Home / iPhone / 意外と簡単!iPhoneのsimロック解除の方法

意外と簡単!iPhoneのsimロック解除の方法

Pocket

simカード2

2015年5月より、新しく発売されるスマートフォンではユーザーが望んだ場合、simロックを解除することが義務化されました。これにより、日本で大人気のスマホである「iPhone」もsimロックを解除してsimフリー化し、好きなsimカードを挿して使えるようになります。

しかし、「simロック解除」とか「simフリー」という言葉を聞くと難しく感じてしまい、simロック解除を行っていない方も多いようです。ところが、意外にもiPhoneのsimロック解除はとっても簡単にできるようになっています。しかも、わざわざ店頭に行かなくてもオンライン上で手続きすることも可能です。

今回は、iPhoneのsimロック解除の方法について解説します。

スポンサーリンク

simロック解除ができるiPhone

これから早速simロック解除の方法を解説していきますが、実はsimロック解除はすべてのiPhoneで出来るわけではありません。simロック解除をするためには条件があり、その条件を満たしたスマートフォンでのみ、simロック解除を行うことができます。

そこで、まずはどのスマホがsimロック解除できるのかについて説明します。

simロック解除ができるスマートフォン

simロック解除ができるスマートフォンは、大手携帯キャリア共通で2015年5月以降に発売したスマートフォンです。キャリアによってはそれ以前に発売したスマホもsimロック解除できることがありますが、基本的には2015年5月以降発売のスマホが対象となります。

simロック解除できるスマホの一覧が各キャリアの公式サイトなどで確認できるので、一度確認をしてみると良いでしょう。

なお、ドコモとソフトバンクについては自分が契約して購入したスマホのみ解除できます。他の人から譲ってもらったものや、中古で購入したものなどはsimロック解除を行うことはできません。

iphoneで対象となるのは6s以降

iphone6s

「simロック解除できるのは2015年5月以降」という条件は当然iPhoneにも当てはまります。つまり、simロック解除の対象となるiPhoneは

・iPhone 6s /6s plus
・iPhone SE
・iPhone 7/ 7 plus

の5機種のみとなります。これ以外のiPhoneは原則としてsimロック解除をすることができません。

解除できる期間にも制限あり

また、simロック解除はいつでも自由に出来るわけではありません。大手キャリアによって異なりますが、simロック解除ができる期間には制限があり、その期間でないと解除することができません。

キャリア別の解除のタイミング

ドコモ

ドコモの場合は「端末購入日から6か月以上経過していること」となっています。つまり、iPhoneを購入して即解除はできません。ただし、過去にSIMロック解除の実績があり、なおかつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過している場合は、端末購入日から6か月経過していない場合でもSIMロック解除が可能となっています。

また、すでにドコモを解約済の方は、解約日から3か月以内であることが条件となっています。

auとソフトバンク

auとソフトバンクの場合は購入から181日以降というのが条件となっています。ドコモのように場合によっては即日、といったことはなく、必ず181日以降のものとなります。

iPhoneのsimロック解除の手続き方法について

この項目では具体的なsimロック解除の手続きについて説明します。

手続き方法によって異なる料金

simロックを解除する方法は大きく分けて次の3つがあります。

①ショップ店頭でのsimロック解除
②サポートサイトでのsimロック解除
③電話窓口でのsimロック解除(ドコモのみ)

どの方法でもsimロック解除はできますが、解除方法によっては手間がかかったり、手数料が発生することがあります。ここでは、各simロック解除方法について詳しく説明します。

ショップ店頭でのsimロック解除

ショップ店頭でsimロックを解除する場合は、どのキャリアも共通で3000円かかります。お金がかかりますが、ショップでsimロックを解除する場合は手続きをすべてショップの店員さんに任せることができます。自分でやる自信がない人や、あまり詳しくない人は、ショップに行ってsimロック解除をしてもらいましょう。

なお、店頭でsimロック解除を行う際にはiPhone本体だけでなく、運転免許証などの本人確認書類が必要になるので、忘れずに持っていきましょう。

サポートサイトでのsimロック解除

サポートサイト(オンライン)でのsimロック解除はキャリア共通で無料となっています。自分でやらないといけませんが、店頭に行く手間が省けますし、何よりもタダで出来るのは大きいですね。

電話窓口でのsimロック解除(NTTドコモのみ)

NTTドコモのみ、電話窓口でsimロック解除を行うことができます。ショップに行く時間がないが、自分だけでやるのは難しい、サポートが欲しいという方は電話でするのも手です。ただし、電話窓口でのsimロック解除もショップ店頭と同じく3000円の手数料がかかるので注意が必要です。

iphone解約前にロック解除をするのがおすすめ

iPhoneのsimロック解除はキャリアとの契約を解約する前でも後でもできますが、できるなら解約前にするのがおすすめです。

ドコモの場合は解約してから3ヶ月、ソフトバンクは解約してから90日経つとsimロック解除ができなくなってしまうからです。解除できるようになったらなるべく解約をする前にsimロック解除を行うようにしましょう。

オンラインでのsimロック解除の手順

オンラインでのsimロック解除の手順は、キャリアによって少し異なります。この項目ではキャリアごとのオンラインでのsimロック解除手順を説明します。

ソフトバンクの場合(My Softbank)

