iPhoneから自宅のプリンターへ直接印刷を送信する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneはカメラとしてもすぐれもので、高画質の写真を手軽に撮影することができます。最近はデジカメをめっきり使わなくなったな…という方も多いのではないでしょうか。

きれいに撮れた写真は印刷したくなるものですが、皆さんどうされてますでしょうか? iPhoneで撮った写真を一度パソコンに取り込んでからプリントアウトするという方法が一番ポピュラーではありますが、ちょっとめんどくさいときもありますよね。

写真撮影がお手軽なだけに、印刷もなんとかならないの?と、思われていることでしょう。 ここでは、iPhoneから自宅のプリンターへ直接印刷を送信する方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

iPhoneで直接印刷する方法の概要

LightningケーブルでiPhoneをプリンタを直接USB接続して印刷できればいいのですが、残念ながらできません。たまにしか印刷しないのであればWebサービスなどを使うのも一つの方法ですが、できれば自宅で手軽に印刷したいものです。
結論から言いますと、最低限

  • 1.AirPrintという規格に対応したプリンタ
  • 2.Wi-Fi(無線LAN)対応のプリンタ
  • 3.同じWi-Fi圏内にパソコンがあり、USBプリンタを接続できる
  • 4.Wi-FiルータとプリンタをUSB接続できる

のどれかができる環境が必要です。一言でいうとWi-Fi環境が必須です。なお、3.および4.についてはトライすることはできますが、ハードの制約上機能しないケースもあります。

AirPrint対応プリンタを使う

AirPrintとは、iPhoneやiPadに標準で搭載されている機能で、アプリなしでプリンタへ直接データを飛ばして印刷できるという便利なものです。ただし、プリンタ側がAirPrintに対応している必要があります。Appleのページに、対応プリンタ一覧が掲載されています。AirPrint について-Apple

AirPrintの特徴

AirPrintの特徴です。

  • 設定不要(というか、できない)
  • 写真以外にも、Webページ(Safari)、iPhone内のメールや文書など、ほとんどが印刷可能

非常に使いやすい、いかにもApple的な機能となっています。ただし、部数や印刷ページ指定以外の印刷設定が全くできず、印刷サイズなどは自動設定され、変更することはできません。とはいえ、これからプリンタを購入するのであれば、迷うことなくAirPrint対応機種にしましょう。詳細な操作方法はこちらです。とても簡単です。
AirPrint を使って iPhone、iPad、iPod touch からプリントする-Apple

AirPrint対応プリンタ

いくつかご紹介します。通常サイズのプリンタの他、写真印刷に特化した小型のものもあります。

【写真に特化】CANON SELPHY CP910

出典:http://kakaku.com/

フォトサイズに特化した、小型のAirPrint対応プリンタです。カラーバリエーションは写真のパープルの他、白もあります。USBポートも付いており、デジカメ・USBメモリからも印刷できます。専用用紙を使うことで、シール印刷や証明写真印刷もでき、写真を楽しみたい方にはおすすめです。

【低価格】PIXUS MG3630

pixus-mg3630

出典:http://kakaku.com/

\6,370~\7,330(価格.comによる、2017年1月現在)と、かなり低価格なAirPrint対応プリンタです。AirPrintの他には特筆できる機能はないものの、前面給紙対応、スキャナ搭載と、本格派に引けを取らない機能が備わっています。

【評価★★★★★】PIXUS PRO-10

pixus-pro-10

出典:http://kakaku.com/

価格.comで最高評価のAirPrit対応プリンタです。それなりに値は張りますが、カラーマッチング不要、A3対応など、文句なしの性能です。AirPrint以外にもいろいろ使いたい、印刷クオリティにこだわる、といった方におすすめです。サイズはかなり大きく場所を選びますが、iPhoneのカメラ性能を引き出すにはピッタリのプリンタかもしれません。

AirPrint非対応プリンタを使う

AirPrint非対応のプリンタでも、Wi-Fi(無線LAN)に対応したプリンタであれば、iPhoneへアプリをインストールすることで、印刷ができるようになります。

