Home / Apple / iPhone / iPhone XS MAXの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

iPhone XS MAXの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

Pocket


2018年9月21日に発売された最新機種「iPhoneXS Max」。同時期にiPhoneの新機種が3モデル発表された事でも大きく話題になりました。iPhoneユーザーやファンの方にとって待望の発表だったのではないでしょうか。

「iPhoneXS Max」は「iPhoneXS」とほとんど性能差はありませんが、明確な違いはそのサイズにあります。ディスプレイについても非常に大きい物を搭載しておりそのインパクトは抜群と言えるでしょう。

本記事では iPhoneXS Maxの特徴 について解説していきます。主に「iPhoneXS」との比較を重点において解説していきます。モデル選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPhoneXS Maxの特徴

さっそく「iPhoneXS Max」の基本スペックや特徴を見ていきたいと思います。

iPhoneXS Max
価格 64GB 12万4800円
256GB 14万1800円
512GB 16万4800円
発売日 2018年9月21日
カラー ゴールド
スペースグレイ
シルバー
サイズ(幅・高さ・厚さ) 77.4
157.5
7.7
ディスプレイ 6.5インチ OLED
TrueTone対応
HDR対応
解像度 2,688 x 1,242, 458ppi
CPU A12 Bionic
メモリ 4GB
メインカメラ 1200万画素
デュアルカメラ
SmartHDR
インカメラ 700万画素
ストレージ容量 64GB
256GB
512GB
重さ 208g

iPhoneXS Maxのサイズ

「iPhoneXS Max」のサイズは非常の大型になっており、同時期に発売された3モデルの中でも最も大きいです。また、ディスプレイサイズは 6.5インチ となっており、これはiPhoneモデルの中では最も大きいディスプレイとなります。

画面(インチ) 幅(mm) 高さ(mm) 厚さ(mm) 重量(g)
iPhoneXS 5.8 70.9 143.6 7.7 177
iPhoneXS Max 6.5 77.4 157.5 7.7 208
iPhoneXR 6.1 75.7 150.9 8.3 194
iPhoneX 5.8 70.9 143.6 7.7 174
iPhone8 4.7 67.3 138.4 7.3 148
iPhone8 plus 5.5 78.1 158.4 7.5 202
iPhone7 4.7 67.1 138.3 7.1 138
iPhone7 plus 5.5 77.9 158.2 7.3 188
iPhoneSE 4.0 58.6 123.8 7.6 113

本体サイズは従来の機種と比較しても非常に大型になっており、これまで「iPhone8 plus」や「iPhone7 plus」のような大きめの機種を利用されていた方であれば使いやすいサイズだと思われます。

逆に小さめの機種から乗り換える場合、片手操作などは非常にしづらくなる可能性も考えられます。そういった点も踏まえた上で検討してみてください。

iPhoneXS Maxの容量と料金

「iPhoneXS Max」も「iPhoneXS」同様 64GB 256GB 512GB から選択することになります。本体サイズは大きめではありますが、ストレージ容量については「iPhoneXS」と変更ないようです。

iPhoneXS Max iPhoneXS
価格 64GB 12万4800円
256GB 14万1800円
512GB 16万4800円
64GB 11万2800円
256GB 12万9800円
512GB 15万2800円

「iPhoneXS」との差額はいずれも1万2000円となっています。この事から、ストレージも同一の物が使用されていることが分かりますので、単純に自分が必要になりそうな容量を選択することになりそうです。

アプリやファイルを沢山保存する方にとっては512GBを選べるのは嬉しい点ですよね。逆にiPhoneにデータをあまり保存しない方にとっては64GBか256GBを選択するのが良さそうです。64GBと512GBでは4万円も違いがありますので慎重に検討したいところです。

iPhoneXS Maxのカメラ

前機種「iPhoneX」から大きく変わった点は SmartHDR の実装です。

本来、カメラは明暗差をうまく写すことが苦手です。明るい場所にピントを合わせるため暗い場所が真っ暗になってしまうなど。このような苦手を克服するためにこれまで「HDR撮影」が利用されてきました。

SmartHDR はその「HDR撮影」をパワーアップさせたイメージでいいかと思います。ほぼ同時に2枚の写真を撮影、それぞれ綺麗にとれた良いところ
だけを切り取り合成。これを自動でやってくれる機能なんです。

iPhoneXS MaxのCPU

Appleが新しく開発した「A12 Bionic」と呼ばれるCPU。これを搭載することにより「iPhoneXS」は飛躍的に性能を上げることに成功しました。従来の「A11 Bionic」と比較して 15%の性能向上 を果たしたと発表されています。

「A12 Bionic」は 2つの性能コア4つの効率コア の合わせて6つのコアが搭載。このコアの間で作業を自動で分担。必要な分だけ稼働し効率化を図っています。常に全てのコアが稼働してバッテリー消費が激しいといった事もありません。

これらのコアの搭載により、これまでのiPhoneより格段に使いやすくなったことが伺えます。iPhoneを操作するときの処理全てを高速化し、それによりビデオの高画質化、写真の高画質化を実現させています。

iPhoneXS MaxとiPhoneXSの違い


「iPhoneXS Max」という名の通り「iPhoneXS」を一回りMaxにしたイメージです。とは言え性能差はほとんどありません。使われているCPUやメモリ等も同一のものが使われています。

iPhoneXS MaxとiPhoneXSの違い

  • ディスプレイサイズ(5.8インチ/6.5インチ)
  • 本体サイズと重さ(143.6×70.9×7.7mm/157.5×77.4×7.7mm)(177g/208g)
  • バッテリー容量(2658mAh/3174mAh)

「iPhoneXS Max」と「iPhoneXS」の違いは上記のようになっています。いずれも処理速度に関わるようなものではありませんので、ほとんどサイズの違いくらいしか無いと言えます。どちらを購入するか悩んでいる方はディスプレイサイズや本体サイズに注目して検討してみると良いと思われます。

iPhoneXS Maxは買うべき?

ディスプレイサイズを重視する方にはおすすめの機種と言えます。動画の視聴などをメインにする方画面が小さいと文字が読みにくい方 にとって画面が大きいのは非常に嬉しい点です。

一方で画面サイズに拘らない方にとっては「iPhoneXS Max」を選択するメリットはあまりないとも言えます。バッテリー容量が若干大きいという利点はありますが、持続時間は30分~1時間程度の違いなので、そこまで気にすることではないように感じます。

「iPhoneXS Max」と「iPhoneXS」のどちらを購入するかで悩んでいる方は画面サイズの好みという結論になりそうですね。大きいものを望んでいる方は「iPhoneXS Max」を。大きくなくても問題ない方は「iPhoneXS」を。

まとめ

「iPhoneXS Max」の基本スペックや特徴について見てきました。「iPhoneXS」と迷っている方はぜひ参考にして頂けたらと思います。

本記事がモデル選びの参考になれば幸いです。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone XRの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

2018年10月26日に発売さ …

Facebookでのご購読が便利です