ソフトバンクの場合、オンラインでのsimロック解除はMy SoftBankで行います。ただし、My SoftBankで手続きをする場合、現在挿しているソフトバンクのsimカード以外に別のsimカードが必要です。iPhoneをアクティベートするときにだけ必要になるので、事前にソフトバンク以外と契約をしている家族やお友達から借りておきましょう。

最初に、iPhoneの製造番号(IMEI番号)を調べます。iPhoneの「設定」から「一般」->「情報」の順に進み、IMEI番号を長押ししてコピーしておきます。

次に、simロック解除をするiPhoneからMy SoftBankにアクセスし、契約内容のページに進みます。そのページにある「simロック解除対象機種の手続き」をタップします。

「simロック解除対象機種の手続き」をタップすると、IMEI番号を入力する画面になるので、さきほどコピーした番号を入力し、次へを選択します。その次のページに表示される「解除手続する」ボタンをタップすると、simロック解除手続き受付完了となります。

次に、iPhoneの電源をオフにして、simカードを取り出します。そして、事前に用意した別のsimカードを入れて電源をオンし、iPhoneのアクティベートを行います。これで、ソフトバンクのiPhoneのsimロック解除は完了です。

auの場合の場合(auお客さまサポートサイト)

auで行う場合、まずはSIMロック解除の可否判定のページへ行きます。

このページで、simロック解除したいiPhoneのIMEIを入力します。IMEIの調べ方はソフトバンクの時と同様です。

ここで判定結果が〇になったら、そのページに表示される「SIMロック解除のお申込みは、こちらからお手続きを行ってください」をクリックしてください。

すると、端末を選択する画面になるので、simロック解除したいiPHoneを選択したあと、簡単なアンケートに答えて「この内容で申し込む」をタップして完了です。

NTTドコモの場合(お客様サポート)

NTTドコモで行う場合はMy docomoで行います。なお、ドコモのsimロック解除メニューはパソコン用サイトでしか表示されないので、解除する際はパソコンを使って行いましょう。また、NTTドコモでsimロック解除を行う場合もドコモ以外のsimカードが必要です。

My docomoにログイン後、「ドコモオンライン手続き」のページに行き、「simロック解除」をクリックします。

「simロック解除画面」に行ったら、機種選択でiPhone/iPadを選択し、ソフトバンク・auの時と同様にIMEI番号を調べ、入力します。

その後、「simロック解除を申し込む」と「simロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れて、確認メールの送信先を選べば手続きは完了です。

手続きが終わったら、ソフトバンクの時と同様にiPhoneのアクティベートを行います。iPhoneの電源を切り、simカードを抜いて、ドコモ以外のsimカードを挿します。その後電源を入れてApple IDとパスワードを入力すればsimロック解除が完了します。

simロックを解除した後の処理

ここまで、simロック解除の手順を説明しました。意外と、簡単にできるんですね。しかし、simロック解除をした後に注意しなければいけないことがあります。

長期契約や割賦残金の扱い

simロック解除を行っても、長期契約は残ります。そのため、simロック解除を行った後に解約すると、解約手数料がかかる可能性があります。
また、iPhoneを割賦契約で購入し、割賦残高がある状態でsimロック解除を行った後に解約した場合、残金を割引なしで払わないといけません。

解約やMNP目的でsimロック解除をする場合は、その前に自身の契約を一度見直しておくとよいでしょう。

simロック解除後に修理交換した場合も解除したまま

simロック解除後にiPhoneが故障してしまい、修理交換に出した場合でも、simロックは解除されたままです。修理に出したらロックがかかったのでまた解除しないといけない、ということは起きません。

iphoneのsimロック解除のメリット・デメリット

simロック解除のメリット

simカード

simロック解除のメリットは、自分の好きなキャリアの回線を利用できることです。最近では格安SIMなども登場し、ユーザーの選択の幅が大きく広がっています。simロックを解除することで、iPhoneでも格安simを使うことが可能になります。

また、simロックを解除することで、海外に行った時にiPhoneを利用しやすくなります。simロックが解除されたiPhoneなら、海外で購入することができる格安simを使うことができるので、海外旅行や仕事で海外に行くことが多い方にとっては大きなメリットとなります。

simロック解除のデメリット

iphone clush

simロック解除を行うことのデメリットは「AppleCare」が解除されてしまうことです。iPhoneを購入している方の多くはキャリア経由で「AppleCare」という製品保証プログラムに入っていると思いますが、simロック解除を行うとこのAppleCareも解除されてしまいます。

iPhoneが故障した際の保証が欲しい場合は気を付けましょう。

また、simロック解除する方法によっては手数料がかかりますし、その後解約を行うと契約内容によっては解約料がかかったりします。下手にsimロック解除を行うと無駄にお金を使うことになるので、十分に注意して行いましょう。

まとめ

iphone and women

ここまで、iPhoneのsimロックを解除する方法や注意点、メリット・デメリットについて解説してきました。

難しそうな印象のあるsimロック解除ですが、意外にも簡単に行うことができるんですね。家にながらオンラインで簡単にすることができますし、オンラインでする自身のない方は有料ではありますが、ショップ店頭に行って店員さんにお任せすることもできちゃいます。

simロック解除を行うと、契約しているもの以外のsimカードを自由に使うことができるようになります。途中で解約しても今のiPhoneを使いたい、格安simを試しに使ってみたい、そんな方は、ぜひsimロック解除を検討してみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です