iPhoneを修理する際の選択肢と各修理の相場

LINEで送る
Pocket

iPhoneを落下させてしまい画面を割ってしまった、操作が効かないなどのトラブルは誰にでも起こりうることです。そうならなくても、長年使っていると経年劣化やへたりなどであちこちガタがきて、修理せざるを得ない状況になり得ます。

ここでは、iPhoneを修理する際の選択肢と相場についてご紹介します。iPhoneのトラブルの中で、何と言っても多いのは画面破損(割れ)と思いますので、そちらを中心に話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

iPhone修理業者の選択肢

pak75_waretaekisyougamen20130720_tp_v

iPhoneの修理は大きく分けて

  • Appleでの正規修理
  • Apple以外の修理業者での修理

のふたとおりがあります。3キャリア(docomo、au、softbank)で契約されている場合は、各キャリアでの保障を付けることもできますが、結局はAppleでの修理となりますのでここでは省略します。

Appleで修理する

まずは、Appleで修理した場合の価格について確認しておきましょう。下表はAppleCare+に加入していない場合に適用され、料金は掲載額を上限として故障や破損の状況により変動します。なお、料金は2017年2月現在のもので、改訂される可能性があります。

モデル 画面の修理 バッテリーサービス料金 保証対象外修理サービス料金
iPhone 7 Plus ¥14,800 ¥7,800 ¥34,800
iPhone 7 ¥12,800 ¥7,800 ¥32,000
iPhone 6s Plus ¥14,800 ¥7,800 ¥33,000
iPhone 6s ¥12,800 ¥7,800 ¥30,000
iPhone 6 Plus ¥14,800 ¥7,800 ¥33,000
iPhone 6 ¥12,800 ¥7,800 ¥30,000
iPhone SE ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 5s ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 5c ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 5 ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 4s (保証対象外修理サービス料金) ¥7,800 ¥19,800

AppleCare+ for iPhoneについて

applecare-plus

AppleCare+ for iPhoneに加入していれば、画面修理は1回につき¥3,400(税別)、そのほかの損傷については¥11,800(税別)にて修理を受けることができますが、有効期間は購入日より2年間、合計2回までとなっています。3回目以降は上表の料金が適用されます。Apple Care+ for iPhoneの加入料は下表のとおりで、機種により異なります(税別)。なお、加入できるのは本体購入後30日目までとなっています。

モデル 料金
iPhoneSE ¥12,800
iPhone7 / iPhone7 Plus / iPhone6s / iPhone6s Plus ¥14,800

Appleでの修理料金の一例

tsuch160130520i9a6560_tp_v

ちょっとややこしいので、iPhoneで最も頻繁に起こるであろう「落下させて画面が割れた」場合を想定してみます。これはAppleで言うところの「過失や事故」にあたると思われますので、無償修理はまずないとお考えください。
(※注意)あくまでも一例です。状況によっては必ずこうなるとは限りません。基本的な考え方と受け止めていただければと思います。

【修理例1】

  • iPhone7 Plusを使用中誤って落下させ、画面が割れた
  • 診断の結果、画面修理だけで済んだ

【この場合の料金(税別)】
AppleCare+ for iPhone加入:¥3,400
AppleCare+ for iPhone未加入:¥14,800

【修理例2】

  • iPhone7 Plusを使用中誤って落下させ、画面が割れた
  • 診断の結果、画面以外にも故障/損傷が見つかった

【この場合の料金(税別)】
AppleCare+ for iPhone加入:¥11,800(上限)
AppleCare+ for iPhone未加入:¥34,800(上限)

落下による損傷を何度も経験されている方は、AppleCare+ for iPhoneに加入しておく方がよいかもしれません。ただし、安くなるのは2年間で2回までです。

Apple以外で修理する

6c0vqczmh7go_14_600

全国には、iPhone修理業者がたくさんいますので、これらを使うのも方法の一つです。

利用するメリット

  • 全国にあり、すぐ持っていける
  • AppleCare+未加入状態での正規修理より料金が安い
  • かなり酷い破損でも相談に乗ってくれる場合がある

Appleで修理する際、Appleストアが近所にない場合はiPhoneを郵送しなければならず、1週間程度使えなくなります。一方、修理業者は全国じゅうにいますので、急ぎの場合は便利です。料金についても、Appleでの正規修理(AppleCare+未加入状態)より安いところがほとんどです。Appleで全損判定が下されたiPhoneでも、修理業者なら対応してくれる可能性があります。

新品交換も含めAppleで修理すると、中身が初期化されて返ってきます。一方、修理業者はデータの初期化をしないところも多いので、バックアップしてない状況での破損修理の際は大変助かります。

利用するデメリット

ただし、利用にあたっては下記を理解しておかねばなりません。

  • Appleの保障は無効となる
  • 交換部品の出自が不明
  • 業者の腕前に左右される

iPhoneは、購入後1年間の保障がついています。AppleCare+に加入していなくても、1年以内であれば初期不良やリコールなどは対応してもらえるはずです。ですが、購入後1年以内にApple以外で修理すると、この保障は無効となります。AppleCare+に対しても同様で、2年以内に他所で修理すると対象外となります。

また、交換部品がApple純正ではないため、修理の結果新たな不具合が発生する可能性があります。さらに、業者の技量を客観的に測る基準も制度もないため、そのばらつきは多いと言えます。とはいえ、修理業者独自の保障期間(修理後○ヶ月など)を設けてあるところも多いので、酷い目にあうことはほとんどないと思います。

修理業者での料金例

ccc9v9a9997_tp_v

iPhone修理業者は全国にたくさんあり、一口に相場といっても難しいのですが、破損状況がよほど酷くない限り、Appleでの正規修理より安いと考えてほぼ間違いありません。ここでは、全国規模で展開している代表的な修理業者をいくつか紹介し、最も利用頻度の高いと思われる「画面割れ」の料金を例に挙げたいと思います。なお、iPhone7/7Plusについては新機種ということもあって、価格未掲載(対応不可なのか、都度見積なのかはわかりません)のところも多いです。

店名 展開 iPhone7 Plus iPhone 6s Plus 掲載価格の店舗
ダイワンテレコム 全国 ¥29,800 ¥17,800 新宿本店
あいさぽ 全国 (掲載なし) ¥27,800 新宿本店
ムスビ― (店舗なし) (掲載なし) ¥28,994 (店舗なし)
スマホホスピタル 全国 (掲載なし) ¥17,800 新宿店
iPhone Doctor 全国 (掲載なし) ¥25,800 秋葉原本店
iPhoneお直し本舗 全国 (掲載なし) ¥11,800 池袋本店

料金は各ホームページに掲載されているものをそのまま掲載しています。業者によりかなりばらつきがあるのと、同じ業者でも店舗によって料金が異なる場合もありますのでご注意ください。また、上記料金とは別でサービス料などが発生する場合が無いとも限りませんし、今後の価格改定もあると思います。ご利用にあたっては各ホームページの内容確認をし、口コミ情報なども参考にするとよいかと思います。

まとめ

iPhone修理の選択肢および修理料金の相場について紹介しました。品質面でいうとAppleの正規修理が最も間違いがないのですが、店舗が限られていることと、料金が高めなことから、Apple以外の修理業者を利用する機会も多いと思います。ただ、品質や対応が業者や店舗によりまちまちであるため、ご利用前の調査は必須と言えます。また、Appleの正規サポートが受けられなくなるというデメリットもあります。このあたりを考慮に入れ、どちらを選択するかよく検討なさってください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です