電コードには、純正と非純正があります。純正であれば、保証期間内に不具合が出たら無償で交換してくれるのです。

反対に、非純正のものは価格が安かったり、いろいろなデザインがあるのが魅力ですが、iPhone本体に不具合を与えたり、充電できなくなることもありますので注意が必要です。

今回は、iPhoneの純正コードの魅力および無償交換する方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

iPhoneの充電コードには純正・非純正がある

cable-2846185_640

iPhoneの充電コードには純正と非純正があります。どんなものを純正または非純正というのでしょうか?

純正とは

iPhoneの充電コードで「純正」とは、Appleが発売している充電コードをいいます。色は白一色でデザインも1種類しかなく、面白みに欠ける、価格が非純正に比べて高いという欠点があります。

非純正とは

iPhoneの非純正の充電コードとは、Apple以外のサードパーティのメーカーから発売されているものを指します。

大手のPC周辺機器メーカーやアクセサリーメーカーが制作・販売しているもので、純正のものに比べて価格が安いというメリットがありますが、ものによっては充電時にうまく充電できなかったり、充電に時間がかかるというデメリットもあります。

iPhoneの純正の充電コードを使うメリット

cable_earphone

では、iPhoneの純正充電コードを使うとどんなメリットがあるのでしょうか?

充電スピードが速い

純正ケーブルは非純正に比べて充電スピードが早いと言われています。純正品が充電完了まで12分だとすると、非純正では、MFi認証ケーブルならば充電時間は1分ほどしか変わらないのですが、コンビニのものでは15分、100円ショップのものでは22分、3mのロングケーブルではなんと28分もかかりその差は歴然となります。

断線しにくい

Apple純正の充電ケーブルはバージョンが新しくなるにつれ、断線しにくく頑丈になってきています。電気の流れやすさも他の非純正品に比べると一番良いです。

寿命が長い

かつてはiPhoneの純正充電コードも使っているうちに外側のビニールがむけて、すぐに中のコードが見えてしまうということもありましたが、iPhoneのバージョンを重ねるごとに改良され、頑丈な設計になってきました。

iPhone純正の充電コードは基本的に丈夫で、iPhoneを買い換えても充電口が同じ形状ならば使えるものが多いです。

無償で交換・修理が可能

iPhoneの充電コードに、まだ保証期間内であるにもかかわらず不具合が起きた場合、Appleストアやカメラのキタムラなどの正規代理店で無償にて新しいものと交換してもらえる場合があります。

ただし、充電コードはApple純正であること、充電コードに中のコードが見えるとか断線などの著しい破損がないこと、そしてもちろんiPhoneが保証の範囲内であるなどの条件を満たすことが必要となります。

iPhoneの純正の充電コードを使うデメリットは値段の高さ

iPhone純正の充電コードは丈夫で長持ちなのですが、そのかわり価格が高いというデメリットがあります。また売っている場所も正規販売店や提携の正規販売店、それにAppleのネットショップ、探せば楽天などのネットショップでも「純正品」として売られています。

しかし、非純正品が100~300円程度で売られているのに対し、純正品は1,000円以上はするので、やはり高さが目についてしまいます。

iPhoneの純正の充電コードを無償交換するには

iPhoneがまだ保証の期間内で充電コードに不具合があった場合、一定の条件を満たせば無償で交換してもらえる場合があります。果たしてその3つの条件とはなんでしょうか?

以下の3つ条件を満たすことが必要

iPhoneの充電ケーブルを無償で交換してもらえるには、条件があります。その条件とは下記の通りです。

1.iPhoneが製品保証期間内である

iPhoneの充電コードを無償で交換してもらえる条件には、まずiPhoneが製品保証期間内であるということが絶対条件になります。保証が切れていては無償交換の対象になりませんので注意しましょう。

2.故障した純正の充電コードが手元にある

他の条件として、故障した純正の充電コードが手元にあるということがあります。正規修理店では、故障した純正充電コードと引き換えに、新しい充電コードが渡されます。故障してしまったからといって捨てないようにしましょう。

