Home / iPhone / iPhoneで利用出来るタッチペンの選び方

iPhoneで利用出来るタッチペンの選び方

Pocket

92d2fdc983c83fc145dbcb261613e636_s

今回は、「iPhoneで利用出来るタッチペンの選び方」について紹介していきます。iPhoneでは、指だけでなくタッチペンを使って操作することもできます。

普段、手帳やメモ帳などに文字を書くような感じでiPhoneにも接したい方や、指だと文字入力や操作がしずらいと感じている方は、タッチペンを使うことで文字入力や文字書き、絵描きなどもスムーズにおこなうことができます。

しかし、タッチペンもたくさんの種類があるため、何を基準に選んだら良いのか特に初めて使う方は分かりません。

今回は、そんなタッチペンの選び方について紹介しています。これからタッチペンを検討している方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneで利用出来るタッチペンの選び方

タッチペンのペン先の素材と形状

iPhoneで利用できるタッチペンのペン先の素材は、ゴム・樹脂・繊維など様々な種類があります。

それぞれ素材によって滑り具合や書き具合など特徴が異なります。多くのタッチペンに使われているディスク素材などは書きやすく人気が高いタッチペン素材の1つです。

樹脂素材のものも素材上細い字を書く場合に向いており、そのような字を書く人に好まれている素材の1つです。

ゴムは柔らかくて弾力があるため柔らかい書き心地となりますし、iPhoneの画面の反応も非常に良いです。

導電性のある繊維素材を使ったペンの場合は、画面での滑りが良く、安定感があり非常に書きやすいです。

透明な板のような素材のペン先のものもあり、他の素材の球のような形でないため、タッチペン独特の書き方となり、その扱いに慣れるまでに時間がかかる素材でもあります。

タッチペンのペン先にはいろいろな素材がありますが、どの素材が良いというのはなく、使う人との相性の問題が非常に大事です。

通常のボールペンなどでも、人によって使いやすく、書きやすく感じるペンは異なるように、タッチペンも同様です。

タッチペンの素材情報をある程度参考にしながら、実際に試し書きをして素材を選ぶと良いでしょう。

人気があるものだと、ディスク素材や繊維素材、ゴム素材のものがベーシックで人気です。

普段使っているようなペンのような使い勝手があるか

iPhoneのタッチペンを選ぶにあたって、普段使っているようなペンのような使い勝手で書けるかどうか、というのは非常に重要です。

ペンの太さや長さ、重さなど、ペンと自分の手との相性といものが必ずあります。

iPhoneでタッチペンを使う際に、書きづらさがあっては、すぐに使わなくなってしまいます。

いかに、普段使っているペンに近い握りやすさや書きやすさに近いか、をポイントに選ぶようにしましょう。

ただでさえ、iPhoneで最初にタッチペンを使い始めると、使いにくさにも慣れつつ使っていく期間があります。

まるで、手帳やメモ帳に書くようなストレスフリーな感触に近いタッチペンを選べるように、購入する際は、実際に自分のiPhoneを使って試し書きを必ずするようにしてください。

何も考えずにデザインやパッケージを見ただけで決めてしまうと、最初は良くてもすぐに使わなくなったり、ストレスを感じるようになります。

また、筆圧が強い方は、ペン先が柔らかい素材で大きい方が画面への負担も軽くなります。

逆に筆圧が弱い方は、ペン先が硬い方が感触が分かり書きやすいでしょう。ペン先の形状も小さくて画面への負担も軽くてすみます。

さらに、手の大きさによってタッチペンの長さも変えるようにしましょう。手が大きい場合はタッチペンも長いものを選び、手が小さい場合はタッチペンが短いものを選びます。

短いタッチペンは本当に短いので、通販などで購入する際は、サイズをしっかりと確認する必要があります。

筆圧感知機能

筆圧感知機能というものがあります。これは、筆圧に応じて入力するようになっており、筆圧に合わせて濃淡や細さ太さを変えれるようになっており、実際に手帳やメモ帳に書くときと同じような変化を楽しむことができます。

初めてタッチペンを購入する際は、筆圧感知機能はあった方が良いでしょう。筆圧感知機能に関しては、iPhoneの専用アプリも必要になります。

アプリや対応タッチペンによって変化の仕方がバラバラですので、必ず、事前に専用アプリを調べておきましょう。

使いやすいアプリや自分の目的に合った内容の変化をするかどうかを事前にアプリで確認し、そのアプリに対応するタッチペンを選ぶようにしてください。

タッチペンから選んでしまうと、アプリが希望の変化や書き方に対応していない場合があります。

筆圧感知機能があるタッチペンが多いですが、機能がある/なしで言えば、機能がある方を選んだ方が良いでしょう。値段はその分高くはなりますが、それ以上に使いやすく便利になります。

ペンの目的に合わせて

タッチペンを使う目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

例えば、長文を書いていきたいという目的であれば、文字の間違えが少ないように極力ペン先が見えるような形状のものが良いですし、手が疲れないように軽量のものを選ぶべきです。

絵を描いたりしたい場合や子どもの遊び道具として使いたい場合は、極力iPhoneの画面で滑りが良いものを選んだ方が良いでしょう。

短い短文や手書きでサインのようなものを書きたい場合はも画面との接地面積が広く滑りが良いものが適切です。人それぞれタッチペンを導入する目的が異なります。

普段のメールなどを作成する場合が主な際も、極力キーボードが見えるようにペン先が細いものや透明のものが良いです。

ゲームなどに使用するためにタッチペンを使う場合は、画面を滑りやすく何度画面に触れても画面を傷つけないような柔らかい素材が良いでしょう。

タッチペンに関しては、値段の安い・高いで多少の性能の差はありますが、使いやすさに比例するとは限りません。

自分自身がタッチペンを導入する目的を再度、考えその目的に合うタッチペン選びをするようにしましょう。

価格帯で選ぶ

iPhoneで利用できるタッチペンの価格帯も様々です。安いものだと2000円~3000円程度で販売されています。

また、高いものだと10000円前後するものもあり、高くなるほど素材が高級感を増し、重厚感のあるデザインと質感になります。

iPhoneの反応も高いタッチペンの方が良いケースは多いです。しかし、安いものが全然使いものにならないかというとそんなことは全くありません。

ボールペンと一緒で安くても使いやすいタッチペンはたくさんあります。しかし、価格差も大きいため、予め予算を決めたうえで決めると良いでしょう。

初めて購入する人は高いタッチペンを購入する必要はなく、最初は安い2000円~3000円程度のものを使って、2本目、3本目と価格帯を少しずつ上げていく選び方で良いでしょう。

まとめ

今回、iPhoneで利用出来るタッチペンの選び方について紹介いたしました。タッチペンを選ぶ際は、通常のボールペンを選ぶよりもシビアに選んだ方が良いでしょう。

ただでさえ、紙ではなく画面上で使うので不慣れなことをする訳です。そんな中、使いにくいタッチペンを選んでしまうと、すごいストレスがかかってしまいます。

使いやすい1本を見つけるまで妥協せず選ぶつもりで探したほうが絶対に良いです。それぐらい1本1本使い勝手も違ければ、手との相性も変わってきます。しっかりと選びましょう!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

0e79d2f735c75500b69e7c29d8ec5f70_s

iPhoneの画面が録画できる!iOS11の便利な新機能「画面収録」をご紹介

iOS11から「画面収録」機能 …

Facebookでのご購読が便利です