iPhoneのボイスメモの使い方

LINEで送る
Pocket

iPhoneには「ボイスメモ」というアプリケーションが標準で搭載されており、これを用いることで音声の録音が可能です。

録音した音声はボイスメモ単体でトリミング等の編集が行えます。また、メールやメッセージに渡したり、同期しているMac/Windows PCのiTunesに転送することも可能です。

本稿ではiPhoneの標準ボイスメモアプリケーションの使い方を説明します。

スポンサーリンク

録音の開始/停止

ボイスメモアプリケーションを用いて音声を録音するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「ボイスメモ」アプリケーションを起動してください。

01-launch-voice-memo

2. 赤丸の録音ボタンをタップして録音を開始します。

02-main

3. 録音中は録音ボタンが停止ボタンに変わります。

03-recording

4. 停止ボタンをタップすることで録音を停止します。

04-stop-recording

再生ボタンをタップすると録音した音声をプレビューできます。音声の開始位置は中央の青線で表示されています。波形部分を左右スワイプで動かして任意の場所から再生を開始できます。

画面右上のスピーカーボタンをタップすることで、再生するスピーカーを本体上部の受話スピーカーと本体下部のメインスピーカーから切り替えられます。

再度録音ボタンをタップすると、同じファイルで続けて録音します。注意しなければならないのは、音声の開始位置がどこにあるかです。青線の開始位置から録音が再開されます。録音済みの位置から録音を再開すると、以前の内容が上書きされていきます。一度上書きされた音声は元に戻せません。

録音した音声のトリミング

画面右のボタンをタップすることで、録音した音声の編集を行えます。

05-tap-trimming-button

両サイドの赤線で選択範囲を指定します。上側に赤丸が付いているのが選択開始位置、下側に赤丸が付いているのが選択終了位置です。ふたつの赤線をドラッグして選択範囲を指定してください。ただし、最小の選択範囲は1秒間です。

06-trimming

「削除」をタップすると選択範囲内の音声を削除して前後を詰めます。「トリミング」をタップすると選択範囲だけを残してその前後を削除します。

録音の終了

録音を終了するには「完了」をタップしてください。

07-done-recording

ボイスメモのタイトルを入力して「保存」をタップすることで、録音を終了します。

08-save

「削除」をタップすると録音した内容は破棄されます。

録音した音声の管理

「完了」をタップすることで、画面下部の音声リストが拡大します。ここに過去に録音した音声がリスト表示されます。

09-recorded-list

リストをタップして選択することで、音声のプレビューや削除、トリミング等の編集を行えます。

10-recorded-detail

共有ボタンをタップすることで、メールやメッセージアプリケーションに音声を転送できます。

また、iPhoneをMac/Windows PCと同期すると、録音した音声はiTunes上のライブラリに追加され、「ボイスメモ」というプレイリストに入れられます。

ボイスメモの注意点

録音中にホームボタンを押したり他のアプリケーションに切り替えたりしてバックグラウンドに回った状態でも、ボイスメモは録音を続けます。その場合、ステータスバーが赤くなり「録音中」と表示されます。

また、ボイスメモは通話中の音声は録音できません。これは相手の同意なしに通話を録音することが違法である国があるためだと言われています。

id=”6″まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneの標準ボイスメモアプリケーションの使い方を説明しました。

「ボイスメモ」という名前の通り音声によるメモを残したり、会議等の音声を録音するためにボイスレコーダー代わりにしたり、iPhoneで音声を録音したいときは本稿を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です