3.充電コードに外傷がなく、中の配線がちぎれていない

持っている充電コードに外傷がなく、内側の配線がちぎれているなどの症状がない場合、その充電コードと引き換えに新しい充電コードをもらえる場合があります。

充電コードの取り扱いが荒い場合、まだ保証の期間内でも中のコードがちぎれて保証が受けられない場合もありますので、普段から充電コードの取り扱いは丁寧にしましょう。

iPhoneが製品保証期間内であるか調べる方法

それではあなたのiPhoneが保証期間内であるかどうかを調べる方法をご紹介致します。保証期間がうろ覚えの場合もこちらで調べることができます。

1.「設定」を開き「一般」を選択

まずはiPhoneの「設定」の歯車アイコンを開き、「一般」を選択します。

2.「情報」を選択肢、シリアル番号を長押ししてコピー

次にiPhoneの「情報」項目にある「シリアル番号」を長押しします。こうすることで「コピー」という文字が出てきますので、コピーします。

3.保証状況の確認ページを開き、シリアル番号をペースト

Appleのサポートページに「保証状況の確認」というのがありますので、そのページの空欄に先程コピーしたシリアル番号をペーストします。

4.コードを入力し、保証状況とサポート期間を確認

ここでコードを入力して、保証状況およびサポート期間を確認することができます。「修理サービス保証」という文字があれば、保証期間内にあるということになります。

断線の状況を調べる方法

iPhoneが保証期間内でも充電ケーブルが断線していたり、コードがめくれて中の電線が見えていたりしたら、無償交換の対象となりません。ここでは断線の状況を調べる方法をご紹介致します。

ケーブルがめくれて中の配線が見えていないか

iPhoneの充電ケーブルは人為的な破損では無償交換の対象になりません。しかし、経年劣化だと対象になります。ケーブルがめくれて中の配線が見えている場合でも、保証期間内にあり、経年劣化と判断されれば無償交換の対象となります。

手でケーブルを押さえても全く充電できないか

また、破損がひどくても手でケーブルを押さえて充電できる場合は「経年劣化」とされ、無償交換の対象となる場合もあります。しかし手で押さえても全く充電できない場合は、対象外となってしまうこともありますので、注意しましょう。

実際にiPhoneの充電コードを交換する手順

では、実際にiPhoneの充電コードを交換する手順はどうすればいいのでしょうか?

インターネットで申し込む場合

充電ケーブルの交換はインターネットで申込みもできます。Appleのサポートページの「修理と物理的な損害」から、「イヤフォン、ケーブル、又はアダプタの交換」を選択し、連絡先メールアドレスを入力します。

次に「配送修理」を選択、iPhoneのシリアル番号を入力し、表示されるコードを入力します。配送修理→ケーブル→「ケーブル、Lightning – USB、1M、世界共通」を選択します。次に住所氏名を入力します。この時にクレジットカード情報の入力も必要となりますが、古いケーブルを返送すれば無料となりますので心配は要りません。

電話で申し込む場合

ケーブルの交換を電話で申し込む場合は、Appleのサポートセンターへ電話します。

営業時間 平日9:00~19:00/土日祝9:00~17:00
フリーダイヤル 0120-277-535

この時、IMEI番号(iPhoneの背面に記載・設定→一般→情報でも確認可)、名前と電話番号、郵便番号と住所を伝えます。そして支払い方法(クレジットカードの番号など)を連絡します。受付番号を言われるのでメモで書き取りましょう。

どうして購入ではないのに、クレジットカードの番号を聞かれるのか?と疑問に思う方もいるかも知れませんが、実は純正でないケーブルを送ったり、新しいケーブルと引き換えに古いケーブルを送らなかったりと不正を働く人もいるからなのです。残念なことですが、こうした不正対策としてクレジットカード番号を聞かれることになっています。

新品のケーブルが届いたら、古いものと交換して完了

ケーブル交換の申込みが完了して、大体3日~1週間ほどで新しいケーブルが届きます。この時に古いケーブルを渡すことで交換が完了します。

まとめ

いかがでしょうか。

保証期間内にあるiPhoneの充電ケーブルは一定条件が揃えば交換が可能です。保証期間内にあることはもちろん、断線していない、古いケーブルを持っているなどの条件が揃っていれば、インターネットのAppleのHPやAppleのサポートセンターに電話することで交換してもらえるのです。とても親切で便利な制度ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です