iphoneにスピーカーをつないでみんなで聴く!おすすめスピーカーはこれ!

LINEで送る
Pocket

3cb27a479b12142400d6e1c1612f20a7_s

iPhoneの音楽をみんなで聴きたいけど、端末のスピーカーでは小さすぎる上に音質も悪く、とても実用的ではありません。大人数で音楽を楽しんだり、部屋で大きな音で楽しんだり、野外で楽しむためには外付けのスピーカーが必須です。iPhone向けのスピーカーとしてはLightningコネクタを介した専用のものもありますが、Bluetooth接続を使用したスピーカーもあります。

どちらの接続方式にも長所、短所があり、自分の求める接続方式をよく考えて購入するスピーカーを選択すると良いでしょう。本記事では、iPhoneやiPodで高音質、大音量で楽しむためのスピーカーをいくつかご紹介いたします。是非、スピーカー選定の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Bluetoothで接続するタイプのスピーカー

iPhoneは、Bluetoothが搭載されていますので、まずはこちらに対応したスピーカーから選択していくのがよいでしょう。Bluetooth対応スピーカーならば、iPhone以外でも使えます。製品の種類も多く、色々な価格帯・特徴を持った製品から選択できるのがメリットです。また、Bluetooth接続だけでは無く、このタイプのスピーカーは入力端子にオーディオ入力端子も付いているものが多く、iPhoneのイヤホンジャックから、直接オーディオケーブルでスピーカーに接続もできます。

Bluetooth接続は一度iPhoneとペアリングをしてしまえば、後はiPhoneでBluetoothをオンにして、スピーカーの電源を入れるだけで手軽に接続できるのが便利です。

Beats Pill+ ポータブルスピーカー

Apple Storeで販売されている、BeatsブランドのBluetoothスピーカーです。コンパクトなサイズで、どこでも持ち運んで楽しめます。コンパクトながら、高音域から低音域まで高音質の音楽再生が可能です。Apple Storeで販売されているだけに、iPhoneとの親和性が高く、専用のアプリを使用すれば、スピーカーを2台使用して、1台を右用、もう一台を左用のスピーカーとして使用できるのが特徴です。購入はこちらから。

バッテリーも12時間使用できるので、電池切れの心配をしなくても使用出来ます。また、Lightningケーブルが付属しており、iPhoneを充電しながら使用することもできます。スピーカー選びで迷ったら、こちらの製品から検討してみてはどうでしょうか?

ML4P2-large-top_v2

出典:Beats Electronics International Ltd.

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー

JBLブランドのスピーカー、「JBL FLIP3(フリップ3)」はどうでしょうか? こちらのスピーカーはアウトドアに特化された製品で、スプラッシュプルーフ(IPX5防水機能)に対応しており、海水浴や、お風呂場で使用することができます。同ブランドの高音質が楽しめるのはもちろん、高性能ノイズキャンセリング機能付きで、ハンズフリー通話でも周囲の騒音をカットして明瞭な通話が可能です。

こちらのスピーカーにも、専用のアプリがあり、スピーカーを2台そろえてステレオスピーカーとして使うことも出来るようになっています。カラーバリエーションが豊富で、見た目も楽しく、友人たちとアウトドアで音楽を楽しみたい場合は、選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

71BVICFxmdL._SL1200_

出典:JBL

SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-X1

SONYからもBluetoothスピーカーは多数販売されています。SRS-X1シリーズは手のひらサイズの球形状をしており、防水機能付きですので、iPhoneと共に(iPhoneの防水機能はiPhone7以降となるので注意です)、プールサイドなどで気軽に音楽を楽しむことができます。小さいためカバンにも入れて持ち運びやすく、外出先で音楽をシェアしたくなったときにさっと取り出せるのが魅力です。

SRS-X1

出典:SONY

Marsboy Bluetooth スピーカー ポケットサイズ キューブ型

さらに小さく、お手頃価格のスピーカーを探しているのであれば、Marsboy(マーズボーイ)ブランドの超コンパクトスピーカーはどうでしょうか? 指輪ケースほどの大きさですので、カバンのミニポケットなどにもすっぽり入ります。このサイズでも最長12時間の再生ができるのも特徴です。音質より、手軽さ重視という方はこういったスピーカーをチョイスしてみてはどうでしょうか?

