iPhoneのアップデートの確認方法とアップデート手順

LINEで送る
Pocket

iPhone の基本ソフトであるiOS については頻繁にアップデートが行われています。システムを動かすためのOSはずっと固定されるものではなく、常に新しい機能が追加されたり、使い勝手を向上させる開発が続けられ改良されています。

そのため、iPhoneのアップデートは基本的にはメリットが多いため、特に理由がなければアップデートすることをお勧めします。一方で、アップデートすることで生じるデメリットや、バージョンによっては致命的な不具合がありアップデートしない方が良い場合などがあります。

本記事ではiPhoneのアップデート前の注意点とアップデートを実行するための環境、アップデート方法についてご紹介していきます。iPhoneのアップデート全般について理解を深めたいという方は、本記事と一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneをアップデートする時の注意点

iPhoneをアップデートする際には、アップデートを実施する際の注意点について理解をしておくことが大切です。アップデート中に問題を発生させないためにも、環境を整備しておくことも忘れずにやりましょう。

アプリやファイルの取り扱い

まず、iOS をアップデートしても、ファイルやアプリなどが失われることがないので、その点は安心してください。一方で、アプリによっては最新のバージョンのiOSをフォローしていない場合があり、その場合はアプリを起動中に不具合が生じたりする場合があります。

一般的なアップデートを実施した後で生じる不具合情報については検索などで調べ、特定のアプリをヘビーユーズしている場合には、運営者が発表している情報を確認してから、iPhoneをアップデートするか否かの判断をするようにしましょう。

インターネット回線を整える

アップデートを始める前にiPhoneをwi-fi に接続しましょう。iOS のアップデートはダウンロードするファイルの容量が大きいので、携帯のパケット通信を利用しない方がパケット代の節約になります。また、通信速度もWi-fiの方が速い場合が多いので、アップデートにかかる時間も短縮することができるようになるでしょう。

空き容量を確認しておく

また、iPhone の残り容量が少なくなっている場合にはアップデートが出来ません。その場合には、iTunes を利用すると少ない容量でもアップデートが可能になります。それでも容量が足りない場合には、保存されているコンテンツのいくつかを必要なだけ削除する必要があります。

不要なiPhone内にあるデータをiCloudなどに移行させるなどして、iPhone本体の容量は常に余裕のある状態にキープできるようにしておきましょう。

電源に接続しながら実施する

また、アップデートをする場合には、できれば電源を接続することをお勧めします。iPhoneのアップデート中に万が一電源が落ちてしまった場合などは不具合が発生する原因となってしまいます。

この問題を防ぐためにもiPhoneのアップデートは電源を繋げながら実施する習慣にしておくと安心です。

iPhoneのアップデート前にはバックアップを取得する

アップデート後に問題があった際に元の状態に戻すためにも、iPhoneのバックアップを取得してからアップデートを実施することをおすすめします。バックアップの取得方法についてはこちらの記事で紹介しておりますので是非確認してみてください。

iPhone本体からアップデートを実行する手順

アップデートが利用出来るようになると、[設定]のところに表示されます。まずはその内容を確認するため[設定]をタップします。

CW_151027_1

設定のところに数字のマークがついていれば、何かのアップデートがあります。タップして確認しましょう。画面のように[一般]のところに数字が表示されていれば、そこをタップします。

CW_151027_2

[設定]の中に、どこにアップデートがあるか表示されます。[一般]に数字が表示されているので、ここをタップします。

[ソフトウェアアップ…] のところに数字がありますので、ここをタップします。数字が表示されていないときには [ソフトウェアアップデート] と表示されています。

CW_151027_3

[ソフトウェアアップデート]に数字が入っていて、iOS のアップデートがあることが示されています。

アップデートの内容が説明されていますので、確認しましょう。必要がないと思われる場合でも説明にないセキュリティの向上などがあることも多いので、特に理由がなければ、一番したに表示されている[今すぐインストール] をタップしてインストールを開始してください。

CW_151027_4

[ソフトウェアアップデート] のアップデート内容を一番下まで確認すると[今すぐインストール]が表示されています。インストールを開始すると途中で中止することは出来ません。

インストールを開始すると途中で止めることは出来ません。そのまま完了するまで待ちましょう。インストールには多少時間がかかります。電話も受けられませんので、インストールを開始するときには注意してください。一通りインストールが完了すると規定のメッセージが出ますので、メッセージに従って設定を完了すれば終了です。

iTunesを利用するアップデート

空き容量に余裕がない場合は、iTunes を利用してiPhoneをアップデートすることがおすすめです。アップデートに必要なファイルをコンピューター側にダウンロードするので、その分の iPhone の容量が必要なく、またパソコンに接続されているインターネット回線を利用するため、通信量も節約することができます。

  1. まずは、iPhone を接続するコンピューターに最新のiTunes をインストールしましょう。
  2. その後、コンピューターにiPhone を接続します。
  3. iTunes を開いて該当のiPhone を選択します。
  4. [概要] をクリックして「アップデートを確認」をクリックします。
  5. [ダウンロードしてアップデート] をクリックします。

iTunesからも非常に簡単な手順でiPhoneのアップデートを実行することができます。近くにパソコンがある場合はiTunesからのiPhoneのアップデートを積極的に利用するようにしていきましょう。

iPhoneのアップデート前にアップデートの内容を確認する方法

img_1001

実施されるアップデートの内容については、iPhoneの「設定」アプリから閲覧することができます。「設定」アプリを開いたら「一般」を選択し、ソフトウェアアップデートをクリックします。このときに表示される内容が、主な今回のiPhoneアップデートの内容となるものです。

アップデート内容を事前に把握しておき、アップデート後にその箇所を触って新機能を楽しむこともiPhoneのアップデートの楽しみ方の一つです。また、より詳しい情報については「詳しい情報」の項目をタップすることで閲覧することが可能です。Appleの開発経緯を知ることができますので、ご興味があれば是非一度閲覧してみてください。

まとめ

iOS のアップデートはユーザーから要望の多い機能の向上が行われることが多いです。またセキュリティの向上が必要な場合もあります。特に理由がなければ、アップデートすることがお勧めです。せっかくなのでアップデートに伴って実装される機能も試してみて、自分に必要なものかどうかも判断してみるといいと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です