iPhoneの音声コントロールをオフにする方法

LINEで送る
Pocket

0a6b7f68922f586ee8a955cb5f9c13a1_s

今回は、iPhoneの音声コントロールをオフにする方法についてご紹介いたします。iPhoneには便利な機能として、音声で操作できる機能が2つあります。

それが、音声コントロールとSiriです。ともに違いはありますが、どちらも簡単に電話連絡や音楽操作、Siriであれば様々な要求に答えてくれます。一方で、これらの機能により、誤って作動する場合もあります。

よくあるのが、ポケットにiPhoneを入れているときに無意識にホームボタンが押されていて勝手に電話がかかっている場合です。

今回、紹介する音声コントロールのオン・オフの設定方法や、Siriの扱い方などを把握して、誤作動がおきないようにしたうえで、便利に使っていけるようにしましょう。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの音声コントロールに関して

iPhoneの音声コントロールとは?

ホームボタンを長押しするたけで起動し、iPhoneに話しかけることで操作できます。ロック解除せずともロック画面中でも起動でき、音声で操作することができます。また、付属イヤホンのセンターボタンを押しっぱなしにしても起動することができます。

音声コントロールを起動する方法

iPhoneには音声でコントロールできるシステムがSiriと音声コントロールの2つあります。どちらのシステムも表裏一体となっており、Siriをオンにすると音声コントロールがオフになり、Siriをオフにすると音声コントロールがオンになります。

そのため、音声コントロールを起動したい場合は、Siriをオフにすると起動することができます。

Siriと音声コントロールの違い

Siriも音声コントロールもホームボタンを長押しするだけで立ち上がり、音声でiPhoneを操作することができます。Siriはオンライン上で情報を参照するのに対し、音声コントロールはiPhoneの端末の中にある情報を参照します。

そのため、音声コントロールはSiriに比べると認識できる言葉や検索できる情報が少なく、基本的には、電話連絡に関することか、音楽に関することのみの対応になります。音声コントロールはインターネットに接続していない状態でも使うことができます。

一方でSiriは、話しかけたことに対して答えたり、検索したりシステムを起動したりします。クラウド上で常に情報がアップデートされていきますので、どんどん精度が高くなり、様々な要求に応えてくれるようになります。

音声コントロールをオフにする方法

Siriと音声コントロールの両方を同時にオフにすることはできません。音声コントロールだけをオフにしたい場合は、Siriをオンにします。Siriをオンにすることで、音声コントロールはオフになります。

Siriをオンにする場合は、ホーム画面で設定アプリを開き、一般を選択し、Siriをタップします。Siriをオンにすることでホームボタンを長押しするとSiriが起動するようになります。

音声コントロールをロック画面でオフにする方法

ホーム画面で設定アプリを開き、一般を選択します。そして次の画面でSiriを選択します。そして、Siriをオンにします。次に設定画面へ戻り、TouchIDとパスコードを選択します。

そして、自身のパスコードを入力して、次の画面でSiriをオフにします。これで、ロック画面中にホームボタンを長押ししても音声コントロールもSiriも起動しないようになります。

音声コントロールから電話をかけれないようにする方法

音声コントロールがオンのときに、ポケットにiPhoneを入れていたら間違って電話をかけていた。。なんてことがあった人も多いはず。音声コントロールオン時に音声ダイヤルをかけれないようにしておけば、このような誤作動に頭を抱えることもありません。

音声コントロールから電話をかけれないようにする方法は、ホーム画面から設定アプリを開きます。次にTouchIDとパスコードをタップします。パスコードを入力したら、音声ダイヤルをオフに切り替えます。

これで、音声コントロールがオンの時に音声コントロールから電話をかけることができなくなりますので、間違って電話をかけることなどがなくなります。

iPhoneのSiriの使い方

現在地に基づいてリマインダーを設定してもらう

Siriは位置情報サービスを利用して、現在地、自宅、または勤務先などの場所を追跡ができるため、リマインダー設定をかけることができます。リマインダー設定方法は、ホーム画面から設定アプリを開き、プライバシーを選択します。

そして、位置情報サービスをオンにします。次に、Siriに場所に基づくお願いをする際に、リマインドのことも伝えれば設定できるようになります。

Siriの音声・言語変更方法

音声を変更したい場合は、ホーム画面設定アプリから一般を選択し、Siriを開、Siriの声をタップします。Siriの言語を変更するには、同様に設定を開き、一般、Siriを選択します。そして、言語をタップすると、リストから言語選択することができます。

Siriの呼び出しをパーソナライズする方法

SiriはiPhoneを電源に接続して「Hey Siri」と呼びかけるだけで起動します。この呼び方の自分の声を認識されやすいようにパーソナライズ化させることができます。

方法は、設定を開き、一般を選択し、Siriの順にタップします。そして、「Hei Siriを許可」をオンにします。iOS9以降では、画面上の案内に従って、「Hey Siri」と話しかけたときに自分の声が認識されやすくなるように設定することができます。

これで、自分のiPhoneで他の人がSiriを呼んでも反応することが少なくなります。※iPhone6s、iPhone62Plus、iPhoneSEは電源に接続していない状態でも「Hey Siri」で呼び出すことができます。

Siriを使えない場合や質問を認識しなくなった場合の対処法

Siriを使っていて反応しなくなった場合などは次のことを試していきます。●iPhoneがWi-Fiネットワークもしくはモバイルデータ通信でインターネットに接続されているかどうかを確認します。 

●iPhoneのSiri設定がオンになっているかを確認します。確認方法は、設定アプリを開き一般を選択し、Siriをタップします。●iPhoneを再起動してみます。●iPhoneでSiriを1度オフ設定にし、再度オン設定に切り替えて試してみます。 

●ヘッドセットを使いSiriを呼び出してみます。ヘッドセットでSiriを呼び出す場合は、チャイム音が鳴るまでセンターボタンもしくは通話ボタンを押したままにします。もしヘッドセットを使っているときだけSiriが反応する場合は、iPhoneのマイクを確認します。

これらを試してもSiriの反応が変わらない場合は、Appleサポートに連絡をします。

まとめ

今回、iPhoneの音声コントロールをオフにする方法について紹介いたしました。音声コントロールをオフにしたとしてもSiriがオンになるため、両方を完全に解除することは現時点では不可能です。

しかし、ロック画面であれば、音声コントロールからの音声ダイヤルできないようにすることができます。これで、誤作動なども防ぐことができます。

音声コントロールもSiriも便利な機能ですので、どんどん使っていきたいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です