iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

LINEで送る
Pocket

意外と知られていないテザリングの存在。iPhoneは使っていても、電話もインターネットも普通にiPhoneを使っていても、フリーWi-fiの存在も知っているけれど、テザリングを使っている人は意外と少ない。それは、iPhone側の設定がわからない、面倒だろうと思ってしまう方が多いようです。iPhoneでのテザリングは実はとても簡単に設定できるのです。

Wi-Fiとは違うというイメージとテザリングという言葉の響きから何か難しいものだと考えられてしまっているようなので、とても簡単なiPhoneにおけるテザリングの設定方法と注意点を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

テザリングとは

テザリング(Tethering)とは、英語でつなぎとめる、連結するという意味があります。インターネットと端末をつなぐという意味からテザリングと呼ばれています。

テザリングには、3つの方法があります

Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングと3つの方式があります。それぞれのテザリング方式にはメリットとデメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめていきましょう。

Wi-Fiテザリングのメリット・デメリット

Wi-Fiテザリングは、同時に複数のデバイスをインターネット接続させることができます。自分のPC以外のタブレットだけでなく、そばにいる友人のPCにもWi-Fi接続を提供することができます。また、Wi-Fiテザリングは通信速度が大きいというのがメリットとなります。逆にWi-Fi接続のデメリットは、消費電力が大きいということです。

Bluetoothテザリングのメリット・デメリット

Bluetoothテザリングは、消費電力が小さいというメリットがあります。デメリットとしては、同時に1台しか接続できない、通信速度はやや低いという点です。Bluetoothテザリングは、自分一人で外出時に利用し、iPhoneへの電源供給が確保できないような場合にメリットがあります。

USBテザリングのメリット・デメリット

USBテザリングは、通信速度も速く、併せて、Lightningケーブルを使ってパソコンに接続するので、テザリングでインターネットに接続しながら、PCからiPhoneへの充電を行うことができます。また、無線を使っていないことから周囲の第三者に不正侵入、不正利用される危険性がないことがメリットとなります。

一人で外出し、カフェでインターネット接続するような場合は、Lightningケーブルを持参しUSBテザリングを利用することをお勧めします。PCが電源コンセントに接続できない場合でも、PCのバッテリーの余剰分の電源をiPhoneへ分け与えて利用することもできます。

どのテザリング方式を使うべきか

ここまでに説明してきた通り、3つあるそれぞれのテザリング方式には、メリット・デメリットが存在します。電源環境、利用環境、利用デバイス数等を考慮の上、適切なテザリング方式を選択してください。

iPhoneでテザリングの設定を行う

iPhoneにおけるテザリングの設定の基本は、「インターネット共有」をオンにするだけです。とても簡単にテザリングを利用することができるのですが、今回は、テザリング利用時の設定の注意点も併せて紹介していきます。

インターネット共有をオンにする

まず最初に[設定]アプリを使って、[インターネット共有]をオンにします。この設定だけで、iPhoneはテザリング機能が実行可能になります。

01_internetshareon

Wi-Fiで接続する方法、Bluetoothで接続する方法、USBで接続する方法について、画面の下に説明が書かれています。

02_usagefortethering

ただし、インターネット共有をオンにする段階で「Wi-Fi」と「Bluetooth」設定がオフの場合は、次のようなメッセージが表示され、「Wi-Fi」と「Bluetooth」を両方共オンにするか、オフのままUSBだけで利用するかを選択することができます。

03_w_b_off01

「Wi-Fi」だけがオフとなっていた場合は、「Wi-Fi」をオンにするか、BluetoothとUSBだけでテザリングを利用するか選択することができます。

04_w_off_02

Bluetoothテザリングを利用する場合は、iPhoneとPCまたは接続するタブレットデバイス等の双方をペアリングによってBluetooth接続を行ってください。

MacとiPhoneをBluetoothでペアリングする

iPhoneの[設定]アプリの[Bluetooth]設定をオンにします。そのまま、Mac側の「システム環境設定」で「Bluetooth」を開き、iPhoneが検出されるのを待ちます。MacがBluetoothでiPhoneが認識されたら、「ペアリング」ボタンを押します。認識コードが表示されますので、

05_bluetoothpair01

iPhone側に同じコードが表示されていたら、iPhone側で「ペアリング」を実行してください。このペアリング操作は一度実行すれば次回以降のBluetooth接続の際には、デバイス名のクリックだけでBluetooth接続することができます。

06_bluetoothpair02

SSID名やパスワードを変更する

iPhoneを使ってWi-Fiテザリングを設定するとSSIDとパスワードが自動的に生成されます。SSIDとは、Service Set Identifierの略で、ネットワーク上でアクセスポイントを識別する名称のことです。

このSSIDのデフォルトは、最初にiPhoneを設定した時に付けたあなたの名前が一部に使われており、このままでは、あなたの周りにいるWi-Fiを接続しようとしている見知らぬ方の画面にSSIDが表示されてしまいます。周りにiPhoneを使っている方がいないような状況では、あなたの名前を第三者に知らせてしまうことになります。

Wi-Fiテザリングを利用する場合、このSSIDを第三者にあなたであると特定できないようにしておきましょう。特に女性の方は名前ではない自分しかわからない名称に変更しておいたほうが良いでしょう。SSIDの変更は、[設定]アプリの[一般]ー[名前]と辿ると変更することができます。

07_changessid

パスワードについては、先ほど「インターネット共有」をオンにした直下に表示されるパスワード表示のところで変更することができます。

08_changepwd

なお、USBテザリングやBluetooth接続で、このSSIDとパスワードは使用しません。

MacからはiPhoneを触らずにWI-Fiテザリングを起動させることができます

MacのOS X Yosemite(10.10)から「Instant Hotspot(インスタントホットスポット)」機能を使うことにより、iPhoneの「インターネット共有」設定がオフになっていても、Macからワンクリックでオンにすることができます。普段、iPhoneのインターネット共有をオフにして、カバンやポケットにしまっておいたままでも、Macから起動させると便利です。

この「Instant Hotspot」機能を有効にするには、iPhoneとMacで同一のiCloudアカウントでログオンしておけば良いだけです。なお、iOSのバージョンは8以上です。

09_wifionfrommac01

ただし、Mac側のメニューからWi-Fi接続を解除しても、iPhoneの「インターネット共有」はオンのままです。

10_wifiofffrommac02

まとめ

家では、Wi-Fi ルーターを使用し、外出時はフリーWi-Fi スポットを利用するけど、自分のiPhoneをテザリングして使わない人もいます。iPhoneのテザリング設定はとても簡単でしかもセキュリティも確保されていてとても安全です。また、Bluetooth接続、USB接続もとても簡単です。それぞれのメリットを考え簡単に使い分けられるよう練習してみてはいかがですか。

注意点は、データ通信容量の契約容量を確認することです。テザリングが使えるからといって月契約容量が拡張されるわけではありません。月初めに制限値に達してしまい。その月いっぱい低速回線に制限されてしまっては、元も子もありません。

最初は、ご自身の使い方、利用量に注意し、必要に応じて契約容量の拡張、あるいは、テザリング使用の自分なりのルールを作成することも考えてはいかがでしょうか。外出時のインターネット接続環境が格段に改善されることは間違いありません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です