Home / iPhone / appre storeのほかにも?iPhone修理の選択肢と各修理の相場

appre storeのほかにも?iPhone修理の選択肢と各修理の相場

Pocket

e86fb3b6f192a6d16b61c7fc553d2def_s

iPhoneを落下させてしまい画面を割ってしまった、操作が効かないなどのトラブルは誰にでも起こりうることです。そうならなくても、長年使っていると経年劣化やへたりなどであちこちガタがきて、修理せざるを得ない状況になり得ます。

画面が割れしまってはディスプレイが見にくくなってしまうだけでなく、手や指をけがしてしまう可能性がります。また、ディスプレイ等の破損は内蔵されたバッテリーをはじめとした内部への影響があることも多々ありますので、突然iPhoneが使えなくなってしまうこともあるのです。

ここでは、iPhoneを修理する際の選択肢と相場についてご紹介します。iPhoneのトラブルの中で、何と言っても多いのは画面破損(割れ)と思いますので、そちらを中心に話をしていきたいと思います。

画面にひびが入ってしまっている方や、一度破損したことをきっかけにどこか起動がおかしくなってしまったという方、また長年の利用でiPhoneに修理が必要そうだという方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPhone修理業者の選択肢

pak75_waretaekisyougamen20130720_tp_v

iPhoneの修理は大きく分けて

  • Appleでの正規修理
  • Apple以外の修理業者での修理

のふたとおりがあります。3キャリア(docomo、au、softbank)で契約されている場合は、各キャリアでの保障を付けることもできますが、結局はAppleでの修理となりますのでここでは省略します。

Appleで修理する

まず、Appleで修理した場合の価格についてご紹介致します。下表はAppleCare+に加入していない場合に適用される価格ですが、料金は故障や破損の状況により変動します。なお、料金は2017年2月現在のものなので、随時改訂される可能性がありますのでご注意下さい。

モデル 画面の修理 バッテリーサービス料金 保証対象外修理サービス料金
iPhone 7 Plus ¥14,800 ¥7,800 ¥34,800
iPhone 7 ¥12,800 ¥7,800 ¥32,000
iPhone 6s Plus ¥14,800 ¥7,800 ¥33,000
iPhone 6s ¥12,800 ¥7,800 ¥30,000
iPhone 6 Plus ¥14,800 ¥7,800 ¥33,000
iPhone 6 ¥12,800 ¥7,800 ¥30,000
iPhone SE ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 5s ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 5c ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 5 ¥12,800 ¥7,800 ¥26,800
iPhone 4s (保証対象外修理サービス料金) ¥7,800 ¥19,800

AppleCare+ for iPhoneについて

2f32f72d93b975a5287da908fb9b16a8_s

iPhoneを購入時に、AppleCare+ for iPhoneに加入していれば、画面修理であるならば、1回につき¥3,400(税別)、その他の損傷修理については¥11,800(税別)にて修理を受けることができますが、有効期間は購入日より2年間で合計2回までとなっています。

3回目以降は割引料金は適用されず、上表の料金が適用されます。Apple Care+ for iPhoneの加入料は下表のとおりで、機種により異なった金額が適用されます(税別)。なお、このAppleCare for iPhoneに加入できるのは本体購入後30日目までとなっています。聞き覚えが無くても購入時に契約している可能性もありますので、一度確認してみることをお勧めします。

モデル 料金
iPhoneSE ¥12,800
iPhone7 / iPhone7 Plus / iPhone6s / iPhone6s Plus ¥14,800

Appleでの修理料金の一例

tsuch160130520i9a6560_tp_v

では、iPhoneの修理で最も頻繁に起こるであろう「落下による画面の破損」の場合を想定してみます。

これはAppleでは、「過失や事故」に当たると思われますので、AppleCareに入っていたとしても無償修理はまずないとお考えください。

(※注意)あくまでも一例です。状況によっては無償の場合もありますが、必ずこうなるとは限りません。基本的な考え方の一例と受け止めていただければと思います。

【修理例1】

  • iPhone7 Plusを使用中誤って落下させ、画面が割れた場合
  • 診断の結果、画面修理だけで済んだ場合

【この場合の料金(税別)】
AppleCare+ for iPhone加入:¥3,400
AppleCare+ for iPhone未加入:¥14,800

【修理例2】

  • iPhone7 Plusを使用中誤って落下させ、画面が割れた場合
  • 診断の結果、画面以外にも故障/損傷が見つかった場合

【この場合の料金(税別)】
AppleCare+ for iPhone加入:¥11,800(上限)
AppleCare+ for iPhone未加入:¥34,800(上限)

