iPhoneのsimカードを取り出す方法

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneのsimカードを取り出す方法についてご紹介いたします。MVNOの普及により、SIMカードの入れ替えなどを行う機会が出てきました。様々なデータが入っているSIMカードは簡単に取り出し・入れ替えを行うことができます。

本記事では下記をご紹介していきます。

  1. SIMカードとは
  2. iPhoneのSIMカードの種類を確認する
  3. iPhoneのsimカードを取り出す方法
  4. SIMカードを移し替えた後に、留守番電話のメッセージが消えないように保存しておく方法
  5. オススメのMVNO

これから格安SIMでiPhoneを利用しようと検討している方や、これから初めてiPhoneを使われる方など、お時間のある際に、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneのSIMカードの種類を確認する

そもそもSIMカードとは何か?と、お使いのiPhoneがどのSIMカードが使われているかについてご紹介します。。

SIMカードとは

SIMカードとは、Subscriber Identity Module Cardで、電話番号などの識別情報が記録されたICカードのことです。このSIMカードをスマートフォンに差し込むことで使用が可能になります。スマートフォンの中には特定のSIMカードだけが利用できるようになっている端末があり、この端末のことをSIMロックといいます。

SIMフリーといい、1つのSIMカードで複数台の端末を使えるようになったことで、今までではきなかった低価格なモバイル通信SIMカードをSIMフリーのスマートフォンに使えるようになり、従来よりも格安でスマートフォンを利用できるようになりました。

また、海外旅行や海外出張の際は、現地のキャリアが提供する、音声通話やデータ通信ができるSIMカードをプリペイドで購入するかレンタルし、普段使っているSIMフリーのスマートフォン端末に差し込むだけで、海外でも安く利用することができます。

iPhoneのSIMカードの種類は下記の通りです。

「Nano-SIMカード」
iPhone6sPlus/iPhone6s/iPhone6Plus/iPhone6/iPhoneSE/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5

「Micro-SIMカード」
iPhone4s/iPhone4

「SIMカード」
iPhone3GS/iPhone3/iPhone

iPhoneのsimカードを取り出す方法

デバイスのSIMトレイを引き出します。引き出すためには、購入時にiPhoneの箱に入っていたペーパークリップかSIM取り出しツールをSIMトレイの下の穴に差し込みます。

次のモデルは、本体側面にSIMトレイがあります。

iPhone6sPlus/iPhone6s/iPhone6Plus/iPhone6/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5/iPhone4s/iPhone4 また、次のモデルは本体上部にSIMトレイがあります。

iPhone3GS/iPhone3G/iPhone。

逆にSIMカードをiPhoneに入れる場合は、ケースにSIMカードを取り付けてから、ケースをiPhoneのSIMトレイ部分に手で押し込めば入れることができます。

SIMカードを移し替えた後に、留守番電話のメッセージが消えないように保存しておく方法

留守番電話のメッセージをメモまたはボイスメモとして保存する

【電話】から【留守番電話】を選択し、保存しておきたい留守番電話メッセージをタップし、コマンドボタンをタップします。そして、【メモ】または【ボイスメモ】を選択し、留守番電話のメッセージを保存します。

留守番電話のメッセージをメッセージ、メール、AirDropで共有する

【電話】から【留守番電話】を選択し、共有したい留守番電話メッセージをタップし、コマンドボタンをタップします。【メッセージ】【メールで送信】または【AirDrop】を選択します。次に、留守番電話メッセージが添付されたメッセージの本文を書いて送信します。留守番電話メッセージは、AirDropの連絡先をタップして共有することもできます。

オススメのMVNO

ここでは、これからMVNOなどを検討している方向けに、人気の高いMVNOの「楽天モバイル」「DMMmobile」「NifMo」「IIJmio」「OCNモバイルONE」を紹介します。何れも格安でiPhoneを利用することができます。

「楽天モバイル」

通信速度は200Kbps固定になりますが、月額525円のベーシックプランは格安です。SMSや通話SIMの場合でも10GBプランで2260円〜2960円、下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsで使用することができます。更に、月額料金初月無料や、余ったデータ通信量は、翌月繰り越しができたり、月々の支払い100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるなど、他ではできないサービスを提供しています。

「DMMmobile」

業界最安値の月額料金で人気のDMMmobileは、データSIMプランライト容量で440円という破格の料金プランとなっています。1GBは480円となり、通話SIMプランでは、ライト容量で1140円、1GBで1260円という格安プランが人気です。尚、1GBでは、動画やアニメ約475分、web約4339回、メール約204800通、ネット電話約1863分、地図約1398回、表示・使用をすることができます。データ容量の繰越や、バースト機能なども使うことができます。

「NifMo」

NifMo提携ショップでの買い物やおすすめアプリのダウンロードをするだけで、携帯料金がどんどん安くなる、NifMoバリュープログラムが人気です。携帯料金だけでなく、飲食代金から割引還元など、還元制度が豊富に用意されています。データ通信専用3GBは900円〜、SMS対応3GBは1050円〜、音声通話対応3GBは1600円〜となっています。Wi-Fiを自動検知し切り替えるコネクトアプリなどのサービスも人気です。

「IIJmio」

高速通信の切り替えや、データ繰越、バースト転送、ファミリーシェアプランなど、サービス・オプションが豊富です。音声通話3GBで1600円〜、5GBで2220円〜となっています。ファミリーシェアプランは10GBで3260円〜と、お得に利用することができます。

「OCNモバイルONE」

6つのコースから選ぶことができ、データ通信専用110MB/1日で月額900円〜、音声通話110MB/1日で月額1600円〜となっています。日次と月次を選ぶことができ、繰越サービスや、容量シェアサービス、セキュリティアプリサービスなど、格安SIM利用者数No.1のOCNモバイルONEです。

まとめ

今回、iPhoneのsimカードを取り出す方法についてご紹介しました。これからよりMVNOなどが普及し、自分自身でSIMカードを入れ替える機会が増えてくると思われます。

SIMカードを入れ替えれるようになり、SIMフリーとして使えるようになったため、自分に本当にあった料金プラン、利用プランでスマートフォンを使うことができます。SIMカードの取り外し方法は、簡単な操作なので、いつでもSIMカードを取り外せるように確認しておきましょう。どんどん自分にあったスタイルに変えていきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です