iPhoneをSIMロック解除してSIMフリーにする方法

LINEで送る
Pocket

最近SIMフリーという言葉を耳にする事が増えてきたと思います。話題の格安SIMをを使用する為の第一段階ともいえるSIMフリー端末の入手ですが、本体代金が高いや今使用している本体があるから再購入は難しいなど簡単に手に入れることは出来ないのが現状です。

キャリア(通信会社)で契約しているiPhoneをSIMフリーに出来れば一番楽だと思います。SIMロックがかかっているモデルをSIMフリー化する為にはいくつか方法があります。

スポンサーリンク

SIMフリー化の方法

16
出典:総務省がSIMロック解除を義務化へ ── 各種割引制度はどうなる?

キャリアにて解除

キャリアにて一部の機種でSIMロック解除が可能になりました。iPhone6までは対象外ですが、iPhone6S以降から三キャリアとも対応になります。iPhone6までの機種ではキャリアにて解除を行えません。

ファクトリーアンロック

17
出典:i本体を送らずにSIMロック解除!AU版限定 iPhone SIMロック解除サービス ファクトリーアンロック

ファクトリーアンロックとは業者に委託するものです。平均30000円前後発生するためリスクが高いのが難点です。分割途中のiPhoneやSIMロック解除後に修理を行った場合、再度SIMロックがかかる可能性がありますのあまりおすすめ出来ません。

その他

脱獄(システムの書き換え)、SIM下駄、ロジックボード交換など他にもSIMロック解除の方法はありますがiOSのバージョンによっては行うことが出来ません。最新のバージョンではまず不可能です。一番手取り早いのはSIMフリー版iPhoneを購入することです。

キャリア契約からSIMロック解除

キャリアで契約したiPhoneのSIMロックを解除するには3つ方法があります。
①インターネット(無料)
②電話(有料)
③ショップへ来店する(有料)
iPhoneやPCから行えるインターネットだと基本24時間手続きでき、無料みたいです。詳しい説明や操作方法がわからない場合は店頭がおすすめです。

さいごに

SIMフリーにすると多用途のSIMカードが使用できる上に料金の節約もできます。長い年月を考慮するとSIMフリー版のiPhoneが10万超えであっても高いと感じないかも知れません。毎月の割引で安く感じているキャリアロックのかかったiPhoneですが、トータルの支払金額はどうでしょうか?初めからSIMフリー版を買うもよし、購入後にSIMロックを解除するのもよし、正規の手順以外のSIMロック解除にはリスクが伴いますので事前準備をしっかりしておいてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です