iPhoneでテザリングができない原因と対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneを使っている。パソコン(Mac)はWi-Fi接続でも利用したことがある。でも、テザリングは設定方法がよくわからないので、まだ利用していない。このような方が結構いらっしゃいます。また、iPhoneでテザリングはよく使うのだけれど、つながらないことが多いという経験をされているかたも多いと思います。

本稿では、iPhoneでテザリングを行う基本、つながらない時の対処方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

テザリングとは

テザリングとは、英語で「繋げる」という意味があります。具体的には、パソコン(Mac)はタブレット等の端末をインターネットに繋げるため、iPhoneに無線LAN(Wi-Fi)ルーターやフリーWi-Fiスポットの役割をさせることです。

iPhoneを使ったテザリングには、Wi-Fi だけでなく、Bluetooth通信、USBケーブルの直結という3つの方法を利用することができます。

iPhone契約内容は確認されましたか

いままで、テザリングを使っていたのにテザリングができなくなってしまった方は、ここは読み飛ばして次の節へ進んでください。

三大キャリアで利用している場合

iPhoneでテザリング機能を利用するためには、オプションサービスに加入している必要があります。オプションは各社で異なった契約形態になっていますので契約内容を確認して見てください。

1. docomoの場合
spモード契約が必要となりますが、iPhoneを利用している場合は、既に契約済みのはずです。

2.auの場合
テザリングオプションに加入する必要があります。まだの場合は、 ウェブサイトの「auお客様サポート」から簡単に申し込みすることができます。

3.ソフトバンクの場合
「スマ放題データ定額パック」でご利用の場合は、あらためての申し込みは不要です。その他のプランの場合、テザリングオプションに加入する必要があります。

各社におけるオプションの月額費用については、最初の2年間は無料などの軽減措置が取られています。今後、プラン・オプションの構成、月額費用が変わってくることが予想されますので、常々チェックしておくことが重要です。

格安SIMのMVNOを利用する場合

Apple Storeで購入したSIMフリーのiPhoneであれば、問題なくテザリングを使うことができます。SIMフリーのiPhoneを中古で購入する場合は、iPhone 5s / 5c以降を購入する必要があります。テザリングの設定の前に、必要なアプリのインストール等、データ通信の初期設定をMVNO各社の説明書の記載に従い実施してください。

テザリングの問題ではないのですが、格安SIMを中古のiPhoneを利用するときは注意が必要です。docomoで購入されたiPhoneをdocomo系MVNOの格安SIMで利用するのであればほぼ問題はないですが、その他のケースの場合、SIMロック解除は購入者本人である必要があったり、期限が限られている場合があります。いずれも中古の販売店に利用の可否と保証の有無を確認するようにしてください。

設定内容を確認してみましょう

iPhone側の設定内容の確認

〔設定〕アプリの「インターネット共有」が「オフ」になっていないでしょうか。
「オン」になっている場合は、一度「オフ」にしてから改めて「オン」にしてみてください。

001_internetshareon

Wi-Fiテザリング、または、Bluetoothテザリングを使おうとしている場合、事前に、Wi-Fi または Bluetooth 設定がオフになっていたまま「インターネット共有」を「オン」にした場合では、Wi-Fiテザリングや、Bluetoothテザリングが無効となっている場合があります。

Wi-FiとBluetooth設定が「オフ」となっている時に、「インターネット共有」を「オン」にする場合、次のような確認メッセージが表示されますので注意してください。ここで、上の「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選択すると、iPhone側のそれぞれの設定を一緒に「オン」にすることができます。

002_w_b_off01

パソコン(Mac)側の設定を確認してください

(Wi-Fiテザリングの場合)
パソコン側(テザリング子機)がWi-Fiが有効になっていますでしょうか、Wi-Fiの受信リストにiPhoneのネットワーク名(SSID)は表示されていますでしょうか?
Macの場合、下図のように、メニューの中に「インターネット共有」というグループ内にSSID名が表示されます。

003_mac_wifi

SSID名のリストにiPhoneが表示されない場合は、iPhone側のテザリング設定に問題があります。iPhone側の設定を確認してみてください。
SSID名リストに親機のiPhoneのSSID名が表示されていて、接続されていない(チェックマークが入っていない)場合は、そのSSID名を選びパスワードを再入力してみてください。
iPhone側のWi-Fiテザリングの設定で、SSID名やパスワードを変更した場合等は、再度接続を選択する必要があります。

(Bluetoothtテザリングの場合)
あらかじめ、iPhoneとパソコン(Mac)でペアリングしておく必要があります。ペアリングが切れている場合は改めてペアリング操作を行ってみてください。

(USBテザリングの場合)
パソコン(Mac)には、最新のiTunesがインストールされている必要があります。iTunesのアップデートの有無を確認するようにしてください。

最後の手段は再起動

iPhoneもコンピュータの一種です。ずっと電源がオンの状態であると、正しく動作しなくなってしまう場合があります。画面が消えているだけのロック状態では、iPhone自体は起動したままです。週に一度ぐらいは、右上の電源ボタンを長押しにして「電源オフ」にし、しばらく時間を置いたのち、改めて電源ボタンを長押しにして「電源オン」にしてから、テザリングの設定を行ってみてください。

パソコン(Mac)もiPhoneもたまには電源のオン/オフを行い、再起動することをお勧めします。アプリをたくさん利用し、電源のオフ/オンを行なっていないような場合、アプリが利用したメモリに電子的なゴミが溜まっていてメモリが使えなくなっているような状態となっています。電源のオフ/オンの操作は、iPhoneをサクサク動かすためにも有効なことです。

データ通信量にご注意

iPhoneでテザリングができなくなった場合の対処方法は、いかがでしたでしょうか。Wi-Fi、BluetoothなどiPhone側の設定忘れのケースがよくあります。そして、おかしいと思ったら再起動というのが一番の解決方法であることが多々あります。

もう一つ忘れてはいけないことを紹介します。iPhoneでテザリングができるようになったと言って、自宅や職場のWi-Fiアクセスポイント、フリーのWi-Fiアクセスポイントを利用する感覚でインターネット接続しないよう注意するよう心がけておきましょう。

テザリングができないと調べて見たら、通信量制限が適用されている場合もあります。テザリングで利用できるデータ通信量は、そもそもiPhoneで利用可能な月々のデータ通信容量の範囲に加算されるということをお忘れなく。

データ通信量の測定方法は、〔設定〕アプリの「モバイルデータ通信」のところにあります。

004_mobiledatausage

「現在までの合計」としてバイト単位で、過去の累積データ通信量表示されてます。
ページの一番下には「統計情報のリセット」がありますので、月初の日にリセットしておけば当月の使用量を把握することができます。また、無料の計測ツールもAppStoreで入手できますので、データ使用量をチェックする癖をつけておきましょう。

005_mobiledataclear

慣れてくれば、その月にどのぐらい使ったか感覚的にわかるようになってきます。便利なテザリングを有効活用してください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です