iPhoneでzipファイルを解凍するために必要なオススメアプリ

LINEで送る
Pocket

iPhone2

今回は、iPhoneでzipファイルを解凍するために必要なオススメアプリについて紹介します。iPhoneを使って、容量が大きい画像や動画、データなどをやり取りしようとする際に、普通に送受信しようと思ったら、時間もかかりますし、送受信するどちら側にも負担がかかります。iPhone独自にzipフィルを解凍する方法はないため、アプリをインストールしてzipファイルを解凍・活用します。

今回、zipファイルを解凍・活用するために役立つアプリを紹介します。Zipファイルって何?という方も、今までどうしていいか分からなかった方も、新しいアプリを探していた方もぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPhoneでzipファイルを解凍するためのオススメアプリ

ここでは、オススメアプリの紹介と、zipファイルとは、に関して紹介します。

zipファイルとは

ファイルの圧縮形式には複数あり、それぞれの形式に対応した解凍ソフトがないと圧縮を開くことはできません。圧縮ファイルの種類はファイルの拡張子で分かるようになっています。

圧縮ファイルとは

ファイルをメールに添付して送ったり、外付けハードディスクに移動させるときなどに、ファイルの容量を小さくしたい場合にファイルを圧縮したりします。ファイルの圧縮とは、圧縮プログラムを使ってファイルのサイズをコンパクトにすることです。圧縮されたファイルのことを【圧縮ファイル】と言います。自己解凍型の圧縮ファイルはダブルクリックで開くことができますが、それ以外は【解凍ソフト】が必要になります。容量の大きく重い写真や動画、データなどを送る際に、圧縮ファイルを利用することで、軽くできスムーズな送受信ができるようになります。

iZipアプリを使う

iPhone向けのZIPファイル管理アプリの中で人気No.1のiZipアプリ。写真やビデオ、データなどをZIPファイルに圧縮したり、圧縮したファイルをそのまま送信したり、ドロップボックスへファイルをアップロードしたりと、圧縮・送信・解凍の全てに対応しています。このアプリ1つあれば、ZIP関連の作業は全て行うことができます。容量が大きく重い写真や動画などを軽くしてくれるため、送る方も受取る方も助けてくれるアプリです。

しかも無料でインストールすることができ、アプリ容量も118バイトしかないので、一瞬でダウンロードすることができます。使い方も簡単で、iPhoneにiZipがインストールされている場合に、zipファイルを開こうとすると、右上に【iZipで開く】と表示されますので、タップします。すると、英語でメッセージが表示されますので、【OK】をタップします。【OK】をタップすると解凍が完了し、各種フォルダやファイルが一覧で表示されます。希望のフォルダ・ファイルを選択すると、閲覧することができます。

WinZipアプリを使う

パソコン版で有名なWinZipアプリのスマートフォン版です。WinZipアプリを使うことにより、iPhoneでも素早くZipファイルを解凍・圧縮することができます。クラウドとの連携もスムーズで、iPhoneだけでなく、自宅のパソコンなどでも同じデータを閲覧することなどもできます。自分のiPhone内にあるフォルダ・ファイルをZip化することも簡単にできます。Office以外にも、PDF、RTF、MP3など多彩なファイル形式に対応していることも特徴です。Zipファイルを多く扱うビジネスマンには特にオススメのアプリです。

iComicアプリを使う

閲覧のしやすさに定評のあるiComicアプリは、ZIPファイル、RARファイル、PDFファイルをいつでも閲覧することができます。しおり機能が付いているため、時間などを理由に途中で読み終えていたものも、簡単に続きから読み始めることができますし、自分のノートや本のように扱うことができます。画像では、JPEG、TIFF、PNG等あらゆる画像を表示することができるので、画像の保存にも便利です。途中で読み終えても、そこから読み始めることができるので、ビジネスマンや学生などにオススメのアプリです。

Documents by Readdleアプリを使う

Documents by Readdleアプリは、非常に使い勝手の良い多機能型のアプリです。PDFファイルやZIPファイルの他に、Officeファイルも閲覧することができ、写真や音楽、動画も管理することができます。クラウドとの連携もスムーズで、パソコンからでもiPhoneからでもアクセスすることができますので、ドロップボックスなどよく使っている人にオススメのアプリです。ユーザーインターフェースも良く、非常に使いやすいアプリです。

FileMasterアプリを使う

ダウンロードとファイルビューアなど、多機能で便利なFileMasterアプリは、Wi-Fiネットワークを利用り、パソコンとiPhoneで、ファイル転送や閲覧などができ、大切なファイルなどにはロックをかけることもできますので、万が一の時にも安心です。様々なデータをダウンロードでき、再生することができます。また、電波が届かない場所でも閲覧することができます。FileMasterアプリは、忙しいビジネスマンにとって重宝するアプリになります。

SideBooksアプリを使う

SideBooksアプリは、名前のごとく本のようなユーザーインターフェースで、ビューアアプリの中でもトップクラスの軽快さを持つアプリです。ZIPファイル、PDFファイル、CBZファイル、RARファイル、CBRファイル形式に対応しており、クラウドとの連携もできるため、パソコンでもiPhoneでも閲覧可能です。メールやSafari、ドロップボックスなどからも取得が可能で、ドロップボックスとは本棚機能と直接リンクしているため、ドロップボックスをよく使う人にオススメのアプリです。

File Managerアプリを使う

File Managerアプリは、ファイル作成や整理整頓のマネージャ機能、ファイル表示・閲覧のビューア機能、ファイルを編集するエディタ機能と持つアプリです。ZIPファイル、RARファイルなどに対応しており、名前順や日付順でファイルを並べ替えることができます。ユーザーインターフェースも良く、非常に見やすいアプリです。ドロップボックスとも連携していますので、ファイルの出し入れも自由自在に行うことができます。600円の有料アプリとなりますが、インストールしても損することはない、アプリになっています。

iFilesアプリを使う

iFilesアプリは、PDFファイル、Officeファイル、ZIPファイルなど様々なファイルに対応したファイル管理アプリです。ファイルにはパスワードをかけることもでき、万が一の際にも安心できます。ZIP形式への圧縮や解凍もスムーズで、Bluetoothを介したファイルの受け渡しも可能となっており、他のスマートフォンやパソコンとのデータのやり取りなども行えます。もちろん、クラウドストレージにも対応しているため、ドロップボックスなどとも連携することが可能です。外でのデータやり取りなど行うことが多い人にオススメのアプリです。

まとめ

今回は、iPhoneでzipファイルを確認するために必要なオススメアプリについて紹介しました。どのアプリも無料がほとんどで、高機能で使いやすいものばかりです。興味があるアプリに関しては、ぜひ、積極的にインストールしてみて使って、自分に合うアプリを探してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です