iPhoneのSIMロック解除を行うための手順

LINEで送る
Pocket

本記事では通信事業会社から購入したiPhoneのSIMロックを解除して、低価格なMVNO SIMカードや他の通信事業会社のSIMカードを使えるようにする手順と注意点を紹介します。SIMロック解除とは何?と思われている方や、手順が難しそうと思われている方に是非ご覧頂きたいと思います(この記事の情報は本記事執筆時点、2016年6月時点の情報ですので、今後SIMロック解除の手順や、対応端末などが変更になることがありますので、ご了承下さい)。

iPhoneのSIM解除のメリット

ss76_SIMmaster14172245_TP_V

iPhoneをSoftBankやauなどの各通信事業会社で購入した場合、SIMロックというものがかかっており、それぞれの通信事業会社のSIMカードを使用しないと、iPhoneが使用出来ないようになっています。現在、価格の安いSIMカードを扱っているMVNO事業者が多く増えていますが、SoftBankやauと契約しているiPhoneはそのままでは利用できません(docomoのiPhoneはMVNO事業者がdocomoの回線を使用しているため、そのまま使えるMVNOのSIMカードが大半です)。

MVNO事業者のプランは月額1000円以内、中には500円以内で利用可能なものがありますので、こちらのプランを活用しない手はありません。そのためにSIMロックを解除することで、格安のプランでiPhoneを利用できるようになるのが最大のメリットです。

SIMロック解除が可能なiPhone端末とは

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

iPhoneのSIMロック解除が通信事業会社にて可能になったのはつい最近の事です。総務省の発表した「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正案を受けて、docomo、SoftBank、auにてiPhoneのSIMロック解除の手続きが行えるようになりました。また、SIMロック解除を行うためにはそれぞれの通信事業会社にて若干の対応の差がありますので、以下でご紹介します。手続き方法は変更となっていることもありますので、事前にホームページなどで最新の情報をご確認下さい。

iPhoneの対象機種が、2015年5月以降に新たに発売された端末のみという点は各通信事業会社共通です。こちらは、購入した日ではない点に注意して下さい。iPhoneでは、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEが対象機種となります。ちなみに、iPadの場合は、9.7インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、iPad mini 4が対象です。Y!mobileでは、現在iPhone5sを販売していますが、端末の発売日が2015年5月以前のため、SIMロック解除はできません。

さらに、「端末を購入してから6ヶ月以上経過している」ことも各会社共通の条件となっています。

docomoでSIMロック解除手続きを行う場合

471bb64fba5c262befbc5db2d21bafcc_s

docomoで解除手続きを行える条件として、以下のものがあります
・ネットワーク利用制限がかかっていないこと
・解除申し込み者の購入した端末であること
・対象回線において、以前にSIMロック解除した実績があり、その解除受け付けから6ヶ月以上経過している場合、今回解除する端末が購入日から6ヶ月経過していなくてもSIMロック解除は可能です。
・docomoとの契約を解除している場合、解除日から3ヶ月以内の端末

手続き方法は、パソコン、電話、ドコモショップから可能です。パソコンからの解約の場合、dアカウントが必要になりますので、用意しておきましょう。既にdocomoとの契約を解除している方はドコモショップのみで対応しています。電話受け付けはdocomoのみの対応です。

パソコンからの申し込みの場合、自分の使用している機種のIMEI(固有の識別番号)をあらかじめ調べておく必要があります。IMEIはSIMトレイや、本体の背面にも刻印されていますが、かなり小さい文字なので、iPhoneの表示画面から調べる方がよいでしょう。手順は、「設定」>「一般」>「情報」の順にタップしていき、IMEIと書かれている箇所の14桁の数字となります。こちらを控えて手続きを開始しましょう。他の通信事業者でパソコンから手続きする際も同様です。

なお、解除には事務手数料として3,000円かかりますが、パソコンからの申し込みの場合、手数料が無料なので、パソコンからの手続きがお勧めです。手続きは「My docomo」サイトから行えます。