Wi-Fi対応プリンタでの方法

AirPrint非対応&Wi-Fi対応プリンタで使えるiPhoneアプリをいくつかご紹介します。

Printer Pro

appstore

iPhoneやiPadから写真やドキュメントを印刷するためのアプリです。iPhone/iPadと同じWi-Fi圏内に、Wi-Fi対応プリンタがいることが条件となります。印刷できるデータは多岐にわたり、

  • Webページ(Safariのみ&アドレスバーの”http”を”phttp”に打ち替える必要あり)
  • PDFやメール文書
  • クリップデータ

といった感じで、AirPrintに引けを取りません。
AirPrint非対応Wi-Fiプリンタをお持ちでそのまま使いたい方にはうってつけのアプリです。なお、本アプリには無料のLite版と有料版(¥850)があり、Lite版で動作確認→有料版を購入、という流れとなりますのでご了承ください。有料とはいえ、AirPrint対応プリンタを新たに購入することに比べればかなりお得と言えます。

プリンタメーカ配布のアプリ

以下は、プリンタ各メーカが配布しているiPhone印刷用アプリです。各メーカが自社プリンタ用に開発したものとなるので、動作保証などの点で安心です。いずれも無料ですので、各社プリンタをお持ちでしたらお気軽に試していただけます。
【Epson iPrint】

epson_iprint
appstore

【Cannon PRINT Inkjet/SELPHY】

cannon
appstore

【Brother iPrint&Scan】

brother
appstore

Wi-Fi非対応プリンタでの方法

Wi-Fi(無線LAN)非対応プリンタですと、プリンタのデータ受信経路は一般的にUSBのみです。この場合は、プリンタのUSBポートを受けるための機器が必要です。具体的には、下記のいずれかとなります。

  • パソコン
  • USB接続できるWi-FiLANルータ

パソコン

iPhoneから飛ばされたデータをパソコンで受けて、USB接続されたプリンタへデータを送信、印刷という流れになります。パソコンにAirPrint対応プリンタの”ふり”をしてもらうため、パソコンへのアプリイントールが必要です。また、当然ながら印刷時はパソコンの電源を入れておく必要があります。
【MacOS】
プリンタを接続しているパソコンがMacであれば、”handyPrint”というアプリをインストールすれば、比較的簡単にAirPrint化できます。
handyPrint v5.4.2
こちらの”Download v5.4.2″という紫のところをクリックしてダウンロード、インストールします。iOSは10まで対応とのことで、まず問題ないと思います。

【Windows】
プリンタを接続してるパソコンがWindowsの場合、複雑な設定が必要です。こちらに詳しいページがありましたのでご紹介します。
Windows 7 で Airprint サーバを立てる
ただし、

  • 少し前の情報(2014年)で、Windows7+iOS7という環境です。
  • 設定が少々面倒。レジストリ書込みやネットワークの設定が必要

といった感じで、PC設定に慣れてないと大変かもしれません。

USB接続できるWi-Fiルーター

USBポートが付いていて、プリンタをUSB接続できるWi-Fiルーターがあります。これを使う方法です。
上記と違いパソコンを起動する必要がありませんのでお手軽ですが、対応機種はまだまだ少ないのが現状で、現在持っているルーターがたまたま対応していたというケースは少なそうです。
Amazonで調べたところ、該当するものは一件のみでした。

printserver

プリントサーバ C-6700WG キヤノンプリンタ専用USBプリントサーバ

出典:https://www.amazon.co.jp/

新規購入するとAirPrint対応プリンタと同じくらいの値段です。どちらを選ぶかはよく検討する必要があります。

まとめ

iPhoneから自宅のプリンタへ直接印刷を送信する方法についてご紹介しました。
結局のところ、

  • AirPrint対応プリンタを用意する
  • Wi-Fi対応プリンタ+iPhoneアプリで対応する

のどちらかが間違いがないと言えます。Wi-Fi対応のプリンタも増えてきましたので、これからプリンタを購入される方はおそらく、どれを選んでも問題ないのではと思います(カタログなどでの動作確認は必須ですが…)他の方法は難解なだけでなく、結局できないこともあり得ますので注意しましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です