616hlAODODL._SL1000_

出典:AMAZON

Lightningコネクタで接続するタイプのスピーカー

Lightningコネクタで接続するタイプのスピーカーのメリットとしては、Bluetoothでは特性上、音質が圧縮されてしまうので劣化を伴ったり、電波環境によってはノイズが発生したりするのに比べ、Lightning接続は音質の劣化が無く、充電しながら音楽を楽しめる特徴があります。もともとiPhone、iPod向けに作られていますので、iOSがアップデートされても対応が保証されているのは安心です。

ただし、Lightningコネクタに直挿しする形状のため、スピーカーによってはiPadなどの大型デバイスでは使用出来ない(延長ケーブルがあれば可)点には注意が必要です。

Bose SoundDock XT ドックスピーカー

音質で定評のある、BoseブランドのLightningドックスピーカーです。こちらは据え置きタイプになりますが、デザイン性にもすぐれているため、インテリアとしても楽しめます。iPhoneを固定する場所は広めにとってあり、5.5インチサイズのiPhone plusでも使用が可能です。中には、5.5インチサイズのiPhoneが直接差し込めないスピーカーもありますので、Lightning接続のスピーカーを使用する際は、使用できるiPhoneサイズを必ず確認するようにしてください。

71Kvgjzae+L._SL1000_

出典:AMAZON

TDK LoR Lightningコネクタ対応 トラベルスピーカー TAC3122N

こちらは折りたたみ式で、旅行などにも持ち運びやすいLightning接続タイプのスピーカーです。ACアダプターから電源をとる他、据え置きせずに、単四電池4本での動作も可能となっています。Lightning接続でポータブルタイプのものを探しているのであれば、こういった製品もオススメです。こちらは5.5インチタイプのiPhoneは使用出来ない点は注意が必要です。また、こちらの製品は現在収束しており在庫限りとなっているのは残念なところです。

91NgLq+vTEL._SL1500_

出典:AMAZON

AirPlayで接続するスピーカー

iPhone、iPad、iPodなどのApple製品には、Bluetoothの他、AirPlayというワイヤレス接続方式があるのはご存じでしょうか? AirPlayのメリットはApple Lossless (可逆圧縮)により音質が劣化しないため、音質を重視してワイヤレス接続で音楽を楽しみたい場合には、必須の接続方式です。また、AirPlayはAppleTVデバイスに接続されたモニタに、iPhoneの画面をミラーリングして映し出すことも可能です。

AirPlayのアイコンはAirPlay対応デバイスとあらかじめWi-Fi経由で接続していないと、iPhone上では確認出来ません。対応デバイスが周りにない場合、iPhoneの画面を下からスワイプして、コントロールセンターを確認してみても、AirPlayのアイコンが表示されていなくても不具合ではありませんので心配無用です。

harman/kardon AURA ワイヤレススピーカー HKAURAAPBLKJN

harman/kardonブランドから、AirPlay対応スピーカーが販売されています。真空管を思わせるような、クリアな筐体が特徴のスピーカーです。このスピーカーは、AirPlayの他、Bluetooth接続や、DLNAを使用してPCなどからの音楽再生も可能な、ワイヤレスに特化した機能を兼ね備えています。少々値段が高めですが、音質にこだわる方は検討してみてはどうでしょうか?

同ブランドから、同じデザインでBluetoothのみの製品もありますので、購入の際は間違えないようにしてください。

100000001002360727_10204

出典:AMAZON

これからiPhoneでスピーカーを使うならBluetooth対応製品を

先日、iPhone7がAppleより発表されましたが、iPhone7からはイヤホンジャックが廃止されています。イヤホンジャックが廃止された傾向から考えますと、今後はLightning接続やBluetoothを接続でのスピーカー接続をAppleは推進していくものと思われます。Lightning接続は音質の劣化はないものの、直接スピーカーとの接続となるため煩わしさがあります。

その点、Bluetooth接続では配線を気にせずスピーカーが設置できて部屋がスッキリしますし、野外でも気軽に使える製品も多いため、大人数で音楽をすぐに楽しみたい場合は、Bluetooth接続製品から選択するのがお勧めです。製品の幅も広く、iPhoneのイヤホンジャックの廃止に伴って、今後さらに製品が拡充していくことが予想されます。

後は、音質や価格に合わせて製品を選んでいくと、必要としているピッタリのスピーカーと出会えるはずです。是非、良いスピーカーで楽しく音楽鑑賞をしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です