iPhoneの初期化方法と注意点

LINEで送る
Pocket

c2e5bdb9e85da858e10ab4febd444c72_s

今回は、iPhoneの初期化方法と注意点について紹介いたします。iPhoneがうまく作動しない場合や故障のような状態のときはiPhoneを初期化することで状態が改善される場合があります。また、iPhoneを人に譲ったり売却する場合は、iPhoneを初期化しなければいけません。ここでは、iPhoneを初期化する方法と、初期化する際に必ずおこなっておかなければいけない注意事項について解説いたします。iPhoneを初期化予定の方は、必ずご確認ください。

スポンサーリンク

iPhoneを初期化する前に必ずおこなっておくべき注意事項

ここでは、iPhoneをバックアップする前に必ずやっておくべきことについて紹介しています。何もせずにiPhoneを初期化してしまうとiPhoneのデータなどが消去されてしまい、とても困ってしまいます。必ず以下のことをおこなったうえでiPhoneを初期化するようにしましょう。

iPhoneのバックアップを取っておく(iCloud・iTunes)

iPhoneを初期化することでiPhoneのデータが消去されてしまいます。iPhoneを初期化する際には必ず事前にバックアップを取るようにしましょう。iPhoneのバックアップを取る方法は2つあり、iCloudを用いた方法とiTunesを用いた方法です。iCloudを用いてiPhoneのバックアップを取る方法は次の通りです。まず、iPhoneをwi-fiネットワークに接続しましょう。

wi-fiネットワークに接続しないとiCloudでバックアップを取ることはできません。また、iCloudでバックアップを取る場合は無料で保存できる容量が5GBまでとなっており、それ以上の容量が必要な場合は、iCloudを有料でアップグレードする必要がありますので、注意しましょう。

wi-fiネットワークに接続した後は、設定アイコンからiCloudを開きます。iCloudのメニュー一覧の中から、「バックアップ」を選択します。バックアップ画面になりますので、「iCloudバックアップ」をオン設定にし、「今すぐバックアップを作成」を選択します。

「今すぐバックアップ」を選択した後に、「iCloudストレージに十分な空き容量がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」と表示された場合は、iCloudの空き容量が少ないか、バックアップデータが5GBを超えている場合ですので、バックアップデータを少なくするかiCloudのアップグレードをおこないましょう。

容量に問題がない場合は、すぐにバックアップが作成されます。バックアップを取るデータを選択したい場合は、「iCloud」の画面で写真やメール、連絡先などバックアップを取るかどうかを選択することができます。

もし、iCloudの容量を増やすべくアップグレードをしたい場合は、「ストレージを管理」の画面でiPhoneを選択します。「容量」の画面になりますので「さらに容量を購入」を選択します。iCloudのアップグレードメニューが表示されますので、購入したいものを選択し画面右上の「購入」を選択するとアップグレードできます。

次にiTunesを使ってiPhoneのバックアップを取る方法です。iTunesを起動し、メニューの編集を選択、設定を開きます。画面アイコンのデバイスを開き、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れて進めます。ケーブルを使用してパソコンにiPhoneを接続し、パソコンの画面に表示あれるiPhoneを開きます。

iPhoneの概要画面が表示され、「今すぐバックアップ」をクリックします。すると、すぐにバックアップが作成され、画面上部にAppleロゴマークが表示されれば、iPhoneのバックアップ作成が完了です。

バックアップしたデータを確認したい場合は、パソコン画面左上のメニューアイコンをクリックし、設定を開きます。設定画面の中の「デバイス」アイコンを開き、「デバイスのバックアップ」欄でバックアップ内容を確認することができます。iCloudでもiTunesでもiPhoneのバックアップを取ることができますので、やりやすい方法でおこないましょう。iCloudの場合はアプリがバックアップされませんので、注意が必要です。

iPhoneを初期化する方法

ここでは、iPhoneを初期化する方法について紹介しています。iPhone単体でおこなう初期化方法とiTunesを使った初期化方法とがありますので、ご確認ください。

iPhoneだけを使って初期化する方法

iPhoneを初期化する場合に、パソコンなどを使わずiPhoneだけで初期化することができます。iPhoneだけで初期化する方法は次の通りです。まずiPhoneの設定アイコンを開き、一般を選択します。一般を開いたらメニュー一覧の一番下にあるリセットを選択します。リセットを選択するとリセットのメニュー一覧が表示されますので、上から2段目の「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。パスコード入力画面になりますので、パスコードを入力します。

画面上に「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします。」という表示と「iPhoneを消去」「キャンセル」が表示されます。「iPhoneを消去」をタップします。「本当に続けますか?」というメッセージが表示されますので、再度、「iPhoneを消去」を選択します。すると、iPhoneの画面にAppleのロゴマークが表示され、初期化の進捗状況が表示されます。少し時間を待つとiPhoneの初期化が完了します。

iTunesを使ってiPhoneを初期化する方法

iTunesを使ってiPhoneを初期化する方法についてです。パソコンでiTunesを起動します。iTunesが起動したら、メニューバーの編集を選択し、設定をクリックします。設定画面が開いたら画面上部のアイコンから「デバイス」を選択します。デバイスの画面が表示されたら、画面中部にある「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックをしてOKをクリックします。

iPhoneをケーブルでパソコンと接続します。iTunesの画面にiPhoneのアイコンが表示されますので、iPhoneアイコンを選択します。iPhoneの概要が表示された画面になりますので、「iPhone/iPad」を復元」をクリックします。確認メッセージが表示されますので、「復元と更新」をクリックします。使用許諾契約が表示されますので、内容を必ず確認し問題がなければ「同意する」をクリックします。あとは初期化が完了するまで待つだけです。

まとめ

今回、iPhoneの初期化方法と注意点について紹介いたしました。いろいろな状況でiPhoneを初期化しないといけない場合がありますが、初期化する場合は、必ずバックアップを取るようにしましょう。

写真や動画などが多い方は、iCloudの無料容量5GBでは足りない恐れがありますので、データを減らすか、iCloudをアップグレードするなどしておきましょう。特に自宅にパソコンを持っていない方は、早めにiCloudでのバックアップに対処できるように準備しておきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です