iPhoneの白ロムって何?白ロムiPhoneの特徴とメリットデメリット

LINEで送る
Pocket

a0001_015476

今回は、iPhoneの白ロムって何?白ロムiPhoneの特徴とメリットデメリットについて紹介いたします。よく雑誌などで白ロムという言葉を聞きますが、一体どのような意味なのでしょうか?

また、白ロムのiPhoneにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?これらについて1つ1つ確認していきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの白ロムって何?

iPhoneの白ロムとは

白ロムとは、SIMカードのない状態の携帯電話になります。SIMカードがないので、電話番号や契約者情報などの情報がありません。また、新品ではなく、1度誰かが購入し、解約をしてSIMカードを抜いた状態のものになりますので、中古品になります。

似ていますが白ロムはSIMフリーの端末とは異なります。

SIMカードとは

SIMカードとは、電話番号を登録している小型のICカードです。ガラケーと呼ばれる携帯電話の場合は、端末に電話番号を直接登録していたのですが、スマートフォンになってからは、端末に登録されるのではなく、SIMカードに登録されるようになりました。

従ってSIMカードがないと通常の電話による発着信ができなくなります。また、Wi-Fiでないモバイル通信(3Gや4G)のインターネットも使うことができません。

SIMフリーとは

SIMフリーの端末とは、Docomoやソフトバンク、auなどの携帯キャリアのSIMロックがかかっていない端末です。SIMロックがかかっているスマートフォンは、Docomoやソフトバンク、auなどそのキャリアのSIMカードでないと端末が使えないようになっています。

SIMフリーの場合は、キャリアに関係なくSIMカードを使えるため、大手携帯キャリア以外の格安SIMも利用することができます。

白ロムiPhoneのメリット

格安SIMが使えるので毎月の携帯料金が安くなる

キャリアによっては、格安SIMを利用することができます。特にDocomoのiPhoneの白ロムは多くの種類の格安SIMを使うことができます。

大手携帯キャリアの場合だと、月々の携帯料金が7000円前後、高ければ10000円以上程度かかりますが、格安SIMの場合は月々1000円〜2000円程度で済むものも多いです。

通常のキャリアのiPhoneでなく、白ロムのiPhoneを使うことによって、毎月の携帯料金を安く節約することができます。

安い機種代金でiPhoneを買うことができる

白ロムのiPhoneは中古品でもありますので安い機種代金で購入することができます。最新の機種は選べないかもしれませんが、1型前の白ロムなどであれば、比較的手に入りやすいです。

最新などの型にこだわりがない人や、使っているiPhoneが壊れてしまってすぐに新しい機種が必要な場合などに、機種代金を安く抑えて新しい端末を手に入れることができます。

端末の状態も非常に良いものが多いですので、安くキレイなiPhoneを手に入れることができます。

携帯キャリアのように契約期間に2年間の縛りがない

携帯キャリアでiPhoneを購入する場合、2年間の契約期間の縛りがあったりしますが、白ロムの場合は2年縛りなどはありません。したがって、自分の好きなタイミングで機種変更ができます。

極端な話、2〜3ヶ月使用して売って、また別のiPhoneに機種変更しても何ら問題はありません。全部自分の好きに自由に使うことができます。

白ロムiPhoneのデメリット

キャリアメールが使用できない

白ロムiPhoneの場合、もし格安SIMを使うと、Docomoであれば【@docomo.ne.jp】、ソフトバンクであれば【@softbank.ne.jp】、auであれば【@ezweb.ne.jp】の携帯各社のキャリアメールを使用することができません。

そのため、メールの連絡手段はYahooMailやGmailなどのメールを主に使用する必要があります。もしくは、LINEやMessengerなどのメッセージアプリを使っていく必要があります。

あくまで格安SIMを利用した場合に限りますが、白ロムを使う場合は格安SIMを使う人が多いですので、注意しておきましょう。

白ロムiPhoneではテザリングができない

白ロムiPhoneではテザリングができません。テザリングを使うと、iPhoneをネットワークのアクセスポイントとして、他のパソコンやスマートフォンなどにネットをつなぐことができます。

これにより外出先でiPhoneをWi-Fiルーターのように使用することができます。このテザリングが使えなくなりますので、それまで外出先等でテザリングしていた場合は、別の方法で他のデバイスを使う方法を考えなくてはいけません。

赤ロムを手にしてしまう可能性がある

赤ロムとは、元々の所有者がiPhoneの端末代金を完全に払っていない状態で売りに出している場合に起こり得ます。

まだ、完全に端末代金が支払われていないことを知らずに、購入してしまい、使っている途中で元のiPhone所有者が料金を未払いになったらiPhoneが使えなくなってしまいます。

この使えなくなった状態のiPhoneのことを赤ロムと言います。赤ロムのiPhoneを手にしてしまうと、何も悪くないのにiPhoneが使えなくなってしまいます。

赤ロムのiPhoneは販売しない中古店なども多いですが、それでもオークションなどを始め多くの赤ロムiPhoneが出回っています。中古のiPhoneを購入する前に必ず赤ロムのリスクがないか確認するようにしましょう。

中古iPhoneを購入する前に赤ロムかどうかを確認する方法

中古店によっては赤ロムを販売しないところも多いですが、それでも流通してしまいますので、必ず中古iPhoneを購入する前に赤ロムかどうかを確認するようにしましょう。

調べる方法は各携帯キャリアの「ネットワーク利用制限携帯電話機照会」ページよりおこないます。その際にどのスマートフォンにも割り振られている国際的な識別番号のIMEI番号を入力します。

IMEI番号は15桁の数字になっており、iPhoneの背面下部の右の方に、「IMEI〜」数字が記載してあります。そして、「ネットワーク利用制限携帯電話機照会」ページでIMEI番号を入力すると、赤ロムなのか問題がないのか判別されます。

その際に、「◯」表示が出れば問題はありません。白ロムということになります。「△」表示が出たら、iPhoneの前の持ち主の支払いがまだ残っているということです。

この場合、未払いが発生すると赤ロムになってしまいiPhoneが使えなくなってしまいますので、危険です。「☓」表示が出たら、赤ロムです。現段階でiPhoneの前の持ち主が未払い状態なので使用することができません。

絶対に購入してはいけない状態です。

まとめ

今回、iPhoneの白ロムって何?白ロムiPhoneの特徴とメリットデメリットについて紹介いたしました。白ロムiPhoneは使い方によっては非常に安く便利です。

iPhoneが故障したことによって買い替える場合も、また高額な新品iPhoneを選ばなくても、安い白ロムiPhoneを選ぶことで大きく節約することができます。選択肢が増えることは良いことですので、白ロムiPhoneへの理解も深め、購入する際の比較検討に使いましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です