Home / Apple / iPhone / 手間を省こう!iPhoneに登録すべき単語とその方法まとめ

手間を省こう!iPhoneに登録すべき単語とその方法まとめ

Pocket

日々の会話やビジネス連絡の中には定型文を使うことも多くあると思います。iPhoneに搭載されている機能 ユーザ辞書 を利用して楽して文字入力をしてしまいましょう。

ユーザ辞書 はあらかじめ単語を登録しておき、最初の数文字を打ち込むと 変換候補が予測表示 されるという機能です。

利用頻度の高い単語を登録することで、iPhoneの文字入力時間を大幅に短縮 することができます。

本記事では ユーザ辞書の使い方 の解説と 辞書に登録すべき単語 を紹介していきます。大変便利な機能ですので、iPhoneの文字入力が得意な方も、苦手な方も、必見です。

スポンサーリンク

iPhoneユーザ辞書への単語設定方法

ユーザ辞書の使い方を手順に沿って見ていきましょう。

単語の登録

ユーザ辞書編集画面から登録していきます。パッと見だと手順が多いように感じますが、慣れてしまえば簡単に編集画面に辿り着いて単語登録ができるようになります。

単語の登録

  1. 設定 をタップ
  2. 一般 をタップ
  3. キーボード をタップ
  4. ユーザ辞書 をタップ
  5. 右上の+ をタップ
  6. 登録したい単語単語 に入力
  7. 単語のはじめの2,3文字程度よみ に入力
  8. 右上の保存 をタップ

単語の編集

登録した単語の編集をしたい場合の方法です。打ち間違えに気づいた時や、過去に登録した単語を変えたい場合に有効な手段です。

単語の編集

  1. 設定 をタップ
  2. 一般 をタップ
  3. キーボード をタップ
  4. ユーザ辞書 をタップ
  5. 編集したい単語 をタップ
  6. 単語 または よみ を 適切に入力
  7. 右上の保存 をタップ

単語の削除

一時は必要なものとして登録した単語も、いつかは不要になる時がきます。

使わない単語をそのままにしておくと 文字入力動作が重くなる要因 にもなりますので、不要な単語は削除してしまいましょう。

単語の削除

  1. 設定 をタップ
  2. 一般 をタップ
  3. キーボード をタップ
  4. ユーザ辞書 をタップ
  5. 左下の編集 をタップ
  6. 削除したい単語左に表示されている赤丸アイコン をタップ
  7. 削除 をタップ

登録の確認

単語の登録が済んだら、文字入力できるアプリを開いて早速試してみましょう。

メモやメールを開いて よみ に登録した文字を入力し、予測変換に登録した単語が表示されれば成功です!

このようにユーザ辞書に使用頻度の高い単語をいくつも登録しておけば、便利に使いこなせること間違いなしです。

ユーザ辞書への単語登録の際にチェックしたいこと

ユーザ辞書への単語登録を便利にしてくれる方法もありますので紹介していきます。

効率的な登録方法

ブラウザでWeb閲覧をしている時に登録したい文字を見つけた場合、簡単に登録する方法があります。

設定画面からユーザ辞書編集画面を開く必要がありませんので、かなり便利で効率的な方法です。

単語の登録

  1. 登録したい単語周辺 をロングタップ
  2. 始点・終点 をドラッグして範囲調整
  3. ユーザ辞書 をタップ
  4. よみ を編集して 保存 をタップ

*リンクが張られているテキストの場合、ロングタップしても別のメニュー画面が表示されてしまいます。

その場合は テキストから少しずらしてロングタップ すると希望通りの動作をしてくれると思います。

顔文字の登録

ユーザ辞書には顔文字の登録も可能です。iPhoneに初期から登録されている顔文字もかなり豊富ですが、他人が使う顔文字を見て自分も使いたいと思うことあります。

顔文字の登録

  1. 設定 をタップ
  2. 一般 をタップ
  3. キーボード をタップ
  4. ユーザ辞書 をタップ
  5. 右上の+ をタップ
  6. 登録したい顔文字単語 に入力
  7. よみ に入力
  8. 右上の保存 をタップ

よみ に ☻ を登録しておくと顔文字一覧に登録されます。キーボードの ^_^ から呼び出せるようになりますので、他の登録単語との差別化が可能です。

Mac・iPhoneでユーザ辞書を同期する

Macをご利用の方は iCloud経由でユーザ辞書を同期 させることもできます。長い単語であったり、一度に大量の単語登録をしたい場合にMacから登録はかなり有効な手段です。

Macの操作

Macから単語を登録する際の手順です。

Macから単語登録

  1. システム環境設定 を開く
  2. キーボード をクリック
  3. ユーザ辞書タブ をクリック
  4. 左下の+ をクリック
  5. 入力 に読み方を 変換 に単語を入力

Macから辞書のバックアップ

iPhoneではユーザ辞書のバックアップを取ることはできませんが、Macなら簡単な手順でバックアップを取ることができます。

Macの辞書バックアップ手順

  1. システム環境設定 を開く
  2. キーボード をクリック
  3. ユーザ辞書タブ をクリック
  4. 登録した語句 をクリック
  5. キーボードの⌘+A で全項目を選択
  6. 保存先へドラッグ&ドロップ

plistファイルで保存されます。こちらのファイルをユーザ辞書に ドラッグ&ドロップ すると、復旧も簡単 に行うことができます。

多数の単語を登録している場合はこちらの機能も使ってみてください。

iCloud Driveをオンにする

同じiCloudアカウントにサインインしていれば、iPhoneとMacの同期は自動でされるはずですが、もし同期されないという方は iPhoneの設定iCloud Driveをオン にしてみてください。

iCloud Driveをオン

  1. 設定 タップ
  2. iCloud をタップ
  3. iCloud Dirve をオン

登録しすぎにも注意?

便利だからと片っ端から単語登録していると 文字入力時の動作が重くなってしまう ことがあります。いくら単語入力が簡単になってもこれでは本末転倒です。

一度ユーザ辞書を見直し、不要な単語は削除してしまうことをオススメします。

次ページ:活用すべき登録内容

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

盗難・紛失!iPhoneをなくした時の対処法と事前対策

iPhoneには個人情報が沢山 …

Facebookでのご購読が便利です