iPhoneの通話料を抑えるためのヒント

LINEで送る
Pocket

高速化

今回、iPhoneの通話料を抑えるためのヒントについてご紹介いたします。通信量は家計の中でもトップ5に入るくらい高かったりします。通信量の内訳は、パケット通信と通話料の大きく2つです。パケット通信などのネットワークにかかる費用はWi-Fiネットワークなどの活用やパケット定額などのサービスである程度抑えることができるようになりました。通話料に関しても同様に安く抑えるための様々なサービスがありました。

MVNOなどを利用することもできますが、既存のiPhoneで通話料を安く抑えるためのヒントについて、「同じキャリアであればキャリア間の無料通話サービスを使う」「LINE通話やSkype通話を使う」「FaceTimeで通話する
」「アプリを使う」を紹介していきます。少しの工夫で通話料を今よりも安く抑えることができ、浮いた分を他の費用に充てることなどもできるようになりますので、iPhoneを使っている方も、他のスマートフォンを使っている方も、お時間ある際に、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの通話料を抑えるためのヒント

同じキャリアであればキャリア間の無料通話サービスを使う

大手キャリアのドコモ、ソフトバンク、auのiPhoneを使っている方は、ご存知のサービスですが、各キャリア共に、同一キャリア同士の通話であれば、通話料が無料になったり、割引されたりするサービスがあります。ホワイトプランやカケホーダイ、家族間通話サービスなどがそうです。同一キャリアであれば格安で通話することができますので、よく通話する人達と使っているiPhoneのキャリアが異なる場合は、キャリアを合わせることで通話料を安く抑えることもできます。また、同一キャリア同士だと分かっている場合は、多少長電話しても通話料が安く収めることができます。

LINE通話やSkype通話を使う

通話相手と同じアプリをiPhoneに入れておくことで無料通話できるサービスなどもあります。大人の方であればSkypeなどが使いやすいでしょう。若い方であれば、LINE通話が1番です。だれもがLINEアプリを使っているので、無料通話で話すことができます。電波もよく通話品質も良いため、音声もクリアに聞こえます。LINE通話の場合は、話したい人のメッセージやり取り画面で右上の通話マークをタップすれば相手に連絡することができます。マナーモードの場合はバイブは反応しませんので、注意が必要です。

FaceTimeで通話する

通話相手が同じiPhone同士であれば、FaceTimeを利用することで、無料通話をすることができます。FaceTimeはIP電話なので、利用するのはパケットのみです。そのため、Wi-Fiネットワークが使える環境でFaceTimeは利用するようにしましょう。FaceTimeの使い方は簡単で、通話したい相手を連絡先から選択し、詳細画面で、FaceTimeの通話ボタンをタップするだけです。もし相手がiPhoneでない場合や、通話ができない状況の場合は、エラーとなりますので、分かりやすいです。

アプリを使う

iPhoneから、固定電話に電話する場合や、Androidスマートフォン、ガラケーなどに電話する場合は、通話料を安くできる専用アプリを使うようにしましょう。

050 plusアプリ
050plusは、固定電話への通話であれば8.64円/3分、携帯電話・スマートフォンへの通話であれば17.28円/1分、同じ050plusアプリ同士であれば通話料無料で通話することができます。月額基本料として税込324円はかかりますが、格安の通話料金で抑えることができるようになります。ただし、IP電話のため、アプリ名の050plusという名の通り、電話番号の表示が050〜になります。NTTコミュニケーションズが提供するサービスなので通話品質もクリアです。

SMARTalkアプリ
SMARTalkアプリは、スマートフォンの通話料を安くするIP-Phone SMARTの公式IP電話(
VoIO)アプリです。電話番号表示が050〜になりますが、通話料金を最大60%安くします。通話録音をすることもでき、通話録音したデータはアプリ内で再生することもできます。また、周囲の雑音をカットするノイズキャンセリング機能や、アプリ起動時の着信音を自分で設定することもできます。プッシュ通知で着信も可能なため、アプリをバックグラウンドで起動しておく必要がないため、バッテリー消費も抑えることができます。月額料金も0円で使え、大幅に通話料を安く抑えることができるようになるアプリです。

楽天でんわアプリ
楽天でんわアプリは、番号はそのままで通話料を安く抑えることができるお得な電話アプリです。楽天でんわはIP電話とは異なるため、電話番号そのままで利用することができます。しかも通話にはインターネット回線ではなく、電話回線を使うので、通話相手ともスムーズにコミュニケーションを取ることができます。しかも初期費用・月額基本料は一切かからず0円です。また、毎月使った分だけ、後払いすることができるため、他の電話サービスのように前払いの必要がありません。更に、通話料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるようになっています。楽天カードで通話料を支払う場合は、ポイントが2倍にアップし、たまったポイントで様々なサービスを利用することができるようになります。

G-Callアプリ
G-Callアプリは、スマートフォンの通話料を半額以下にすることができる電話サービスです。基本料無料で、10円/30秒の通話料で国内通話ができます。また、IP電話ではないので、番号そのままで、高品質な通話をすることができます。日本からでも、海外からでも、同サービスを利用することができ、全通話明細はホームページで見ることができダウンロードすることもできます。訪日外国人向けのSIMなども提供しており、電話に関する様々なサービスを行っているG-Callのスマートフォン向けアプリを使うことで通話料を大幅に安く抑えることができるようになります。

LaLa Callアプリ
LaLa Callアプリを使うことで、スマートフォン・携帯電話への通話料は18円/1分に抑えることができるようになります。また、固定電話への通話料も8円/3分と格安通話を行えます。さらに、海外から国内への通話の場合もLaLa Callのサービス料金がそのまま適用されます。月額料金も100円と格安で、無料で留守番電話機能も付いているため、大事な電話を逃しません。通話履歴や明細もスマートフォンから確認することができるので、月々の通話の見直しに役立ちます。

まとめ

今回、iPhoneの通話料を抑えるためのヒントについてご紹介いたしました。同じキャリアか確認し、キャリア間のサービスを使ったり、そうでない場合は、フェイスタイムやLINE、Skypeを使うことで、通話料無料で話すことができます。

これらのサービスが使えない通話先に関しても、専用アプリを使うことで、固定電話やAndroidスマートフォン、ガラケーへの通話料も大幅に安く抑えることができるようになります。通話料を安く抑えることは面倒な作業などは一切必要なく、ちょっとした注意だけで、今よりも安い通話料で済むようになります。安くなった分他の生活費や買い物、サービスなどにまわすことができますので、極力安くなるよう、最大限活用していきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です