iPhoneでSMSを利用するための設定方法

LINEで送る
Pocket

iPhone2

今回は、iPhoneでSMSを利用するための設定方法について、ご紹介いたします。LINEなどのメッセージアプリが当たり前となってきていますが、年代によってや、送信先の相手によって、SMSも利用することが多い人も多いのではないでしょうか。あまりSMSを利用したことない人や、これからiPhoneを利用予定の方向けに、「SMSとは」「SMSの設定方法」「SMSが受信できない場合の対処法」「SMSとMMS、iMessageの違い」「迷惑なSMSやMMSを受取拒否したい場合」について紹介します。これからiPhoneを利用する予定の人は特に必要な部分になりますので、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

SMSを利用するための設定方法

ここでは、SMSとはそもそも何なのか?というSMSの説明と、設定方法について紹介します。

SMSとは

ガラケーでもお馴染みのSMSは、電話番号でテキストメールを送ることができるショートメールのことです。SMSは文字制限があることが特徴でもあり、本文70文字までしか1回のメールで送ることができません。ソフトバンク→ソフトバンク、ドコモ→ドコモ、au→auなど、同じ携帯キャリア同士であれば無料で送ることができます。異なる携帯キャリアへ送信する場合は1通につき3円かかり、受信は無料です。

SMSの設定方法

iPhoneのホーム画面にある緑色のメッセージアイコン(吹き出しマーク)を開きます。次に、【MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です】をいう表示がでますので、【設定】をタップします。次の画面で【MMSメッセージ】をオンにし、【MMSメールアドレス】にご利用中のEメールアドレスを入力します。入力が完了したら、【設定】をタップすれば設定完了です。ホーム画面へ戻り、再度メッセージアイコンを開くと利用ができます。

SMSが受信できない場合の対処法

「自分宛てにSMSを送信しましょう」
ホーム画面のメッセージアイコンを開き、宛先に自分の電話番号を入力しSMSを送信しましょう。受信できた場合は、使っているiPhoneに問題がないことが分かりましたので、送信先の携帯に問題がある可能性があります。相手側に伝えましょう。もし、自分宛てに送信したSMSが受信できなかった場合は、「電源を入れ直す」か「ネットワーク設定をリセット」してみましょう。

「電源を入れ直す」場合は、電源ボタンを長押しし、【スライドで電源オフ】と表示されますので、右にスライドさせます。画面が消えますので、その後、再度電源ボタンを長押ししiPhoneを立ち上げます。リセットすることにより、異常が解消され、SMSが受信できるようになる場合があります。

「ネットワーク設定をリセット」する方法の場合は、ホーム画面で設定アイコンを開き、【一般】を選択し、次に【リセット】を選択します。その次に【ネットワーク設定をリセット】を選択すると、【すべてのネットワーク設定を消去して、工場出荷時のデフォルト状態に戻します】とメッセージが表示されますので、【ネットワーク設定をリセット】をタップします。これらの手順により、iPhoneが再起動し、リセットが完了します。

SMSとMMS、iMessageの違い

ここでは、SMSとMMS、iMessageというとても似ているメッセージサービスの違いや、見分け方について説明します。

MMSとは

マルチメディア・メッセージング・サービスの略で、各携帯キャリアから割りあたられたメールアドレス(@docomo.ne.jp、@softbank.jp、@ezweb.ne.jp)で送受信する、メールのことです。アドレスを使用して、文字や絵文字、写真、動画などを送ることができます。いわゆる携帯メールになりますが、各携帯キャリアによって使うアイコンが異なります。ドコモはメールアイコン、ソフトバンクはメッセージアイコン、auはメールアイコンとメッセージアイコンのどちらからでも使えます。

iMessageとは

iMessageは、Appleが提供するApple製デバイス間で送受信ができるメッセージサービスです。iPhone、iPad、Mac、iPod touchなどで、文字、絵文字、写真、動画など送受信できます。専用のメールアドレスがあわけではなく、電話番号やメールアドレスで指定すると、自動的にiMessageで送ることができます。ただし、相手がApple製デバイスでない場合は、SMSやMMSで送られます。Wi-Fi設定があれば無料で送受信できますが、Wi-Fi設定ではない環境であればキャリアの定める通信料がかかります。

SMSとMMSの見分け方

SMSとMMSの見分け方は難しく、メッセージ送受信画面では同じ緑色の吹き出しのため、判別がつきません。この場合、ホーム画面の設定→メッセージを開き、【件名欄を表示】【文字数】をオンにします。すると、メッセージの入力画面で件名横に文字数が表示された場合はSMS(文字数制限があるため)、文字数がでない場合はMMSと判別がつくようになります。

SMSとMMSの選び方

誰かにメッセージを送る際に、SMSとMMSを選ぶ場合や、メッセージのやり取りの中で、SMSとMMSを切り替えたい場合は、新規メッセージを作る際の宛先設定場面で、SMSを希望する場合は電話番号、MMSを希望する場合はメールアドレスを選択してメッセージを作成することで、SMSとMMSを選択することができます。

iMessageの見分け方

iMessageでの送受信の場合は、メッセージ本文入力欄にiMessageと表示されます。また、SMSとMMSは緑色のメッセージ吹き出しなのに対し、iMessageは青色の吹き出しになります。

迷惑なSMSやMMSを受取拒否したい場合

どうしても事情があって、特定のSMS、MMSを受取拒否したい場合の方法は、拒否したい相手とのメッセージ送受信画面を開き、右上の詳細をタップします。次に【i】をタップし、その後、下部の【この発信者を着信拒否】をタップします。【着信拒否設定リストに登録した人からの電話、メッセージ、FaceTimeは着信しません】と表示されますので、【連絡先を着信拒否】を選択します。

着信拒否設定の解除方法

iPhoneのホーム画面で設定アイコンを開き、次にメッセージを選択します。次の画面で【着信拒否設定】を選択し、着信拒否設定画面で、解除したい番号、またはメールアドレスを左にスライドします。そうすると、【着信拒否設定を解除】をいう表示がでますので、タップすれば着信拒否設定の解除完了です。

まとめ

今回、iPhoneでSMSを利用するための設定方法について紹介しましたが、SMSやMMS、iMessageもとても便利なサービスです。Wi-Fi環境であれば無料で送受信することができますし、動画や写真なども送ることができます。LINEを使うのが当たり前になっているからこそ、SMSなどを利用すると、とても新鮮です。特に年齢が高い人とメッセージのやりとりする場合や、LINEを知らない人とメッセージやりとりの際などは、とれも役立ちます。SMS、MMS、iMessageとどのサービスも似ている内容ではありますが、いつどこで使う場面に出会うかわかりませんので、しっかりと種類の内容や設定方法を把握しておき、いつでも使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です