SoftBankでSIMロック解除手続きを行う場合

SoftBankでの手続きの条件としては以下となります。
・ネットワーク利用制限がかかっていないこと
・解除申し込み者の購入した端末であること
・端末に水濡れや故障がないこと
・契約を解除している場合、解除後3ヶ月以内の端末

解除にはパソコンからか、ソフトバンクショップでの手続きとなります。ソフトバンクショップでの手続きは手数料3,000円かかりますが、パソコンからの場合は無料ですので、docomo同様パソコンからの手続きがお勧めです。手続きは「My SoftBank」から行って下さい。

auでSIMロック解除手続きを行う場合

auでの手続きの条件としては以下となります。
・ネットワーク利用制限がかかっていないこと
・申し込み者自身で購入した端末でなくても解除可能(ショップのみ対応)
・端末に故障がないこと
・契約を解除していても、解除後であれば期限無く手続き可能

解除にはパソコンからか、auショップでの手続きとなります。auショップでの手続きは手数料3,000円かかりますが、パソコンからの場合は無料ですので、パソコンからの手続きがお勧めです。手続きは「auお客さまサポートサイト」から行って下さい。なお、自分が購入した端末ではない(中古ショップで購入した端末など)端末のSIMロックを解除出来るのは現状、auのみ可能です。

パソコンでSIMロック解除手続き後のiPhoneの設定について

8cb4eaf104821b14e3a7b36a5c846f91_s

以上でご紹介したように、SIMロックの解除手続きは事務手数料もかからず、店舗に行く必要の無い、パソコンからの手続きがお勧めです。しかし、手続きをショップ側でしてもらうのとは違い、申し込み手続き以外は自分で行う必要があるので注意が必要です。

他社製のSIMカードを用意する

SIMロック解除を完全に完了するためには、パソコンからの手続きからでは完結しません。必ず、契約している通信事業者以外のSIMカード(MVNO事業者のSIMカードなど)を用意します。

通信事業者からのロック解除手続き完了通知を受けたら

ロック解除手続きをしたiPhoneの電源を一旦切り、SIMカードを取り出して他社のSIMカードを挿入します。再度電源を入れ、ネットワーク接続が行えた段階でロック解除が完了します。この際、正常にネットワーク接続ができない場合は、iPhoneに通信設定が必要な場合がありますので、挿入したMVNO事業者に問い合わせて下さい。または、通信事業者にロック解除手続きが終了しているか再確認してみてください。

他社製のSIMカードがない場合

通常、他社のSIMカードを使用しないとロック解除が完了しませんが、Appleのサポート情報には、iPhoneをバックアップ、復元する方法でロック解除する方法が記載されています。手順は以下の通りです。

iTunesにiPhoneを接続し、パソコンにバックアップを行います。この際、iCloudへのバックアップでは完全に復元しませんので注意が必要です。バックアップが完了したら、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」を選び、iPhoneのデータを一旦全て消去します。消去が終わったら、iTunesとiPhoneを接続し、「バックアップから復元」を選んで復元を行います。

以上の操作でSIMカードが無くてもロック解除が完了できます。詳細は、Appleのサポートページを参照して下さい。

SIM解除後はMVNOを活用して費用を抑えましょう

ee88e718d324ad43eba474022a72e3be_s

SIMロック解除が完了したら、ご自身の利用法にあったMVNO事業者を選んで、月々の利用料金を抑えましょう。MVNO事業者を選ぶ注意点としては、動作確認機種にご自身のiPhoneが対応しているか忘れずに確認することが必要です。

MVNO SIMカードに乗り換える時の注意点ですが、当然以前の通信業者との契約を解除するわけですから、2年縛りの場合、違約金が発生します。また、割賦料金が残っていた場合、引き続き支払う必要があります。このため、MVNOへ乗り換えるタイミングによっては余計に出費が増えてしまう可能性もありますので、この点もよく考慮して乗り換えましょう。

本記事でiPhoneのSIMロックを解除してMVNOのSIMカードを活用し、月々の使用料の削減の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です