iPhoneが水没した!水没からiPhoneを復活させる方法

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneが水没した!水没からiPhoneを復活させる方法について紹介します。普段肌身離さず持っているiPhoneですが、ふとした時に落としてしまって水没したり、水などをiPhoneにこぼしてしまったりすることがあります。

そんな時はどのようにしてiPhoneを復活させたら良いのでしょうか?電子機器なので、水に弱く処置を間違えてしまうと、完全に故障してしまいます。しっかりと処置方法を確認し、適切に対応できるようにしましょう!

スポンサーリンク

水没からiPhoneを復活させる方法

電源を切る/付属品は全て取り外す

水没したiPhoneを水から取り上げた後に、まずはすぐに電源を切ります。iPhoneは電子機器でもあるので、電源を入れっぱなしにしておくと、中の部品や基盤がショートしてしまう可能性があります。

スリープボタンを長押しして電源を切るようにしましょう。仮に水から取り出した際に電源が切れていた時は、絶対に電源を入れてはいけません。電源を入れることで余計に故障につながる場合があります。

また、iPhoneケースやイヤホン、USBケーブルなど付けている場合であれば、全ての付属品を取り外します。特にiPhoneのカバーを付けたままだと、隙間に水が入り込んでしまいます。

全ての付属品を外し、すぐに表面の水分を拭き取るようにしましょう。

SIMカードを抜きます

SIMカードが濡れて使えなくなるとデータなども全て消去されてしまいます。iPhoneが水没した場合は、表面を拭きとった後に必ずSIMカードを抜くようにしましょう。

SIMカードの抜き方は、iPhone購入時の箱の中に同封されていたクリップのようなSIM取り出しツールを使います。差し込んで引っ張るだけで簡単に取り外すことができます。

SIM取り外しツールが見当たらない場合は、クリップを使っても取り外すことができます。

挿し込み口の水分を取り除く

iPhoneのイヤホンを使う場合に挿し込むイヤホン端子と、充電する場合にLightningケーブルを挿し込む部分の水分を取り除きます。

かなり小さい穴で綿棒なども入りませんので、ティッシュを上手く小さく細く丸め、中の水分を取り除きます。

自然乾燥させる

乾燥剤などを使う方法もありますが、急激な乾燥は逆にiPhoneの故障の原因になりかねません。少し温かい場所で3日程度は自然乾燥させましょう。

また、気になるからといってこの間にiPhoneの電源を入れてはいけません。電源を入れると故障の原因になりますので、自然乾燥しながら、ひたすら祈り、我慢しましょう。

AppleStoreに持ち込み

自然乾燥までさせても、ダメだった場合は、Appleサポートセンターに連絡をしましょう。そして連絡をしたうえで、近くのAppleStoreに持ち込みましょう。

AppleCare+for iPhoneに加入している場合は、購入日から2年間、修理サービスなどを7800円で最大2回まで受けることができます。

また、各iPhoneの修理料金は、AppleCare+for iPhoneに加入している場合と未加入に場合により異なります。

iPhone6sPlus(加入:11800円、未加入:38800円)、iPhone6s(加入:11800円、未加入34800円)、iPhone6Plus(加入:7800円、未加入:38800円)、

iPhone6(加入:7800円、未加入34800円)、iPhoneSE・iPhone5s・iPhone5c(加入:7800円、未加入31800円)、iPhone5(加入:4400円、未加入31800円)

近くにAppleStoreがない場合

近くにAppleStoreがない場合は、オンラインまたは、電話で配送修理を依頼することができます。依頼をすると指定の配送業者がすぐに修理が必要なiPhoneを集荷に来てくれます。

集荷に来た配送員にiPhoneを渡すと大体1週間ほどで修理済みのiPhoneが送られてきます。AppleCare+for iPhoneに加入している場合は、エクスプレス交換サービスも無料で利用できます。

エクスプレス交換サービスは、iPhoneの修理が必要な際に、AppleにiPhoneを送っても、交換機が届くことです。指定の配送業者がiPhoneの交換機をすぐに届けてくれます。

届けてくれたiPhoneと引き換えに修理が必要なiPhoneを配達員に渡します。数日かかる修理サービス中は、交換機を利用することができます。

iPhoneが水没した際にやってはいけない応急処置

電源を入れる

水分がある状態で電源を入れることにより、内部の基盤などがショートする可能性があります。速やかに電源を切ってください。

振らない

水没して水がついているからといって、iPhoneを振ってはいけません。iPhoneを振ってしまうと、逆効果です。内部に水を行き渡らせることになり、故障の原因に繋がります。

表面の水分を取り除く場合は、振るのではなく、拭き取るようにしてください。

ドライヤーで乾かす

水没した際もそうですが、水没していない時もドライヤーを当てるなんてことはやってはいけません。温度の高い熱風でiPhoneの故障の原因に繋がります。

また、風で水分を乾かそうとしても、逆に風によって水分が内部に行き渡る可能性があります。ドライヤーで乾かすなんてことは絶対にやってはいけないことです。

電子レンジで乾かす

iPhoneは電子機器です。パソコンなどと一緒です。水に濡れたからといって電子レンジで乾かそうと温めると、濡れていなくても壊れてしまいます。

故障や異常の原因になりますので、電子レンジの中に入れることも避けるようにしてください。温めるなんて言語道断です。

充電やパソコンに接続する

iPhoneが水没した場合は完全に直るまで、充電することやパソコンに接続してはいけません。ケーブルを挿して接続することにより電流が流れる訳ですので、挿し込み接続することが原因で故障してしまいます。

重大な故障になりかねません。また、場合によってはケーブル自体も使えなくなってしまいます。バッテリーがない場合も、充電をするのは完全に直った後にしてください。

1日〜2日経って電源をつけること

電源はつけないようにしましょう。最低でも3日異常置かないと危険です。1日〜2日程度では水分が残っている可能性があり、電源を入れることで内部がショートし、故障してしまう可能性があります。

水分が残っている可能性がある場合は、絶対に電源を入れないようにしましょう。

乾燥剤で乾かす

乾燥剤で乾かそうとすると急激に乾かすことになりますので、iPhone内部の腐食・故障に繋がります。市販の乾燥剤などは使わないようにしましょう。

まとめ

今回、iPhoneが水没した!水没からiPhoneを復活させる方法について紹介いたしました。必ずiPhoneが復活する訳ではありませんが、故障する確立を少しでも減らすことができます。

いつ水に濡れたり、水没したりするか分かりませんので、しっかりと対応方法を把握しておき、いつでも適切に対処できるようにしておきましょう。

また、1番大事なのは水に濡れないようにすることですので、防水ケースなども含め、事前に予防できる対策もしておくと良いでしょう。

データなどが消えたり、iPhoneが完全に故障した場合は大きな出費となってしまいます。なんとかそれは避けるようにしたいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です