iPhoneユーザーなら試してみたい裏技10選

LINEで送る
Pocket

48d552fc49ae27f62802c2cf108f3716_s

今回は、iPhoneユーザーなら試してみたい裏技10選について紹介いたします。iPhoneにはさまざまな便利な裏技があり、裏技を知ることで、よりiPhoneを便利に快適に使っていくことができます。ここでは、数あるiPhoneの裏技の中から、厳選した10個を紹介していますので、気になる技があれば、ぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク

iPhoneユーザーなら試してみたい裏技

iPhoneのアプリのアイコンサイズを変更する方法

iPhoneのホーム画面に表示されている各アプリアイコンのサイズを変更することができます。サイズの変更をする方法は、設定アプリから、「画面表示と明るさ」を開きます。「画面表示と明るさ」画面が表示されたら、「表示」を選択し、「拡大」に設定します。

「拡大」に設定することでアプリアイコンの大きさが大きく表示されるようになります。メッセージアプリやメールアプリとも連動しており、これらアプリを使用しているときの表示サイズも大きくなります。元に戻したい場合は同じ要領で「標準」を選択すると元の大きさに戻ります。

充電を素早くする方法

すぐにiPhoneをフル充電することができたら便利ですよね?iPhoneを充電する際に「フライトモード」にするだけで、普通に充電するよりも素早くフル充電をすることが可能になります。方法は簡単で、iPhoneを画面下から上へスワイプしコントロールセンターを表示させます。コントロールセンターの一番左に飛行機のマークがありますので、オンにして充電するだけです。

iPhoneは通常、充電中もさまざまな機能により、モバイルデータ通信を使用しているためバッテリーの消費もし、充電に時間がかかってしまいます。フライトモードにすることで、モバイルデータ通信などすべての機能がオフ設定になり、通常よりも素早く充電することができるようになります。早く充電をしたい場合は、フライトモードで充電するようにしましょう。

safariで表示されているタブを一括で閉じる方法

safariで開いているタブを一気に閉じることができます。一括で閉じる方法は次の通りです。safariの画面で右下にある□マークを長押しします。すると、「新規タブ」と「◯個のタブを閉じる」と表示されますので「◯個のタブを閉じる」を選択すると、開いているタブを一括で閉じることができます。これにより、スピーディに必要のないタブを閉じることができるようになります。

safariの閉じたタブを再表示させる方法

safariで閉じたタブを簡単に再表示させることができます。方法は次の通りです。タブの切り替え画面を表示させ新規作成の「+」マークを長押しすると、「最近閉じたタブ」画面が表示され再表示されます。または、ブックマークタブから「履歴」を選択し、削除してしまったページを選択することで、再表示することができます。簡単にもう1度見直すことができますので便利です。

引用文を簡単に削除する方法

iPhoneのメールで相手に返信をしようとすると、必ず相手のメール内容やそれまでのやり取りが引用として表示されてしまいます。ここでは、引用文を簡単に削除する方法を紹介します。メールの返信画面で、画面の空欄部分を長押しします。長押しすると「選択」「全選択」「ペースト」のメニューが表示されますので「全選択」を選びます。

画面が全選択された後にキーボードのバックスペースをタップすると引用文がすべて削除されます。もしくは、受信メールの表示画面で、差出人の名前をタップし連絡先を表示させメールアドレスをタップします。メールアドレスをタップすることで、引用文のない新規メール作成画面が表示されます。

カレンダーを和暦表示にする方法

iPhoneの標準カレンダー表示を西暦から和暦にすることができます。設定変更方法は次の通りです。設定アプリから、一般を開きます。次に、「言語と地域」を選択し、カレンダーを選び、「和暦」にチェックを入れます。これにより、カレンダーの表示が和暦になり、メモや写真、メールアプリも日付表示がすべて和暦に変わります。和暦になるだけで雰囲気が大きく変わりますので、気分転換にもおすすめです。

iPhoneを持ち上げるだけでスリーブ状態を解除する方法

iOS10〜iPhoneを持ち上げるだけで、スリーブ状態を簡単に解除することができます。設定方法は、設定アプリから「画面表示と明るさ」を選択し、「手前に傾けてスリーブ解除」をオン設定にすれば完了です。iPhone6以前の機種では使えず、iPhone6s以降の機種で使えます。iPhoneを持ち上げるだけでスリーブ状態を解除できますので、すぐに操作することができるようになります。

カメラのシャッター音を無音化する方法

iOS10のカメラのシャッター音を無音化することができます。設定方法は、設定アプリより一般を選択し、「アクセシビリティ」を開きます。「アクセシビリティ」画面が表示されたら、「Assistive Touch」を開き、「最上位メニューをカスタマイズ」を選択します。選択すると複数のアイコンが表示されている画面になりますので、画面下の「◯個のアイコン」の「−」をタップし、「カスタム」アイコン1個のみにします。

「カスタム」アイコンをタップし「消音」を選択し、ホーム画面で 「Assistive Touch」を押せば画面に「消音」と表示され、カメラで撮影してもシャッター音が無音となります。ボリュームボタンを触ると、元のシャッター音に戻ります。

ロック画面から緊急電話をかける方法

大きな裏技ではないですが、必ず知っておいた方が良い方法です。パスワードを解除することができないiPhoneでもロック画面でパスコード入力画面を表示させ、画面左下の「緊急」をタップすることで、110番(警察)や119番(消防・救急)などに緊急電話をかけることができます。また、メディカルIDも確認することができます。緊急時には自分のiPhoneだけでなく、人のiPhoneからも緊急電話をかけることができます。

パスコードを4桁に戻す方法

iOS9以降パスコードが6桁になりましたが、4桁に戻すこともできます。設定方法は、設定アプリから「TouchIDとパスコード」を開き、「パスコードを変更」を選択します。古いパスコードを入力した後の、新しいパスコードの入力画面で、「パスコードオプション」をタップします。

タップすると、メニューが表示されますので「4桁の数字コード」を選択すると、4桁のパスコードに変更することができます。「4桁の数字コード」ではなく、「カスタムの数字コード」を選択すれば、1桁や2桁のパスコードに設定することもできます。

まとめ

今回、iPhoneユーザーなら試してみたい裏技10選について紹介いたしました。どの裏技も簡単に覚えることができ、iPhoneをより便利にしてくれるものばかりです。iPhoneには、たくさんの裏技が存在しますので、多くの技を知り、興味のあるものはどんどん使っていきましょう!そうすることで、より快適に楽しくiPhoneを使っていくことができますし、技によっては大きく時間を短縮してくれる可能性もあります。iPhoneの気になる裏技があれば、ぜひ、使ってみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です