iPhoneユーザーなら知っておきたい楽しいiPhoneの裏技

LINEで送る
Pocket

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

今回は、iPhoneユーザーなら知っておきたい楽しいiPhoneの裏技について紹介いたします。iPhoneにはさまざまな裏技が存在します。オフィシャルに公開されてない多くの便利技があり、裏技を多く知ることで、よりiPhoneを楽しく便利に使っていくことができます。ここでは、代表的な裏技を紹介していますので、特に最近新しくiPhoneを使い始めた方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneユーザーなら知っておきたい楽しいiPhoneの裏技

代表的なiPhoneの裏技を紹介いたします。

一度にたくさんの画像や動画をメールに添付する方法

LINEなどのメッセージではなく、通常メールしか使えない場面で、写真や動画をたくさん送りたいときってありませんか?1つずつ添付してメールを送るのではなく、簡単に大量の写真や動画をメールに添付して送ることができます。方法は次の通りです、写真アプリを開き画面右上の「選択」を押し、メールで送りたい画像などを選択していきます。

送りたい画像などの選択がすべて終わったら、画面左下にある□マークをタップします。アイコンが表示されますので、「コピー」を選択します。「メール」アプリを開き、新規メッセージ作成画面で、本文に「ペースト」します。

ペーストを押すと、選択したたくさんの画像や動画を一括で貼り付けることができます。この方法であれば、1枚ずつ添付するのではなく、一括で希望の写真や動画をすべてメールに添付することができますので、スピーディーに作成・送信することができます。

iPhoneのカメラシャッター音を消す方法

iPhoneのカメラで撮影する際に必ず「カシャッ」という音が鳴り、場所によっては気まずい思いをしてしまうことがありますが、音を消すことができます。カメラの撮影音を消す方法が次の通りです。設定アイコンを開き一般を選択します。一般のメニューの中から、アクセシビリティを選択し、アクセシビリティの一覧内にある「AssistiveTouch」を開きます。

AssistiveTouchを開いたら、「最上位メニューをカスタマイズ」を選択します。画面上にアイコンががいくつか表示されますので、アイコンを削除していき1個まで減らします。1個まで減らしたアイコンに「消音」の設定をおこないます。AssistiveTouchを押し、消音を実行します。これにより、iPhoneでカメラを撮影する際は、スクリーンショットを撮る際も「カシャッ」というシャッター音が聞こえなくなります。

iPhoneを早く充電する方法

iPhoneを早く充電するためには、バックグラウンドで動いているアプリをすべて閉じる必要があります。ホームボタンを2回押すことで、完全終了していないアプリが表示されますので、上にスワイプをして完全終了させていきましょう。バックグラウンドで動いているアプリを無くすことにより、iPhoneを早く充電することができるようになります。

また、機内モードをオンにするだけでも、早く充電することができます。iPhoneはインターネットに接続されている状態だとバッテリーを消費してしまいますので、その分充電が遅くなります。

機内モードをオンにすることでインターネットとの接続を解除することができますので、その分充電が早くなります。iPadも持っている場合は、iPadの電源アダプタとLightningケーブルを使って充電することで、iPhoneを早く充電することができます。

作成中のメール本文を一気に消す方法

メールの長文を書いたのはいいけど、やっぱりすべて消したいときがあると思います。iPhoneの場合は、削除キーを押しても1文字ずつの削除になり、長文を消すには時間がかかります。そんな時はiPhoneを振ることで、簡単に一気に削除することができます。iPhoneを振ると「やり直す-入力」というメッセージが表示されますので、「やり直す」を押せば、すべて一気に削除することができます。

連続して英字の大文字を入力できる方法

通常、iPhoneで英字の大文字も入力しようとすると、キーボードの左下の上矢印マークを押して、英字キーを押します。この方法だと1文字入力するごとに小文字に設定が戻ってしまい、大文字を連続して入力したい際は上矢印マークを都度押さないといけなくなります。しかし、次の方法であれば連続して英字の大文字を入力できます。

キーボードの上矢印を2回連続で押すとCapsLock状態になりますので、都度上矢印マークを押さなくても大文字を連続入力することができます。解除する場合は、上矢印マークを押すと通常通りに戻ります。英文を入力する場合はに使いましょう。

iPhoneのホーム画面にショートカットを作成する

いつも見るようなWebサイトがあり、アプリがない場合は、ホーム画面にショートカットを作成することができます。作成方法は次の方法です。ショートカットを作成したいWebサイトを表示している画面で、画面下部にある□マークをタップします。

さまざまなアイコンが表示されますので、「ホーム画面に追加」を選択します。作成したショートカットには好きな名前を付けることができます。これにより、都度検索してWebページを表示しなくても、毎回アプリのように開くことができるようになります。

カレンダーを和暦表示にする方法

iPhoneの標準カレンダーの使い勝手が良いことから愛用している人も多いと思います。通常は西暦表示ですが、和暦表示に変更することができます。設定アイコンから一般を選択し、言語環境を選びます。言語環境を開いたら「カレンダー」を選択し、和暦を選びます。これにより、カレンダー表示は和暦になります。西暦表示に抵抗がある場合におすすめです。

アイコンサイズを変更する方法

iPhoneのホーム画面の各アイコンのサイズを変更することができます。アイコンのサイズの変更方法は次の通りです。設定アイコンを開き、「画面表示と明るさ」を選択します。「画面表示と明るさ」画面で「表示」を選択し、「標準」か「拡大」を選びます。プレビューも表示されますので、確認して決めることもできます。アイコンのサイズにより、iPhoneのホーム画面に並ぶアイコンの数が変わります。

Safariで画像や広告を削除する方法

Safariでニュースサイトなどを見ていると画像が邪魔だったり、広告が表示されたりして見にくい場合があります。Safariではワンタッチで画像や広告を消してテキストだけの画面に変えることができます。方法は次の通りです。

Safariのアドレスバーの左側にあるマークをラップすると、テキストだけの画面に切り替わります。フォントやサイズなども変更することができ、背景色も4色から選ぶことができます。ニュース記事など集中して読みたい場合におすすめの方法です。

まとめ

今回は、iPhoneユーザーなら知っておきたい楽しいiPhoneの裏技について紹介いたしました。どの裏技も簡単にできる技でありながら、iPhoneを非常に便利にしますし、毎日のiPhone操作が楽しくなります。まだまだ他にも便利で楽しくなる裏技がたくさんありますので、どんどん裏技を見つけていきましょう。今回紹介したiPhoneの裏技も気になるものがあれば、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です