Home / Apple / iPhone / iPhoneのアップデートの確認方法とアップデート手順

iPhoneのアップデートの確認方法とアップデート手順

Pocket

iPhone の基本ソフトであるiOS については頻繁にアップデートが行われています。システムを動かすためのOSはずっと固定されるものではなく、常に新しい機能が追加されたり、使い勝手を向上させる開発が続けられ改良されています。

そのため、iPhoneのアップデートは基本的にはメリットが多いため、特に理由がなければアップデートすることをお勧めします。一方で、アップデートすることで生じるデメリットや、バージョンによっては致命的な不具合がありアップデートしない方が良い場合などがあります。

本記事ではiPhoneのアップデート前の注意点とアップデートを実行するための環境、アップデート方法についてご紹介していきます。iPhoneのアップデート全般について理解を深めたいという方は、本記事と一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneをアップデートする時の注意点

iPhoneをアップデートする際には、アップデートを実施する際の注意点について理解をしておくことが大切です。アップデート中に問題を発生させないためにも、環境を整備しておくことも忘れずにやりましょう。

アプリやファイルの取り扱い

まず、iOS をアップデートしても、ファイルやアプリなどが失われることがないので、その点は安心してください。一方で、アプリによっては最新のバージョンのiOSをフォローしていない場合があり、その場合はアプリを起動中に不具合が生じたりする場合があります。

一般的なアップデートを実施した後で生じる不具合情報については検索などで調べ、特定のアプリをヘビーユーズしている場合には、運営者が発表している情報を確認してから、iPhoneをアップデートするか否かの判断をするようにしましょう。

インターネット回線を整える

アップデートを始める前にiPhoneをwi-fi に接続しましょう。iOS のアップデートはダウンロードするファイルの容量が大きいので、携帯のパケット通信を利用しない方がパケット代の節約になります。また、通信速度もWi-fiの方が速い場合が多いので、アップデートにかかる時間も短縮することができるようになるでしょう。

空き容量を確認しておく

また、iPhone の残り容量が少なくなっている場合にはアップデートが出来ません。その場合には、iTunes を利用すると少ない容量でもアップデートが可能になります。それでも容量が足りない場合には、保存されているコンテンツのいくつかを必要なだけ削除する必要があります。

不要なiPhone内にあるデータをiCloudなどに移行させるなどして、iPhone本体の容量は常に余裕のある状態にキープできるようにしておきましょう。

電源に接続しながら実施する

また、アップデートをする場合には、できれば電源を接続することをお勧めします。iPhoneのアップデート中に万が一電源が落ちてしまった場合などは不具合が発生する原因となってしまいます。

この問題を防ぐためにもiPhoneのアップデートは電源を繋げながら実施する習慣にしておくと安心です。

iPhoneのアップデート前にはバックアップを取得する

アップデート後に問題があった際に元の状態に戻すためにも、iPhoneのバックアップを取得してからアップデートを実施することをおすすめします。バックアップの取得方法についてはこちらの記事で紹介しておりますので是非確認してみてください。

iPhone本体からアップデートを実行する手順

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneXは今までとは格別!使い方から隠れた便利機能まで徹底解説

先日iPhoneXシリーズの最 …

Facebookでのご購読が便利です