落下による損傷を何度も経験されている、またはうっかり落としてしまいやすいという人は、AppleCare+ for iPhoneに加入しておく方がよいかもしれません。ただし、割引料金で修理ができるのは2年間で2回までと制限があります。契約内容をしっかりと確認の上apple storeに行くようにしましょう。

Apple以外で修理する

6c0vqczmh7go_14_600

全国には、iPhone修理業者がたくさんいますので、これらを使うのも方法の一つです。

Apple以外の業者を利用するメリット

  • 全国にあり、すぐ持って行ける
  • AppleCare+未加入状態での正規修理より料金が安いこと
  • かなり酷い破損でも相談に乗ってくれる場合があること

iPhoneをAppleで修理する際、Appleストアが近所にない場合には、iPhoneを郵送しなければならず、郵送に時間が取られるため、1週間程度使えなくなります。

一方で、修理業者は全国にありますので、緊急の場合はとても便利です。早ければその日のうちに修理してもらうことも可能です。また、料金についても、Appleでの正規修理(AppleCare+未加入状態)より格安で対応してくれるところがほとんどです。

また、Appleで全損判定が下され、修理不能とされた重症なiPhoneでも、修理業者なら対応してくれる可能性があります。

さらに、新品交換も含めAppleで修理すると、中身が初期化されて戻ってきてしまいます。その一方で、修理業者はデータの初期化をしないところも多いので、バックアップしてない状況での破損修理の際は大変に助かる場合が多いです。

一度apple storeで全損と判断されてしまった方や修理料金を抑えておきたいという方、家の近所にapple storeがないという方はぜひ参考にしてみてください。

Apple以外の業者を利用するデメリット

ただし、Apple以外の修理業者の利用にあたっては下記を理解しておきましょう。

  • Appleの保障は無効となる
  • 交換部品の製造元が不明
  • 業者の腕前に左右される

iPhoneは、購入後1年間の保障がついています。AppleCare+に加入していなくても、1年以内であれば初期不良やリコールなどは対応してもらえるはずです。ですが、購入後1年以内にApple以外で修理すると、この保障は無効となります。AppleCare+に対しても同様で、2年以内に他所で修理すると対象外となります。

また、Apple以外の業者では、交換部品がAppleの純正ではないため、修理の結果によっては、新たな不具合が発生する可能性があります。さらに、業者の技量を客観的に測る基準や制度もないため、修理のグレードのばらつきは多いと言えます。とはいえ、修理業者独自の保障期間(修理後○ヶ月など)を設けてあるところも多く、再び修理を依頼できるため、それほど酷い目にあうことはほとんどないと言えるでしょう。

修理業者での料金例

ccc9v9a9997_tp_v

iPhone修理業者は全国にたくさん存在してるため、一口に「相場」といっても計りようがないのが現実ですが、破損状況がよほどひどくない限り、Appleでの正規修理での相場より安いと考えてほぼ間違いありません。

ここでは、最も利用頻度の高いと思われる「画面割れ」の料金を例に挙げて、全国規模で展開している代表的な修理業者をいくつかご紹介致します。

店名 展開 iPhone7 Plus iPhone 6s Plus 掲載価格の店舗
ダイワンテレコム 全国 ¥29,800 ¥17,800 新宿本店
あいさぽ 全国 (掲載なし) ¥27,800 新宿本店
ムスビ― (店舗なし) (掲載なし) ¥28,994 (店舗なし)
スマホホスピタル 全国 (掲載なし) ¥17,800 新宿店
iPhone Doctor 全国 (掲載なし) ¥25,800 秋葉原本店
iPhoneお直し本舗 全国 (掲載なし) ¥11,800 池袋本店

