iPhoneがつかない原因と対処法

LINEで送る
Pocket

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

iPhoneの電源が急につかなくなったことはありませんか。すぐに電源がついて復活すればいいですが、そうでない場合は連絡もできないため大変です。なぜ、急に電源がつかなくなるのでしょうか。

また、そういった事態にあった場合はどうすればいいのでしょうか。ここでは、iPhoneがつかない場合の原因や対処法について紹介します。今までこのような経験がある方もそうでない方も、知っておいて損はありませんので、考えられる原因や対処法を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

1. iPhoneがつかない原因

b517f7c8c00f972a842f06ddde36187b_s

急にiPhoneの電源がつかなくなった場合は、まずは考えられる原因について整理しましょう。原因がある程度把握できていると、スムーズに対処ができます。電源がつかなくなる主な原因は下記のとおりです。

1.iOSなどのソフトウェアが原因で電源がつかない

iOSなどのソフトウェアに原因があり、iPhoneの電源がつかないことも可能性として考えられます。「iOSを新バージョンにアップデートしたら電源がつかなくなった」場合などは、まさにソフトウェアが原因である可能性が高いです。

最新バージョンのiOSだとしても、不具合によりこのようなことが起きることはあります。仮にiOSのソフトウェアに原因がある場合は、Appleがすぐに不具合を解消した新バージョンをリリースするはずですので待つしかありません。

2.基盤の故障で電源がつかない

iPhoneの基盤が故障して電源がつかないのかもしれません。非常に便利なiPhoneですが、パソコン同様、電子機器であるため、常に故障リスクがあります。ソフトウェアなどの不具合が原因で電源がつかない場合は、アップデートすることで解決できますが、基盤が故障している場合は修理が必要になります。

3.水濡れがありiPhoneの電源がつかない

iPhoneシリーズはiPhone7より防水加工となりましたが、それ以前のiPhoneは防水加工は施されていません。そのため、水濡れにより電源がつかなくなった可能性もあります。水没していなくても雨の中使って本体が濡れてしまったり、飲み物がこぼれてしまうなどした場合は危険です。場合によっては修理・交換が必要になります。

4.落下させてしまいiPhoneの電源がつかない

落下した衝撃でiPhoneの電源がつかないのかもしれません。iPhoneケースをつけていても高い所から落下した場合は、衝撃の強さから故障する可能性があります。「iPhoneを落としてその後から様子がおかしい。。」という場合の原因はまさにコレです。

5.本体の湾曲により電源がつかない

何か不意にとてつもなく強い力が加わり、iPhoneが湾曲した場合は故障している可能性が高いため、電源もつかなくなります。iPhoneの形状が明らかに普通でない場合は注意しましょう。

2.iPhoneの電源が入らない場合の緊急対処法

iPhoneの電源がつかない場合は、下記の対処法で解決する可能性があります。何回電源をつけようとしても反応がない場合は、AppleStoreや修理店に持っていく前に試してみましょう。ただし、DFUによる初期化を行う場合はデータが消えますので注意ください。

1.電源ボタンとホームボタンの長押し

電源がつかない場合や何らかの不具合が起きた場合に有効なのが「再起動」です。iPhoneの動作がいつもより遅い時や何か調子が悪い場合に再起動をすると、元の状態に戻ることは意外に多いです。再起動の仕方は簡単で、スリープボタンとホームボタンを同時に長押しするだけです。

これにより強制的に再起動が行われます。何も反応がなければ別の方法を試すしかありませんが、Appleマークが表示されれば復活する可能性があります。

2.しっかりと充電する

何らかの故障でiPhoneの電源がつかないと考えていたら、実はただの充電切れだったということもありえます。まずはしっかりと充電してみましょう。もし、充電切れの場合は充電してすぐに使えるわけではありませんので、1時間近くは充電して電源をつけてみましょう。充電切れが原因だった場合は、すぐに復活します。

3.DFUモードによる初期化を行う

DFUモードで初期化する場合はiPhoneに保存されているデータがすべて消去されますので注意してください。DFUモードによる初期化を行う場合は下記手順で進めます。

  1. ①Lightningケーブルなどを使いiPhoneとiTunesがインストールされたパソコンを接続します
  2. ②iPhoneのスリープボタンとホームボタンを同時に長押しして、スリープボタンから先に手を離します
  3. ③パソコンの画面に「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります」という表示が出現したらホームボタンから手を離し、「OK」をクリックします
  4. ④あとは画面に表示される手順で進めるだけで初期化が行われます

4.iOSのアップデート

もし、iOSの新バージョンがリリースされている場合はアップデートを行いましょう。電源がつかないのはソフトウェアの不具合が原因の可能性もあるため、新バージョンへアップデートすることで状況が改善される場合があります。設定アイコンを開き「一般」から「ソフトウェア・アップデート」を選択します。まだアップデートしていないバージョンがあれば、最新にアップデートできます。

3.どうしても直らなかったらAppleStoreへ

どんなことをしてもiPhoneが元に戻らない場合はAppleサポートへ連絡をして最寄りのAppleStoreへ持って行きましょう。遠方の方も配送修理で対応が可能です。

1.配送による修理も可能

近くにAppleStoreがない場合でも、オンラインまたは電話で事前に申し込みすれば配送修理が可能です。修理が必要なiPhoneを配送員に渡せば、約1週間で修理済みのiPhoneが届きます。AppleCare+に加入している場合は交換用iPhoneを届けてくれるエクスプレス交換サービスが利用できます。

2.修理代金は?

iPhoneの修理代金は「AppleCare+」に加入/未加入や状況により異なります。下記はAppleCare+に加入している場合と、保証対象外の場合の代金です。※故障・修理状況により料金が変わる可能性があります。

  1. iPhone7 AppleCare+:11800円 保証対象外:35800円
  2. iPhone6sPlus、iPhone6Plus AppleCare+:11800円 保証対象外:36800円
  3. iPhone6s、iPhone6 AppleCare+:11800円 保証対象外:33800円
  4. iPhone SE  AppleCare+:11800円 保証対象外:30800円

まとめ

急にiPhoneの電源がつかなくなった場合も焦らずに、考えられる原因を突き止めるようにしましょう。そうすることで、原因にあった対処法を行えるため早期の復活が期待できます。また、対処法を試しても状況が改善されない場合はAppleサポートへ連絡するか、街のiPhone修理店へ持って行きましょう。

修理代はかかりますが、元に戻る可能性は高いです。初期化する際はデータが消えてしまいますので注意してください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です