Home / Apple / iPhone / iPhoneの通話料を抑えるためのヒント

iPhoneの通話料を抑えるためのヒント

Pocket

高速化

今回、iPhoneの通話料を抑えるためのヒントについてご紹介いたします。通信量は家計の中でもトップ5に入るくらい高かったりします。通信量の内訳は、パケット通信と通話料の大きく2つです。パケット通信などのネットワークにかかる費用はWi-Fiネットワークなどの活用やパケット定額などのサービスである程度抑えることができるようになりました。通話料に関しても同様に安く抑えるための様々なサービスがありました。

MVNOなどを利用することもできますが、既存のiPhoneで通話料を安く抑えるためのヒントについて、「同じキャリアであればキャリア間の無料通話サービスを使う」「LINE通話やSkype通話を使う」「FaceTimeで通話する
」「アプリを使う」を紹介していきます。少しの工夫で通話料を今よりも安く抑えることができ、浮いた分を他の費用に充てることなどもできるようになりますので、iPhoneを使っている方も、他のスマートフォンを使っている方も、お時間ある際に、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの通話料を抑えるためのヒント

同じキャリアであればキャリア間の無料通話サービスを使う

大手キャリアのドコモ、ソフトバンク、auのiPhoneを使っている方は、ご存知のサービスですが、各キャリア共に、同一キャリア同士の通話であれば、通話料が無料になったり、割引されたりするサービスがあります。ホワイトプランやカケホーダイ、家族間通話サービスなどがそうです。同一キャリアであれば格安で通話することができますので、よく通話する人達と使っているiPhoneのキャリアが異なる場合は、キャリアを合わせることで通話料を安く抑えることもできます。また、同一キャリア同士だと分かっている場合は、多少長電話しても通話料が安く収めることができます。

LINE通話やSkype通話を使う

通話相手と同じアプリをiPhoneに入れておくことで無料通話できるサービスなどもあります。大人の方であればSkypeなどが使いやすいでしょう。若い方であれば、LINE通話が1番です。だれもがLINEアプリを使っているので、無料通話で話すことができます。電波もよく通話品質も良いため、音声もクリアに聞こえます。LINE通話の場合は、話したい人のメッセージやり取り画面で右上の通話マークをタップすれば相手に連絡することができます。マナーモードの場合はバイブは反応しませんので、注意が必要です。

FaceTimeで通話する

通話相手が同じiPhone同士であれば、FaceTimeを利用することで、無料通話をすることができます。FaceTimeはIP電話なので、利用するのはパケットのみです。そのため、Wi-Fiネットワークが使える環境でFaceTimeは利用するようにしましょう。FaceTimeの使い方は簡単で、通話したい相手を連絡先から選択し、詳細画面で、FaceTimeの通話ボタンをタップするだけです。もし相手がiPhoneでない場合や、通話ができない状況の場合は、エラーとなりますので、分かりやすいです。

アプリを使う

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

gmailの受信通知をカスタマイズ!gmailの通知設定方法全3種類

Gmailは、今や使っていない …

Facebookでのご購読が便利です