削除してしまったiPhoneの写真を復元する方法

LINEで送る
Pocket

パソコン③

今回、削除してしまったiPhoneの写真を復元する方法について紹介いたします。iPhoneのお気に入りの写真をうっかりと削除してしまうことありますよね?

そんな時に、もう1度削除した写真を復元する方法を知っておけば、簡単に写真を復活させることができます。特にこういった経験がある方は、ぜひ、ご確認ください。

スポンサーリンク

iPhoneの写真を復元する方法

最近削除した項目フォルダから復元する方法

iPhoneの写真を削除した場合、削除した写真は「最近削除した項目」のフォルダ内に移動します。このフォルダに入っている写真は完全削除することもできますが、何もしなければ30日程度は写真が残ったままの状態です。

意図的に完全削除していない場合は、このフォルダから写真を復元させましょう。フォルダの場所は、ホーム画面から写真アプリを開き、アルバムの中に最近削除した項目というフォルダがあります。フォルダを開いて復元した写真を選択し、写真を復元をタップすれば元に戻すことができます。

また、一覧表示画面で選択をし、すべて復元を選ぶとまとめて復元することができます。しかし、既に完全に削除した写真に関しては、戻ることはありません。

マイフォトストリームから復元する方法

日頃マイフォトストリーム機能を利用している場合、使える方法です。マイフォトストリーム機能を使っているとWi-Fiネットワーク下であれば、クラウド上に保存されており、他の端末からも写真を確認することができます。

iPhoneの端末から写真を削除した場合、すぐにマイフォトストリーム機能をオフにすれば、クラウド上には削除の反映がなされず写真は残ったままになります。

同期される前に機能をオフにするなどの必要がありますが、間に合えばマイフォトストリームから削除した写真を復元することができます。

iCloudフォトライブラリから復元する方法

普段、iCloudフォトライブラリを利用している場合は、写真を削除したあとにすぐに、Wi-Fiネットワークをオフにし、設定よりiCloudフォトライブラリ機能をオフにすれば、同期されずiCloudの中に削除した写真が残っている可能性があります。

すぐにWi-Fiネットワーク設定をオフにできるかどうかが重要ですが、間に合えばiCloud上に写真が残っており、iPhone端末で削除していても復元することができます。

DropboxやGoogleDrive、GooglePhotoなどクラウドストレージから復元する方法

iPhoneの端末に保存してある写真を削除したとしても、普段からDropboxやGoogleDrive、GooglePhotoなどのクラウドストレージを使って写真を同期している場合であれば簡単に復元することができます。

操作は簡単で、DropboxやGoogleDrive、GooglePhotoなど使っているクラウドストレージのアプリを開き、写真を確認するだけです。

クラウド上の写真を削除している場合は難しいですが、iPhone端末の写真削除であれば、アプリ内の写真は消えていないはずです。アプリを開き該当する写真を確認したらiPhone端末へ保存するだけで復元することができます。

メールから復元する方法

該当写真を過去にメールで送信している場合は、その添付メールを開くことで写真を復元することができます。

キャリアメールやGmail、Yahoo!mailなどで添付して送信したことがあれば、遡ってメールを開き、添付した写真を開きましょう。開いた写真を再度保存すればiPhone端末に復元することができます。

写真を投稿しているSNSから復元する方法

FacebookやInstagram、Twitter、LINEなど、各SNSに該当写真を投稿していることがあれば、SNSから復元させることができます。

投稿しているSNSを開き、該当写真を選択し、改めてiPhone端末へ保存するようにします。SNSによってはそのまま保存することができない場合もありますので、その場合は再度同じ写真を共有する必要があります。

iTunesやiCloudのバックアップから復元する方法

もし、写真をiCloudやiTunesでバックアップを取っている場合は、バックアップから復元することができます。iCloudのバックアップであれば、iPhoneのホーム画面から設定アプリを開き一般を選択します。

そして、リセットを選択し、すべてのコンテンツと設定を消去を選びます。リセットが終わったら、復元するバックアップを選びます。iTunesのバックアップであれば、iPhoneとパソコンをケーブルで接続し、iPhoneを復元を選択します。

これでバックアップしていた写真が復元します。注意が必要なのは、バックアップから復元する場合、写真以外のデータも全て復元されます。

PhoneRescueで復元する方法

iTunesやiCloudにバックアップを取っているものを復元する場合、写真以外にも全てのデータが一緒に復元されます。PhoneRescueを使えば、該当写真のみをバックアップから抽出することができます。

方法は、PhoneRescueをダウンロードします。ダウンロードが終わったら起動します。

すると、「iOSデバイスからリカバリー」「iTunesバックアップからリカバリー」「iCloudからリカバリー」「iOS修復ツール」という選択項目が表示されますので、

「iTunesバックアップからリカバリー」「iCloudからリカバリー」のどちらかの写真のバックアップがある方を選択します。

すると、次の画面で、バックアップリストが表示されますので、該当する復元したいものを選択します。もし、パソコンにiPhoneを接続している場合は、iPhone内のデータとバックアップのデータを比較することができ、どのデータがデバイス上にないのか確認することができます。

バックアップのスキャンが終わったら、復元データが表示されます。復元したい写真を選び、復元ボタンをクリックすれば写真がパソコン上に復元されます。あとは、パソコン上に復元された写真をメールやケーブルなどでiPhoneに転送しましょう。

iBackupBotで復元する方法

iBackupBotは、iPhoneのバックアップデータから特定のデータだけを取り出せるパソコン用のソフトです。まずは、パソコンにiBackupBotをダウンロードします。

インストールし起動すると、iPhoneのバックアップデータを自動で読み込みます。写真の場合は、画面右下の「CameraRoll」をクリックすると、iPhoneのカメラロールに写真一覧が表示されます。

一覧を確認し、復元したい写真を選択しExportをクリックします。あとは復元したい写真の保存先を指定し、復元完了です。写真以外にもメールや連絡先なども復元することができます。

まとめ

今回、削除してしまったiPhoneの写真を復元する方法について紹介いたしました。各方法簡単におこなうことができますので、うっかりお気に入りの写真を削除してしまった場合は、紹介方法をおこない復元しましょう。

しかし、場合によっては復元ができない場合もありますので、常日頃からバックアップなどを取るようにしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です