これで問題なし!iPhoneのアップデート方法とエラーになる時の原因と対策

LINEで送る
Pocket

iPhoneのOSである「iOS」は定期的にアップデートが行われます。アップデートをすることで新しい機能が追加されたり、不具合が修正されたりするため、iPhoneを使っていく上では必須となります。

アップデート自体は難しい操作は必要ありませんが、ちゃんと準備していないとアップデートに失敗したり、最悪iPhoneが起動しないなんてことも起こりえます。そこで今回はiPhoneをアップデートする方法と、アップデートがエラーになる場合の原因と対策について解説します。

スポンサーリンク

iPhoneのアップデート前にデータのバックアップを取得する

iPhoneをアップデートする前に、まずはデータのバックアップを取りましょう。バックアップを取っておけば万が一アップデートに失敗したりデータが消えても安心です。iPhoneのバックアップを取る方法は2つあります。

iTunesを使う方法

1つはiTunesを利用してバックアップする方法です。パソコンでiTunesを起動したら、iPhoneをパソコンと接続します。左上にiPhoneのマークが出るのでクリックします。するとiPhoneの概要画面に移ります。

下のバックアップの項目に「今すぐバックアップ」というボタンがあるのでこれをクリックします。これでバックアップが取得できます。

iCloudを使う方法

もう1つの方法はiCloudを使ってバックアップを取る方法です。iCloudアカウントが必要ですがわざわざパソコンを使う必要がないですし、iCloudなら自動でバックアップされるのでこちらの方が楽です。

iPhoneの設定を開きiCloudをタップします。iCloudの設定画面になるので「バックアップ」をタップします。

バックアップの設定画面になるので「iCloudバックアップ」をタップしてONにします。これでiCloudのバックアップがオンになり、「iPhoneが電源に接続されている」「ロックされている」「Wi-Fiに接続されている」の3つの条件を満たすと自動でバックアップが作成されます。

iPhoneでアップデートする方法

データのバックアップが終わったらいよいよアップデートを行います。まずはiPhone単体でアップデートする方法を説明します。

最新のアップデート内容を確認する

まずは最新のアップデートを確認します。「設定」->「一般」->「ソフトウェアアップデート」と進みます。アップデートがある場合、アップデートの内容を確認することができます。

アップデートがない場合は現在のiOSのバージョンと、現在のバージョンが最新である旨が表示されます。

アカウント名・パスワードの再確認

iPhoneのアップデートが完了した後にApple IDのアカウント名とパスワードを入力する必要があります。なので、アップデートする前に再度アカウント名とパスワードの確認をしておきましょう。

万が一アカウント名やパスワードを忘れてしまった場合はAppleのホームページからアカウントIDの確認およびパスワードの再発行を行いましょう。

空き容量をアップデート前に確保する

iPhoneでアップデートを行う場合は、アップデートのためのデータをいったんiPhoneにダウンロードして行います。そのためiPhoneにある程度の容量の空きが必要です。必要な容量はアップデートのバージョンによって異なりますが、時には数GBの容量が必要になるときもあります。

アップデートする前には不要なアプリを削除するなどして空き容量を確保しておきましょう。iPhoneの空き容量は「設定」->「一般」->「情報」から確認することができます。

iPhoneの画面の自動通知からアップデート

新しいアップデートが配信され、iPhoneの準備が出来ているとアップデートに関する通知が送られてきます。その場合は通知の「今すぐアップデート」をタップするだけでアップデートが開始されます。

手動でiPhoneからアップデートする方法

通知からアップデートせず手動で行う場合は「設定」->「一般」->「ソフトウェアアップデート」からアップデートを行うことができます。

iPhoneのアップデートの際の注意点

Wi-Fi環境を整える

iPhoneをアップデートする際にはWi-Fi経由でアップデートに必要なデータをダウンロードします。Wi-Fiの速度が遅いとダウンロードが遅くなり、アップデート全体にかかる時間が多くなってしまいます。また、あまりにも遅い場合はデータのダウンロードが出来ずアップデートに失敗してしまいます。

iPhoneでアップデートする場合はしっかりとしたWi-Fi環境を整えるようにしましょう。

電源に接続しておく

iPhoneのアップデートは基本的にはかなり時間がかかります。アップデート途中でバッテリーが切れて電源が落ちてしまうとアップデートに失敗してしまい、最初からやり直さないといけません。最悪の場合、そのまま故障してiPhoneが起動しなくなることもあり得ます。アップデートをする際は必ずiPhoneを充電しながら行い、途中で電源が落ちないようにしましょう。

アップデートすると元に戻せない

iPhoneは一度アップデートすると古いバージョンに戻す事が出来ません。アップデートの内容によっては大きく操作感が変わったり、不具合がでてしまうことがありますが、元には戻せないということを理解したうえでアップデートするようにしましょう。

パソコンのiTunesからiPhoneをアップデートする方法

iPhoneのアップデートはパソコンを接続してiTunesから行うことができます。パソコンを準備する必要がありますが、iPhone本体の容量が不足していてもアップデートできますし、iPhone単体でやるよりも短い時間で出来ることが多いので、余裕があればパソコンを使ってアップデートしても良いでしょう。

