Home / iPhone / 今よりお得に!白ロムiPhoneの特徴とメリットデメリットを徹底解説

今よりお得に!白ロムiPhoneの特徴とメリットデメリットを徹底解説

Pocket

33b0edf800d5e9ff566e2b8f687a5634_s

よく雑誌などで白ロムという言葉を聞きますが、これらの意味はご存知ですか?

実はこの白ロム、きちんと使えば月々のスマホ料金がとてもお得になるかもしれません。

今回はその白ロムのiPhoneのメリット、デメリット、具体的な使い方などもご紹介します。

スポンサーリンク

白ロムって何?

白ロムとは

白ロムとは、SIMカードのない状態の携帯電話になります。SIMカードがないので、電話番号や契約者情報などの情報がありません。また、新品ではなく、1度誰かが購入し、解約をしてSIMカードを抜いた状態のものになりますので、中古品になります。

そのため、価格が格安であることが多いのが特徴です。日本でもシムフリーが義務化され、格安SIMが発売されるようになって、ぐんと白ロムのスマホが売り出されるようになりました。

似ていますが白ロムはSIMフリーの端末とは異なります。

SIMカードとは

SIMカードとは、電話番号を登録している小型のICカードです。

ガラケーと呼ばれる携帯電話の場合は、端末に電話番号を直接登録していたのですが、スマートフォンになってからは、端末に登録されるのではなく、SIMカードに登録されるようになりました。

従ってSIMカードがないと通常の電話による発着信ができなくなります。また、Wi-Fiでないモバイル通信(3Gや4G)のインターネットも使うことができません。

SIMフリーとは

SIMフリーの端末とは、Docomoやソフトバンク、auなどの携帯キャリアのSIMロックがかかっていない端末です。SIMロックがかかっているスマートフォンは、Docomoやソフトバンク、auなどそのキャリアのSIMカードでないと端末が使えないようになっています。

SIMフリーの場合は、キャリアに関係なくSIMカードを使えるため、大手携帯キャリア以外の格安SIMも利用することができます。

白ロムiPhoneのメリット

格安SIMが使えるので毎月の携帯料金が安くなる

キャリアによっては、格安SIMを利用することができます。特にDocomoのiPhoneの白ロムは多くの種類の格安SIMを使うことができます。

大手携帯キャリアの場合だと、月々の携帯料金が7000円前後、高ければ10000円以上程度かかりますが、格安SIMの場合は月々1000円〜2000円程度で済むものも多いです。

通常のキャリアのiPhoneでなく、白ロムのiPhoneを使うことによって、毎月の携帯料金を安く節約することができます。

安い機種代金でiPhoneを買うことができる

白ロムのiPhoneは中古品でもありますので安い機種代金で購入することができます。最新の機種は選べないかもしれませんが、型が古い白ロムなどであれば、比較的手に入りやすいです。

最新などの型にこだわりがない人や、使っているiPhoneが壊れてしまってすぐに新しい機種が必要な場合などに、機種代金を安く抑えて新しい端末を手に入れることができます。

端末の状態も非常に良いものが多いですので、安くキレイなiPhoneを手に入れることができます。

携帯キャリアのように契約期間に2年間の縛りがない

携帯キャリアでiPhoneを購入する場合、2年間の契約期間の縛りがあったりしますが、白ロムの場合は2年縛りなどはありません。したがって、自分の好きなタイミングで機種変更ができます。

まずは使ってみて、やはり自分には合わないなと思ったらもとの契約に戻すなどが簡単にできます。

契約期間の縛りがないので、SIMの出し入れや使えないアプリが出るなど技術的な問題を除いては、大手キャリアのiPhoneから、格安SIMに乗り換えるのは比較的、ハードルが低いと言われています。

白ロムiPhoneのデメリット

キャリアメールが使用できない

白ロムiPhoneの場合、もし格安SIMを使うと、Docomoであれば【@docomo.ne.jp】、ソフトバンクであれば【@softbank.ne.jp】、auであれば【@ezweb.ne.jp】の携帯各社のキャリアメールを使用することができません。

そのため、メールの連絡手段はYahooMailやGmailなどのメールアカウント、もしくはLINEやMessengerなどのメッセージアプリを使っていく必要があります。

あくまで格安SIMを利用した場合に限りますが、白ロムを使う場合は格安SIMを使う人が多いですので、注意しておきましょう。

白ロムiPhoneではテザリングができない

白ロムiPhoneではテザリングができません。

テザリングをとは、iPhoneをネットワークのアクセスポイントとして、他のパソコンやスマートフォンなどにネットをつなぐことができるという機能のことです。これにより外出先でiPhoneをWi-Fiルーターのように使用することができます。

。このテザリングが使えなくなりますので、それまで外出先等でテザリングしていた場合は、別の方法で他のデバイスを使う方法を考えなくてはいけません。

赤ロムを手にしてしまう可能性がある

赤ロムとは、元々の所有者がiPhoneの端末代金を完全に払っていない状態で売りに出されている端末のことをいいます。

まだ完全に端末代金が支払われていないことを知らずに購入してしまい、使っている途中で元のiPhone所有者が料金を未払いになるとiPhoneが使えなくなってしまいます。

この使えなくなった状態のiPhoneのことを赤ロムと言います。赤ロムのiPhoneを手にしてしまうと、自分は何も悪くないのにiPhoneが使えなくなってしまいます。

また、詐欺や窃盗、不正な契約などによって入手されたものなども含まれます。

赤ロムのiPhoneは販売しない中古品ショップなども多いですが、それでもオークションやフリマサイトなどを始め多くの赤ロムiPhoneが出回っています。

白ロムiPhoneを使ってみる

では、白ロムを実際に買う際の流れと具体的な注意点をご紹介します。

白ロムiPhoneを買う

まずは白ロムを買わなくてはいけません。いったいどんなところで買えばいいのでしょうか?

