iPhoneの辞書に単語を登録して文字変換を便利にする方法

LINEで送る
Pocket

皆さん、iPhoneの辞書機能をちゃんと使えていますでしょうか?長年iPhoneを使っているiPhoneユーザーでも、便利さを知らない人はまったく使わないであろうユーザー辞書の機能。実はこの機能、大変便利で日々の入力が非常に捗ります。このユーザー辞書を使えば、普段は使わないであろう「人名」や「個人情報」の入力が捗り、長文を打つ煩わしさがかなり改善されるはずです。

今回は、覚えておいて絶対損はしない、このユーザー辞書について詳しくご説明したいと思います。

スポンサーリンク

使いこなせば大変便利な辞書機能

book-1798_640

iPhoneの辞書機能ですが、iPhoneに入っている辞書はユーザー辞書だけではないのはご存知でしたでしょうか?実は、iPhoneにはたくさんの辞書がインストールされているのです。標準で搭載されているのは以下の4つの辞書です。

  • 国語辞典「スーパー大辞林」
  • 和英辞典「ウィズダム英和辞典」
  • 英和辞典「ウィズダム英和辞典」
  • Apple用語辞典

もちろん、アプリで出ている辞書も入れることができるので、この4つだけではなくたくさんの辞書をiPhoneに入れることができます。個人が作った辞書もあれば、それこそ有名辞書メーカーが作った辞書アプリ、多言語用や専門用語だけの辞書もあります。そこで今回は、スマホで打つには長すぎる長文、良く使う単語などを入力するのに便利な「ユーザー辞書」にスポットを当ててみたいと思います。

単語を登録する方法は簡単ですので、ぜひ皆さんも使ってみてください。

ユーザー辞書で単語を登録する方法

それでは、ユーザー辞書に単語を登録する方法をご説明していきたいと思います。まずは、「設定」を開き「一般」をタップしましょう。開いたら「キーボード選択」の項目をタップします。次に、「ユーザー辞書」という項目があるので、そこをタップして開きましょう。「ユーザー辞書」の画面が開いたら、右上にある「+」マークをタップして新規作成をします。

次に、開いた画面で登録したい単語を入力しましょう。上に表示されている「単語」は、実際にスマホで変換される単語を入力し、下の「よみ」にはその単語を呼び出したい文字を入力します。例えば、「おはようございます」とユーザー辞書に登録したい場合。

  • 単語「おはようございます」
  • よみ「おん」

上記のような組み合わせでユーザー辞書に登録しておけばOKです。登録したい単語を入力し終えたら、画面右上にある「保存」をタップすれば、ユーザー辞書への登録は完了です。こういった長文をユーザー辞書に登録しておくことにより、9回文字を打たなければいけないところが、たったの2回で済みます。

このように、入力回数が多くなってしまう言葉をユーザー辞書に登録しておけば、煩わしい文字入力から解放されます。他にも、メールアドレスなどの間違えやすい文章を登録するときには、先にメモアプリなどに入力してからの方が間違えにくいのでオススメです。メモアプリなどに単語を入力し、間違えていないか確認してから「ユーザー辞書」に登録をすれば間違いが少なくすみます。

既に書いてある文字を、「ユーザー辞書」に登録したい時などに使える小技をご紹介したいと思います。既に書いてある文字を長押しすると、青くなり「コピー」や「カット」といった項目が出てきますよね。その一番右に「→の矢印」マークがあると思いますが、これをタップします。すると「ユーザー辞書」という項目が出てきますので、それをタップし「よみ」を入力すれば完了です。

登録しておくと便利な単語

write-593333_640

ユーザー辞書機能の単語登録が、非常に便利だというのは理解していただけたかと思います。次は、日常でよく使うであろうオススメの単語の実用例をご紹介したいと思います。更にスムーズな文章作成をしましょう。

自分の個人情報

皆さんよくネットショッピングをご利用するかと思いますが、何度も何度も入力しなくてはいけないのが個人情報です。住所だったり、電話番号、メールアドレスなどありますが、どれも毎回入力するのは本当に面倒ですよね。そこで、この個人情報も「ユーザー辞書」に登録しておくことをオススメします。

オススメの登録方法が、誤入力を避けるために頭文字に「ん」を入れることです。例えば、メールアドレスなどは普段から「メアド、メアルアド」など略した言葉を使いますよね。日常的に使う言葉を使用するのは、それこそ予測変換に逆に邪魔されてしまうこともあると思います。ですので、日本語には存在しない単語、メールアドレスの場合は「んめ」で登録したりしておくのが良いかと思います。

同じように、郵便番号でしたら「んゆ」、住所でしたら「ん※(※に自分の住んでいる都道府県の一文字目)」などにしておけば、他の変換候補と被る心配はありません。しかし、パスワードやクレジットナンバーなどは危険ですので、これは「ユーザー辞書」に登録はしない方がよろしいかと思います。

文章の区切りのライン

今や、ビジネスでもスマートフォンやパッドを使用している方も多いかと思います。ビジネスメールなどで、使用する機会が多いのが文章を区切ったりするときに使うラインだと思います。テキストだけよりも、このラインを入れることにより見栄えがよくなりますし、見ていて相手が読みやすくもなります。しかし、一つ一つこれを入力するのは厄介ですよね。ですので、このラインも「ユーザー辞書」に登録をしましょう。

先ほどと同じように、他の変換候補と被らないためにも最初の文字に「ん」を付けてもいいですし、数字を使うのも良いかと思います。他にも見出しに使う数字や、変換しても出てこない記号なども登録しておくと便利ですね。ブログをやっている方なら、スマートフォンで更新する時のために、HTMLタグを登録しといても便利だと思います。

ビジネスの定型文

社会人の方なら、毎日使っているであろうビジネス定型文がありますね。ビジネス特有の言い回しは本当に長くて打つのも大変です。パソコンならばササっと入力できる文字数でも、これがスマートフォンとなると時間がかかり面倒になります。仕事でもiPhoneを使っている方などは、このビジネス用語も「ユーザー辞書」に登録しておくのが楽かと思われます。

顔文字も登録できる

iPhoneにもデフォルトで顔文字は登録されています。しかし、最近の顔文字は色々な特殊文字を使っていたりと、多種多様なのが増えましたよね。流石にiPhoneといえども、そこまで最新の顔文字は入っていません。そんなときにも、「ユーザー辞書」を使い登録をすればいいのです。

便利なユーザー辞書の欠点

hatena-1184896_640

ここまでは、「ユーザー辞書」の便利さを解説してきましたが、稀に不具合が出てしまい使えなくなってしまうそうです。どんな不具合が出るかというと、「iPhoneのOSをアップデートしたら登録していたユーザー辞書が消える」といった不具合が一番多いそうです。せっかく自分で作った辞書、その努力が水の泡になってしまうのは非常に悲しいですよね。

ですので、OSをアップデートする時などは、必ずバックアップを取得してからOSのアップデートをするように心がけましょう。他にも、safariを使用中に辞書機能がおかしくなり変換できなくなる不具合などがあります。こちらは、iPhoneを再起動したりすれば改善されることが多いので、ご安心ください。

もし、色々試したけども直らなかった場合は、バックアップから復元をすれば直ります。少し手間がかかりますが、急なトラブルでせっかく作った「ユーザー辞書」がまた一からになってしまう前に、バックアップをしっかりと取っておくのをオススメします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です