Home / iPhone / 水没は修理の保証になるの?iPhoneを水没させてしまった時の対処法

水没は修理の保証になるの?iPhoneを水没させてしまった時の対処法

Pocket

7da2f50c7727bde28de16946a1864d6a_s

iPhoneを水没させてしまったことはありますか?

「運悪く落としたところが水たまりで…」「食事中にiPhoneに飲み物をこぼしてしまった…」など、常に携帯して生活の一部だからこそ、いつどこで水没してしまうかわかりません。

iPhoneが水没してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。また、水没した際の修理は保証の対象になるのでしょうか。

今回は、iPhone水没時のNG対処法や保証について紹介します。特にiPhone使用歴が短い方は、覚えておいて損はありませんので参考にご覧ください。

1.水没した際にやってはいけないこと!

d15f6cc9fddf29f574f63fdc1b8b6153_s

iPhoneが水没してしまった場合、どのようなことをすればよいのでしょうか。

ここでは、水没した場合にやってはいけない4つの行為について見ていきましょう。これらの行為をしてしまうと、iPhoneの故障の原因となる可能性がありますので注意が必要です。

また、こういったことを覚えておき、しっかりと対処すれば回復する可能性もありますので是非確認してみてください。

電源を入れる

iPhoneが水没した絶対にやってはいけないことの1つが電源を入れることです。水没することで電源が切れている場合がありますが、くれぐれもiPhoneの電源を入れないようにしましょう。

iPhoneも他の電子機器と同様で、濡れた状態で電源を入れることで基盤がショートして壊れる可能性があります。危険性もありますので、電源を入れるのはNGです。また、水没後に電源が付いている場合は、すぐに電源を切るようにしてください。

充電をする

水没後に充電するのもNG行為です。上記の電源を入れるのと同様、ショートして壊れる可能性がありますし、濡れている状態で充電することは人への危険性もあります。iPhoneは電子機器ですので、このようなトラブル時はデリケートに扱わなくてはなりません。

水滴をタオルで拭き取った場合でも、iPhone内部が完全に乾いていない可能性があるため充電するのはやめましょう。

本体を振る

水没した後にiPhoneを振ってしまう方もいますが、振ってしまうと余計に故障の原因になってしまいます。iPhoneを振ったからといって表面に付いている水滴は取れたとしても、内部の水を完全に取り除くことはできません。

また、振ることで逆に内部に水気が広がってしまいます。振っても良いことより悪いことの方が多いですので、安易に水没後のiPhoneを振らないようにしてください。

ドライヤーなどで温める

「濡れたからドライヤーで乾かす」と考えるのもNGです。iPhoneは電子機器であり、熱に非常に弱いです。ドライヤーで乾かすことは、逆に故障の原因になる可能性があります。

濡れたからといってドライヤーを持ち出すことはやめましょう。また、iPhone以外のパソコンやタブレットなどの電子機器が水没した場合も同様です。

2.水没は保証の対象になるのか

33b0edf800d5e9ff566e2b8f687a5634_s

ここでは、水没の際の保証について見ていきましょう。

AppleCare+ for iPhoneに加入している場合

AppleCare+ for iPhoneに契約していると、水没でiPhoneが故障した場合も保証の対象となります。加入には別途料金がかかりますが、未加入時よりも安い料金で修理ができます。※水没はApple製品1年限定保証の対象にはなりません。

■AppleCare+ for iPhone料金

  1. iPhoneX 22,800円
  2. iPhone8 14,800円
  3. iPhone7 14,800円
  4. iPhone6s 14,800円
  5. iPhone8Plus 16,800円
  6. iPhone7Plus 16,800円
  7. iPhone6sPlus 16,800円
  8. iPhoneSE 12,800円

■AppleCare+ for iPhone未加入時の修理料金

  1. iPhoneX 60,800円
  2. iPhone8 38,800円
  3. iPhone7 35,800円
  4. iPhone6s 33,800円
  5. iPhone8Plus 43,800円
  6. iPhone7Plus 38,800円
  7. iPhone6sPlus 36,800円
  8. iPhoneSE 30,800円

■AppleCare+ for iPhone加入時の修理料金

  1. どのiPhoneも【11,800円】(最大2回まで)

万一の際は、加入していれば非常に安価な料金で修理ができるため安心です。

各キャリアによる補償サービス

ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアではどのような補償サービスを提供しているのでしょうか。各キャリアの補償サービスについて見ていきましょう。

ドコモ

ドコモは「ケータイ補償サービス for iPhone&iPad」で、月額500円〜750円で水没時の修理を7,500円〜11,000円(年2回まで)で行っています。修理を依頼する場合は手続き後1〜2日以内に交換電話機が届きます。

au

auではauスマートパス会員であれば「あんしんサービス」により、水没時に最大10,000円(2回)の料金で修理ができます。また、auスマートパスプレミアム会員の場合は最大11,800円相当のWALLETポイント(4回)、修理代金をサポートします。

ソフトバンク

月額650円〜750円の「あんしん保証パック(i)プラス」により、支払った修理代金の80%以上が月々の利用料金から割り引かれます。

3.修理を依頼する

iPhoneを修理する場合は、以下の店舗に持って行きましょう。AppleStoreが近い場合はおすすめですが、キャリアの補償サービスに加入していたり、AppleCare+ for iPhoneに加入してない場合は他の店舗の方が安くすむ可能性があります。

Apple Store

iPhoneの修理であればやはりAppleStoreが1番安心できます。Appleのサイトで事前に保証状況を確認し、Appleサポートへ連絡したうえで、最寄りのAppleStoreで持って行きましょう。近くにない場合は郵送での修理にも対応しています。

ソフトバンクショップ

2017年10月より、ソフトバンクショップでiPhoneの修理取次サービスが開始されています。これにより、最寄りのソフトバンクショップへ行けば、修理の申し込みが可能です。(一部対象外の店舗もあり)。

auショップ

auショップでも「iPhone/iPad店頭修理サービス」を行っており、店頭で受付や修理診断、見積もり、申し込みなどがすべてできます。auのiPhoneを使っている方は、最寄りのauショップへ行きましょう。

Apple正規サービスプロバイダ

Apple正規サービスプロバイダであれば、故障したiPhoneを持ち込むことができます。ビックカメラやカメラのキタムラなどがあります。多くのApple正規サービスプロバイダ店舗があるので、事前に確認したうえで最寄り店舗へ持って行きましょう。

それ以外の修理サービスを利用する

街中になるiPhone修理店を利用する方法もあります。ただし、これらの店舗で修理する場合はAppleやキャリアの保証が効かないのと、その後保証を受けられなくなる可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。

まとめ

iPhoneを水没させないことが1番ですが、水没した場合のNG行為についてはしっかり覚えておきましょう。場合によっては回復してくれる可能性もあります。

また、Appleの保証に入っているか、各キャリアの補償サービスに加入している方は、事前に確認しておきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

33b0edf800d5e9ff566e2b8f687a5634_s

イライラ解消!遅いiPhoneの動作を速くする方法13選

iPhoneの動作が異常に遅い …

Facebookでのご購読が便利です