中古品ショップで購入

いまや秋葉原などに行くと、中古スマホショップが軒並みあります。これらの店には店員さんがいますので、わからないことがあれば質問すると答えてくれます。そのため、納得して購入することができます。

また、前述のとおり、中古品ショップでは赤ロムを取り扱っていないことが多いです。そのような表示がされている店もありますので、比較的確認しやすいでしょう。

オークションやフリマサイトで購入

オークションやフリマサイトで中古のスマホを買うのは危険、という見方が一昔前まではありましたが、最近では個人が気軽に出品できるため、比較的状態の良いiPhoneが出品されているケースも多く、良いものを安く入手できることもあります。

ただし、すべてがそうとは限らないため、赤ロムでないかなどの確認は怠らないようにしましょう。また、ネットでの販売になるため、そばに店員さんがいてわからないこともすぐに説明してくれるわけではないので、疑問点があれば、出品者にメールするなどして確認することが重要です。

赤ロムかどうかを確認する方法

では、赤ロムかどうかを確認するにはなにをチェックすればよいのでしょうか。

まずは各携帯キャリアの「ネットワーク利用制限携帯電話機照会」ページにアクセスします。その際にどのスマートフォンにも割り振られている国際的な識別番号のIMEI番号を入力します。

IMEI番号は15桁の数字になっており、iPhoneの背面下部の右の方に、「IMEI〜」数字が記載してあります。そして、「ネットワーク利用制限携帯電話機照会」ページでIMEI番号を入力すると、赤ロムなのか問題がないのか判別されます。

その際に、「◯」表示が出れば問題はありません。白ロムということになります。「△」表示が出たら、iPhoneの前の持ち主の支払いがまだ残っているということです。

この場合、未払いが発生すると赤ロムになってしまいiPhoneが使えなくなってしまいますので、危険です。「☓」表示が出たら、赤ロムです。現段階でiPhoneの前の持ち主が未払い状態なので使用することができません。

絶対に購入してはいけない状態です。

オークションやアプリなどでの購入を検討している場合、事前に出品者にこのIMEI番号を尋ねるといいでしょう。

今使っている端末SIMフリー化する

白ロム状態のiPhoneを買って、格安SIMなどのカードを入れて使うためにはまず、その端末のSIMロックを解除して「SIMフリー」の状態にすることが必要です。

その方法を各キャリアごとにご紹介致します。

NTTドコモ

docomoショップでSIMフリーにしてもらうのであれば、3000円が必要ですが、自分でインターネット経由で解除する場合は無料です。

まず、契約者本人、購入日から100日を経過している、SIMロック解除対象機種、故障していない、ネットワーク制限やおまかせロックなどがかかっていないなどの条件があります。

SIMロックを解除するには、まず、設定 → 一般 →情報 →IMEIで15桁のIMEI番号を確認し、My docomoのページから、「docomoオンライン手続き」→その他の「SIMロック解除手続き」をタップ、iPhoneを選択して、IMEI番号を入力して「解除手続きを申し込む」をタップして終了です。

au/KDDI

auの場合も、ショップで解除手続きをするなら3000円が必要ですが、自分でネット経由でやる場合無料になります。

SIMロック解除条件は、ほぼdocomoと同じですが、iPhoneの場合6S以降のiPhoneとなります。

まずはauのスマホの設定→一般 →情報 →IMEIで15桁のIMEI番号を確認します。

auの公式サイトからログインします。

そして、「契約紹介手続き」から「各種手続き案内」をクリックし、「SIMロック解除」を選択します。

すると、「SIMロック解除のお手続きはこちら」と表示されるため、SIMロック解除が可能であるかを確認し、判定が○であれば「こちら」に進みます。

その後は4桁の暗証番号を入力し、解除の理由などを選択すれば完了です。

ソフトバンク

SoftBankのiPhoneの場合は至って簡単です。SIMロック解除条件は上記と同様です。やはり設定→一般 →情報 →IMEIで15桁のIMEI番号を確認しておきましょう。

やはりショップでやると3000円が必要ですが、自分でネット経由でやるのであれば無料となります。

My softbankにログイン→右上の「メニュー」→契約・オプション管理→下へスクロール→SIMロック解除手続き→IMEI番号を入力→「解除手続きする」をタップすると「解除方法」が表示されますのでそのとおりに作業します。

まとめ

今回、白ロムiPhoneの特徴とその使い方について紹介いたしました。白ロムiPhoneは使い方によっては非常に安く便利です。

iPhoneが故障したことによって買い替える場合も、また高額な新品iPhoneを選ばなくても、安い白ロムiPhoneを選ぶことで大きく節約することができます。選択肢が増えることは良いことですので、白ロムiPhoneへの理解も深め、購入する際の比較検討に使いましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

goripaku7943_tp_v-2

最高の音楽が手元に!Google Play Musicの利用マニュアル

映画やドラマといった映像作品が …

Facebookでのご購読が便利です