料金は各ホームページに掲載されているものを、そのまま掲載致しました。これによると、業者によりかなりばらつきがあるのと、同じ業者であっても、店舗によって料金が異なる場合もありますので注意が必要です。

また、上記料金とは別に、サービス料などが発生する場合が無いとも限りませんし、今後の価格改定がある場合も予想されます。

ご利用にあたっては各ホームページの内容確認をし、インターネット上の口コミ情報なども参考にするとよいかと思います。

各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)での修理

iPhoneを修理に出す場合、もうひとつの選択肢が各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)です。

ソフトバンクやauの場合、対応できる店舗は全国でも数店舗に限られていますが、キャリアのショップにて修理ができます。まず来店予約をしてから、店頭での受付となります。ディスプレイ修理の場合は、3日~5日が必要ですが、本体やバッテリーの修理の場合、即日完了する場合もあるので、急ぐ場合には便利です。

料金はやはり新しくて大きいほど高く、iPhone8の場合、本体修理で40,000円弱、バッテリー交換修理で8,800円程度、画面修理で18,000円弱となります。

また、ドコモ、au、ソフトバンクともにAppleCareとは別に、キャリアの保障サービスが月額500円~650円で受けられるので、そちらに加入しておくのもいいでしょう。

やはり、値段は上がってしまうもののキャリア会社を通じて修理を受けることは非常に安心感がありますよね。保証サービスも豊富で充実していますし、ぜひ一度確認してみてください。

iPhoneを水没させてしまった際の修理

それでは、iPhoneを水没させてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

それにはしっかりと水没に対応した修理をすれば、データはそのまま、普及できます。まずうっかり水没させてしまって鉄則とも言えることは、電源を入れない、充電をしない、ドライヤーで乾かす、振って水分を外に出す、自然乾燥することは避けて下さい。

インターネットで検索すると、たくさんの水没救済方法が掲載されていますが、まず電源がついていたら切って、SIMカードを抜いておくことが重要です。
また、お米と一緒にジップロックに入れて封をしておくと水が抜けると謳うサイトもありますが、それよりも非正規店に持ち込むほうが早く、データを残したまま復旧できる可能性も高くなります。

非正規業者を探す時は、どんな修理をしてくれるか聞いてみて、丁寧に「分解と洗浄」を行うと説明してくれる業者を選びましょう。あまり修理内容を説明してくれないところは要注意です。また、表面的に水を取り除くだけでは、復旧の可能性はまずないと思ったほうがいいでしょう。

また、持ち込みで修理に行っても、あまりに修理時間が短いところは要注意です。分解修理などをすると、最低でも1時間半くらいはかかるはずです。それを30分しかかからないというのは、表面的な水分だけを除去するなど、簡易な修理しかやっていないと思ったほうがいいでしょう。

このように、水没したiPhoneをなんとかデータ普及させて、再び使えるようにするには、正規の修理店ではまず無理で、非正規の修理店に持ち込むことになりますが、その場合も修理業者選びを失敗すると、データを残しての復旧はおろか、純正の部品を使わないために、追加の不具合が出てします場合もあるので、注意が必要となります。

 

まとめ

iPhone修理の選択肢および修理料金の相場について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

iPhone水没の場合の修理の品質面から言うと、Appleの正規修理が最も間違いがないのですが、店舗が限られていること、さらに料金が高めなことから、Apple以外の非正規修理業者を利用する機会も多いと思います。

ただ、修理技術の品質や対応が業者や店舗によりまちまちで格差があるため、まず利用前の調査が、水没したiPhoneを復旧できるかどうかを左右すると言ってもいいでしょう。

ただ、非正規の修理店を選ぶことにより、Appleの正規サポートが受けられなくなるというデメリットもあります。このあたりを十分に考慮に入れ、どちらを選択するかを検討し、本体や画面の修理とは違う非正規の修理店を上手く使い分けることが、リーズナブルに水没したiPhoneを修理ができる秘訣だと言うことができるのではないでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です