iPhoneをより便利にする初期設定の変更方法

LINEで送る
Pocket

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

今回は、iPhoneをより便利にする初期設定の変更方法について紹介いたします。iPhoneは初期設定のままでも十分に便利に使うことができるのですが、初期設定から設定を変更することで、さらに便利に使っていくことができるようになります。ここでは、数ある設定変更の中で、特におすすめの設定変更方法を紹介しています。既に変更されている人も多いと思いますが、ぜひ、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneをより便利にするための設定変更内容

iCloudのバックアップ設定をオンにしておく

iCloudのバックアップ設定をオンにしておけば、wi-fiネットワークに接続している時に自動でバックアップを取ってくれます。無料で使用できるのは5GBまでですが、万が一の時のことを考えオン設定に変更をしておきましょう。

iCloudのバックアップ設定の変更方法は、設定アイコンを開き、iCloudを選択します。すると、iCloudDriveや写真、メール、連絡先など一覧が表示されます。オン設定になっているものは自動でバックアップが取られるようになっています。迷った場合はすべてオン設定にしておくと良いでしょう。

TouchIDの登録をする

ロック画面を解除するためにパスコード設定をしている人は多いですが、TouchID設定もおこなうことで、よりセキュリティ高く、便利にiPhoneを使っていくことができます。TouchIDの設定方法は、設定アイコンを開き「TouchIDとパスコード」を選択します。「指紋」欄の「指紋を追加」を選択すると、指紋登録画面になりますので、希望の指紋を登録していきます。

TouchID機能を使うことで、ロック画面解除もスピーディにおこなえますし、AppStoreなどで購入する場合もパスコードでなくTouchID認証をおこなうことができるようになります。パスコードやパスワードも良いですが、毎回入力するのが面倒だ、、という人には絶対におすすめです。

iPhoneのパスコード要求までの時間を変更する

iPhoneでは、操作しなかった場合に画面がロックされるパスコード入力画面に切り替わるまでの時間を自由に設定することができます。ロックがかかるまでの時間の設定変更の方法は、設定アイコンを開き、一般を選択します。

一般を開いたらメニューの中から「TouchIDとパスコード」を選択します。TouchIDとパスコード画面の中の「パスコードを要求」を選択して設定変更をおこないます。時間は短ければ短いほどセキュリティは高まります。

バッテリー残量を%表示にする

iPhoneの初期設定のままだと、バッテリー残量が分かりにくいものとなっています。%表示をつけることで明確な残量が分かりますので、より適切にiPhoneを使っていくことができます。iPhoneのバッテリーに%表示をつける場合は、設定アイコンを開き、バッテリーを選択します。バッテリーを選択すると、「バッテリー残量」という項目がありますので、設定をオンにすると画面右上のバッテリー表示に%がつきます。

ビデオ撮影機能の容量を変更する

ビデオ撮影を頻繁にする予定の場合は、ビデオの画質を変更することによって、高画質の映像を撮れるようにしたり、画質を抑えて容量を少なくすることもできます。設定アイコンを開き、写真とカメラを選択します。「カメラ」の欄に、「ビデオ撮影」と「スローモーション撮影」という項目がありますので、選択すると画質を変更することができます。

画質を低くすることで、iPhoneの撮影した画像の容量が低いため、iPhoneの容量を圧迫しなくて済みます。あまり撮影予定がない場合は高画質で良いですが、頻繁に撮影する予定の場合は、画質を低くし、よりたくさんのデータを保存できるようにすると良いでしょう。

メールの署名を設定する

iPhoneを使ってメールを良くやり取りする予定の方は、その都度署名を入力しなくて良いように最初に署名設定をおこなうことができます。これにより、毎回おこなう署名入力の時間と手間を省くことができ、よりスムーズにメールを送信することができるようになります。

また、デフォルトの「iPhoneから送信」の署名を削除することもできます。署名の設定変更の方法は、iPhoneの設定アイコンからメールを開き、署名を選択します。署名を選択するとテキスト入力画面になりますので、希望の署名を入力し変更完了です。署名の反映はキャリアメールだけにすることもできますし、GmailやYahoomailなどにも反映させることができます。

視差効果を減らす

iPhoneは、アプリを切り替える画面にアニメーションが施されていたり、ホーム画面の待受画像がiPhoneの角度によって傾いたりする機能が備わっています。そのままでも良いのですが、これらの視差効果があるままだとiPhoneのバッテリーの減りが早くなり、iPhoneの動作も重くなる原因になります。

視差効果を減らす設定をオンにすることで、これらのアニメーションがなくなりますが、その分バッテリーの持ちが良くなります。視差効果の設定変更は、設定アイコンを開き、一般を選択します。一般を開いた後にアクセシビリティを選択し、「視差効果を減らす」をオン設定にします。

緊急速報をオン設定にする

iPhoneには地震や災害情報・避難情報をiPhoneに知らせる機能があります。地震の時にiPhoneからかなり大きなボリュームで音が鳴り「地震です」とアナウンスがあって、こういう機能があるということを知った人も多いはずです。非常にうるさい音ですが、災害時にはとても重要で大切な機能です。

初期設定で緊急速報はオン設定になっているのが普通ですが、念のため確認しておくようにしましょう。緊急速報機能の設定の確認方法は、設定アイコンを開き、通知を選択します。すると、さまざまなアプリの一覧が表示されていますので、一番下までスクロールすると緊急速報の欄があります。

カメラの位置情報サービスをオン設定に変更する

カメラの位置情報サービスをオン設定にしておくことで、カメラで撮影した画像の位置情報が登録され、撮影した場所を振り返って確認することができるようになります。写真アイコンから撮影地を見ることができますので、写真の思い出だけでなく、どんな場所で撮影をしたのか地図上で見ることができるようになります。

カメラの位置情報サービスをオンにするには、設定アイコンを開き、「プライバシー」を選択します。「位置情報サービス」という項目がありますので、選択してカメラをタップし、許可します。逆に位置情報サービス設定をオフにしたい場合は「許可しない」にチェックを入れます。

まとめ

今回は、iPhoneをより便利にする初期設定の変更方法について紹介いたしました。いずれに方法も簡単に設定変更することができ、iPhoneをより便利に使っていくことができるようになります。iPhoneは毎日使うものですし、時間さえあればiPhoneを使って調べ物したり、SNSしたりしている人は多いと思います。少しでもiPhoneを便利に使えるようにするためにも、始めて知った方法に関しては、ぜひ1度試してみてください!特に、iPhoneを使い始めて間もない方は、ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です