Home / iPhone / iPhoneの充電ケーブルが壊れたら?購入・修理を徹底比較

iPhoneの充電ケーブルが壊れたら?購入・修理を徹底比較

Pocket

4f4c3e8746d5253c8dba818abfafd985_s

iPhoneの充電ケーブルが故障した経験はありませんか。iPhone歴が長い方であれば1度や2度はあるのではないでしょうか。充電ケーブルが故障してしまうと、充電ができなくなるため、新しいケーブルを購入する必要があります。

皆さんはどこでケーブルを購入していますか。非常に多くのiPhone向け充電ケーブルが販売されているため、購入の際に迷ってしまう人も少なくありません。ここでは、純正のLightningケーブルや100均、他社のケーブルのメリットやデメリットなどについて紹介します。

スポンサーリンク

1.Apple社の製品

4cb73113ee366c3c54eb803d106aa7af_s

iPhoneの充電ケーブルが壊れたら、まず最初に購入を考えるのがApple社製品ではないでしょうか。iPhoneはApple社の製品なため、充電ケーブルも同じApple社の物を使うのが安心です。純正充電器はいくらぐらいするのか、メリットやデメリットはどのような点があるのか、確認していきましょう。

1.Apple社充電器の値段比較

AppleではiPhoneやiPad、MacBookなどさまざまなデバイス用の充電器を揃えています。そして、それぞれの充電器で値段も大きく異なります。

  1. Apple 45W MagSafe2 電源アダプタforMacBookAir 8800円(税別)
  2. Apple 60W MagSafe2 電源アダプタ13インチMacBookPro 8800円(税別)
  3. 30ピンUSBケーブル 2200円(税別)
  4. Lightningケーブル(1M) 2200円(税別)
  5. Lightningケーブル(2M) 3200円(税別)
  6. Apple5W USB電源アダプタ 2200円(税別)

iPhoneの充電器の場合は、Apple5W USB電源アダプタとLightningケーブルが必要です。

2.メリット・デメリット

Appleの純正充電器にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれのポイントを理解して購入する際の参考にしましょう。

■メリット
Apple社の純正充電器を利用するメリットとしては「無料交換」「最短時間での充電」「安心・安全に使える」があります。純正充電器であれば故障したとしても一定の条件を満たしておけば、無料で交換することができます。

また、iPhoneのために作られている充電器でもあるため、最短時間での充電が可能です。純正でない充電器の場合は充電に長時間かかることがあります。そして、Appleの純正ということで安心・安全に使用していけます。無料交換や充電時間が短い、安心して使える純正ならではのメリットがあります。

■デメリット
純正の充電器を使うことはメリットだけではありません。デメリットもあるため注意が必要です。純正の充電器を使うデメリットとしては「値段が高い」「色が選べない」ことの2点です。純正でない充電器は1000円以下で購入できるものもありますが、純正充電器はアダプタが2200円、Lightningケーブルが1Mが2200円、2Mが3200円です。

アダプタとLightningケーブルで5000円前後かかりますし、Lightningケーブルだけでも2000円以上かかります。また、色は白の1色のみですので、赤や黒、黄色などのカラフルな充電器はありません。他の人と同じデザインのものを使いたくない人には合わない可能性があります。

3.場合によっては無償交換ができる

純正の充電器を使うメリットの1つでもある「無償交換」。無償交換をするための条件には、iPhoneが保証期間内であること、純正充電器が手元にあること、外傷がなく断線していないことなどいくつかあります(故障具合によっては無償交換できません)。

交換する場合はAppleサポートへ連絡をして交換の旨を伝え、指示通りに進めていきましょう。保証期間内であるかどうかを調べるには、Appleの「保証状況とサービス期間を確認する」ページにて、iPhoneのシリアル番号を入力すれば保証期間内かどうかを確認できます。iPhoneのシリアル番号は、設定→一般→情報で確認できます。

2.目的次第で超お得!100均のケーブル

駅近などにたくさんある100均ショップでも、iPhoneで使える充電ケーブルが手に入ります。充電ケーブルの使い方や目的によっては非常にお得に手に入れることが可能です。

1.100均で購入するメリット①「値段が安い」

100均でiPhone用充電ケーブルを購入するメリットは「値段が安い」ことです。1番のメリットと言っても間違いないでしょう。AppleStoreで純正の物を購入する場合は2000円以上かかりますが、100均であれば100円(税別)で購入できます。「充電器にお金をかけたくない」という人には強い見方です。値段が安いので2〜3つまとめ買いしても負担になりません。

2.100均で購入するメリット②「デザインが豊富」

Apple純正の充電器であればデザインを選ぶことはできません。しかし、100均では多くのiPhone向け充電器が販売されているため、いくつかの種類から好みのデザインを選ぶことが可能です。選べる楽しさを味わえますし、安いためカスタムして自分でデザインすることもできます。

3.100均で購入するデメリット「故障リスクと性能面」

100均で購入することはメリットだけではありません。Apple社が製造したものでも公認したものでもないため、iPhoneにもケーブルにも故障リスクがあります。また、純正よりも充電に時間がかかる傾向があり、安いこともあって性能面は劣ります。

3.他社製品の特長とお値段

Appleの純正充電ケーブルや、100均の物だけでなく、他のメーカーがiPhone用に作ったLightningケーブルもおすすめです。ここでは2つのメーカーを紹介しますが、ほとんどのメーカーがカラーバリエーションが豊富でデザイン性も富んでいます。

1.Anker

AnkerはGoogle出身者により創設されたメーカーでポータブル充電器やカーチャージャー、オーディオ、家電製品などを製造販売しています。「PowerLineライニングUSBケーブル」も製造しており、多くのカラーと長さが揃っています。カラーはホワイト、グレー、レッド、ブラック、ブルーで展開しているものが多く、自分の好みの物を選べます。

長さも0.3m〜3mまで選べるため用途に合わせて使い分けることが可能です。PowerLine Lightning(6f/1.8m)で2499円(税込)となっています。オシャレなカラーデザインの充電ケーブルを使用したい方におすすめのメーカーです。

2.PARCOCO

高耐久ナイロンケーブルを採用したLightningケーブルが特徴のPARCOCO。耐熱アルミニウム合金端子なので、高級感があるだけでなく高い品質を誇ります。他社製品よりも価格がリーズナブルな点も嬉しいところ。カラーもホワイト、ブラックブルー、レッドなどが揃います。デザイン性も品質も高く、コストパフォーマンスに優れたLightningケーブルです。

まとめ

iPhoneの充電ケーブルが壊れた場合は、純正や100均、他社製品など、いろいろなところで充電ケーブルを購入できますので、自分に合ったものを選びましょう。ただし、注意しないといけないのが、純正やApple公認の充電ケーブルでないとiPhoneが故障する可能性もあるということです。まずは、充電ケーブルが故障しないように大事に扱うようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です