ここではパソコンのiTunesからアップデートをする方法を説明します。

最新バージョンのiTunesか確認する

iTunesを使ってiPhoneをバージョンアップするためには、まずiTunesのバージョンが最新である必要があります。そのためにiPhoneのアップデートを行う前にiTUnesのバージョンを確認しておきましょう。

iTunesのバージョンはメニューの「ヘルプ」->「更新プログラムを確認」から行えます。

更新プログラムを確認から行う

iTunesのバージョンの確認が出来たら早速iPhoneのアップデートを行います。iPhoneをパソコンに接続し、iTunesの左上のiPhoneのマークをクリックして、iPhoneの概要を表示します。

その画面にある「更新プログラムの確認」をクリックします。アップデートの有無が確認され、アップデートが発見された場合はアップデートが開始されます。

iPhoneのアップデートができない、エラーが出る原因と対策

iPhoneのアップデートがエラーになる主な原因

容量が足りない

iPhoneだけでアップデートする場合、一度アップデートのためのデータを本体にダウンロードします。そのため本体のストレージ容量がある程度必要になります。容量が足りないとアップデート途中で失敗してしまったり、そもそもアップデートが開始できない場合があります。

容量が足りないときは不要なアプリやデータを削除したり、Dropboxのようなクラウドストレージに移したりして本体の容量を確保するようにしましょう。

Wi-Fiの速度が遅い

iPhoneだけでアップデートする場合はWi-Fi経由でアップデートのデータをダウンロードします。もしWi-Fiの速度が遅すぎるとデータのダウンロードに非常に時間がかかりますし、時にはダウンロードに失敗してしまうこともあります。

アップデートをする際はWi-Fi環境を整えてから行うようにしましょう。もしWi-Fi環境を整えられない場合はパソコンを使ってiTunes経由でダウンロードしたほうが良いでしょう。

iPhoneを脱獄している

本来、iPhoneにインストールできるアプリはAppStoreに掲載されているものだけです。しかし、iPhoneを改造してこの制限を取り払い、さまざまなアプリをインストールできる状態にすることができます。このことを脱獄と言います。

iPhoneが脱獄状態だとiPhone単体でアップデートをすることができません。脱獄自体は違法ではありませんがAppleは脱獄を認めているわけではありませんので、当然と言えば当然です。

ただし、脱獄をしていてもiTunesを経由すればアップデートすることができるようなので、もし脱獄をしている場合はiTunesでアップデートしましょう。

Appleのサーバーに問題が発生している

iPhoneやWi-Fiなどに一切問題がないにも関わらずアップデートができないときは、Appleのサーバー側に問題が発生している可能性があります。

とくにアップデート配信直後はたくさんのiPhoneユーザーが同時にアップデートしようとするためサーバーへのアクセスが集中し、サーバーが遅くなったりします。するとアップデートしようとしてもなかなかサーバーにつながらず、アップデートができないことがあります。

そのような場合はこちらで出来ることはないので、少し時間をおいてからアップデートを行いましょう。混雑が解消されたり、サーバーが復旧したりすればアップデートができるようになります。

iTunesを最新版に更新する

パソコンでiTunesを利用してアップデートする場合はiTunesのバージョンも確認しておきましょう。iTunesのバージョンが古い場合はアップデートに失敗してしまうことがあります。

iTunesでアップデートする場合は必ずiTunesを最新のバージョンにアップデートしてから行うようにしましょう。

リカバリーモードからiPhoneを復元する

iPhoneには本体を初期化するための「リカバリーモード」があります。通常リカバリーモードはiPhoneをパソコンに接続した状況で電源ボタンとホームボタンをずっと押し続けることで起動します。

しかし、それだけでなくiPhoneのアップデートに失敗した際にもリカバリーモードが起動することがあります。

アップデート中にWi-Fiが途切れてしまった、アップデート中でデータを書き換えている時に本体の電源が切れた、パソコンでアップデートしている時にパソコンの電源を切ってしまった、などが原因でiPhoneのアップデートが中断された場合、iPhoneが正常に起動できなくなり、代わりにリカバリーモードが起動します。

リカバリーモードからiPhoneを復元するには、リカバリーモードのiPhoneをパソコンにつなぎ、iTunesから「復元(初期化)」をクリックします。これでiPhoneが初期化され、リカバリーモードから復元されます。

アップデート前には必ずバックアップを

リカバリーモードから復元するとiPhoneが工場出荷状態まで初期化されます。つまりiPhoneに入っていたアプリやデータなどはすべて消去されてしまいます。

アップデートを行ったらリカバリーモードになってしまい、データがすべて消えるというケースは少なくありません。そういった場合に備えるためにも、アップデートする前には必ずバックアップを取るようにしましょう。

また、容量の確認やWi-Fi環境の整備、電源への接続などを必ず行って、アップデートに失敗しないようにしましょう。

まとめ

今回はiPhoneをアップデートする方法とアップデートに失敗したときの原因と対策について解説しました。アップデート自体は決して難しい物ではありませんが、アップデートに失敗してしまうこともありますし、最悪の場合データが消えてしまう、ということもあります。

そのためアップデートの前には容量の確保やバックアップの取得などの準備をしっかりして、万が一に備えるようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です