iPhoneでビデオを撮影するときの簡単な方法

LINEで送る
Pocket

お子さまの様子やペットの愛らしいしぐさを記録に残すためにiPhoneのカメラを使う方は多いことでしょう。しかしビデオ機能を使えば一瞬を切り取るだけでなく、一連の素晴らしい行動を逃さずに動画として保存できます。小さい子どもや動物、車などの乗り物は動きが激しいため、写真ではなく動画で撮影したほうが臨場感が伝わります。

今回はiPhoneでビデオ撮影をするときの簡単な方法をご紹介します。ズーム機能やフラッシュ撮影など、知っておきたいちょっとしたプチ知識もご用意しました。ぜひ試してみてください。

1.iPhoneのカメラアプリをタップする

さっそくiPhoneでビデオ撮影をしてみましょう。難しいことはありませんので、お手元のiPhoneを操作しながらご覧ください。

01
iPhoneのホーム画面にあるカメラアプリをタップします。すると、カメラが起動しますので、この状態のまま画面下部を右方向にスライドします。
02
画面下部に表示されている”ビデオ”の文字が黄色くなっていればビデオ撮影モードの準備ができています。

2.撮影ボタンをタップしてビデオ撮影開始

03
ビデオ撮影モードのまま画面下部の赤いボタン(撮影ボタン)をタップするとビデオ撮影が開始されます。ビデオ撮影中に赤いボタン(停止ボタン)を再度タップするとすると撮影を停止します。
ビデオ撮影はiPhone本体の音量ボタンでも操作できます。ビデオ撮影モード中に音量ボタンの「+」「-」いずれかを押せば撮影開始、もう1度押せば撮影が停止されます。被写体を横向きに撮影したいときに便利なため覚えておきましょう。

04
ビデオ撮影中に写真を撮ることも可能です。赤いボタンの左横にある白いボタンをタップすると、撮影中の景観を写真として記録されます。ただし、通常カメラで撮る写真よりもビデオ撮影中の写真は解像度が落ちてしまうようです。

3.すぐに再生したいときは画面左下のアイコンをタップ

05
撮影したビデオをすぐに再生したいときは、ビデオ撮影モードの画面左下に直前に撮影したビデオがアイコンとして表示されていますのでタップして再生できます。ビデオ撮影中は再生できないため、撮影を終了してから再生してください。

ビデオ撮影のプチ知識

iPhoneのビデオ撮影は簡単にできることがおわかりいただけたでしょうか。次項からはビデオ撮影中に知っておくと役立つプチ知識をご紹介いたします。

ズームイン・ズームアウト

06
写真を撮るときと同じように、ビデオ撮影中もズームイン・ズームアウトの操作ができます。
ズームしたい被写体に合わせてピンチインするとズームイン、ピンチアウトするとズームアウトします
被写体をアップで撮影したいときに試してみてください。

撮影方向の切替

07
ビデオ撮影モード中に右上のカメラアイコンをタップすると撮影方向を切り替えられます。撮影する被写体に応じて切り替えてください。

フラッシュ撮影

夜の時間帯などに電灯のない場所でビデオ撮影するときはフラッシュ撮影機能が役立ちます。
08
ビデオ撮影モード中に画面上部の光マークをタップします。オンをタップすると常時点灯し、自動にするとカメラが自動で判断して、光源が足りないときにはフラッシュを点灯します。
真っ暗闇のほか、逆光となっている場所や、水や雫がキラキラ光っている様子や透明感をフレームに収めたいときにフラッシュ機能が有利に働くといわれています。いろいろなシーンで試してみましょう。

60fps撮影で映像がさらにキレイに

ビデオをさらにキレイに滑らかに撮影したいときは60fpsモードによる撮影がオススメです。
fpsとはフレームレートを表す単位で、iPhoneのビデオ設定は通常30fpsモードになっていますが、簡単な設定変更でより滑らかに撮影できる60fpsモードに変更できます。

09
60fpsモードに変更するにはiPhoneのホーム画面で設定アプリをタップします。
10
11
スクロールして「写真とカメラ」を選択し、「ビデオ撮影」をタップします。
[012.png]
標準では「1080p HD/30fps」が選択されているので、「1080p HD/60fps」をタップして変更します。
ビデオモード中、右下に60fpsの表示が出ていたら成功です。より美しく、鮮明に撮影できる60fpsモードでビデオ撮影できます。
ただし、ビデオをキレイに撮影できるぶん保存容量も大きくなるためご注意ください。

1分間のビデオのサイズは、およそ以下の通りです:
・60MB(720p HD/30fps、領域節約)
・130MB(1080p HD/30fps、デフォルト)
・200MB(1080p HD/60fps、よりスムーズ)

※iPhone6設定→ビデオ撮影画面より引用

スローモーション撮影でコミカルに演出

iPhoneのビデオはスローモーションでも撮影できます。動物の動きなどをスロー撮影すると思わぬコミカルな画が撮れるかもしれません。
出典:youtube

13
スローモーションビデオの撮影方法は至って簡単です。カメラアプリを起動し右側にスワイプし、「スロー」の文字まで移動します。「スロー」の文字が黄色くなっていれば撮影準備OK、あとはビデオ撮影と同じように赤いボタンをタップして撮影開始です。もう1度赤いボタンをタップすれば撮影を終了できます。

撮影した動画はPCやクラウドで保存しよう

撮影した動画は1分間で100~200MB前後と大きな容量で保存されています。128GBなど容量が大きいiPhoneをお使いの方はあまり気にならないかもしれませんが、バックアップの意味でも動画をPCやクラウドに保存しておくことをおすすめします。

動画をPCに保存する場合

iPhoneをLightningケーブルでPCと接続し、iTunesと同期させます。iTunesと同期させない場合は、PCからiPhoneのフォルダを参照し、動画を任意の場所に移動します。
iTunesとiPhoneの完全同期には時間が掛かるので、ひとまず動画だけ保存しておきたいという方は後者がオススメです。

動画をクラウドストレージサービスに保存する場合

iCloudやDropbox、Google Driveに代表されるクラウドストレージサービスにも動画を保存できます。ただし、iCloudでは最大5分までのビデオと規定されています。

写真やビデオは共有アルバムにいつでも追加できます。写真やビデオが追加されると、共有アルバムの参加者は新しいアイテムが追加されたことを知らせる通知を受け取ります。共有アルバムに追加できるビデオは、最大5分間です。

出典:support.apple

クラウドストレージサービスとの契約内容によって保存できる容量が決まっていますので、詳しくは契約中のサービス内容を確認してみてください。
Dropbox
Google Drive

今回のまとめ

iPhoneでビデオ撮影するときの簡単な方法をご紹介しました。誰にでも難しくない操作でビデオ撮影が楽しめることがおわかりいただけたでしょうか。
今まで写真で収めていた被写体も、ビデオで撮影すると迫力があって躍動感あふれる素敵な動画が撮れるかもしれません。この機会にぜひiPhoneのビデオ撮影にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です