Home / iPhone / iPhoneで格安SIMを利用する方法と実際の手順

iPhoneで格安SIMを利用する方法と実際の手順

Pocket

gori7jb9v9a3349_tp_v

スマホの月額を抑えるために、格安SIM導入をご検討されている方も多いと思います。確かに、大手キャリアに比べると格段に安いのですが、iPhoneでの利用となると若干の自己責任が伴います。格安SIM業者(一般的にMVNOと呼ばれます)はiPhoneをセット販売をしていないため、ユーザーは自分自身で別途iPhoneを用意せねばならず、機種や入手経路によっては「使えない」ことがありえるからです。

とはいえ、iPhoneはAndroid端末と違ってApple一社のみからの供給ですので種類が限られており、また、格安SIM業者側もiPhone利用の需要の多さを理解しており、動作検証等々しっかり行っていますので、事前に調べておけば怖くありません。ここでは、iPhoneで格安SIMを利用する方法や手順、注意点についてご説明いたします。

スポンサーリンク

利用方法と手順

iPhoneに限らず、格安SIMを利用するにはMVNO(格安SIM業者)との契約が必要です。基本的な流れは下記となります。値段が安い分、大手キャリアのような至れり尽くせりのサービスはありません。

  • 1)端末の用意
  • 2)現キャリアからMNP(電話番号そのままでの乗り換え)予約番号の取得
  • 3)現キャリアとの契約解除、MVNOと契約
  • 4)SIMカード発行、受取
  • 5)端末にSIMカードをセット
  • 6)端末の設定

新規・MNPに関わらず、大手キャリアだと上記はすべてサービスでやってくれますが、MVNOとの契約では、3)4)以外は全て自分で行うことになります。詳細な方法についてはNVMO各サイトにて詳しく説明されていますので、ここでは注意点のみ述べておきます。

  • ★SIMカードにはサイズが何種類かありますので、間違えないようご注意ください。iPhoneに適合しているのはnano(ナノ)サイズと呼ばれる、最も小さなサイズです。
  • ★2)のMNP予約番号は、MVNOとの契約時に提出する形となりますので予め取得せねばなりません。各キャリアの窓口へTELして取得するのがもっとも便利な方法です。解約する理由を聞かれたり、引止めにあったりしますがここは意思を貫きましょう!
  • docomo :151(携帯)0120-800-000(一般電話)
  • au : 0077-75470(一般・携帯共通)
  • softbank :*5533(携帯)0800-100-5533(一般電話)
  • ★MVNOの各プランを確認し、検討しておいてください。価格だけで選ぶとかえって割高になる場合もあります。
  • ※通話をよくされる方は要注意です。MVNOは基本的に、大手キャリアのような「通話し放題」はありません。あったとしても1回5分までとか、何らかの制限があります。超過後の通話料は従量制となるので馬鹿になりません。
  • ★現契約キャリアと「2年縛り」が解除された、いわゆる移行期間中であっても、契約解除料およびMVNO新規契約量がそれぞれ¥3,000程度、計¥6,000程度かかります。
  • ※2年縛り中であれば、これに加え契約違約金として約¥9,000が別途かかります。
  • さらに、端末セットで現キャリアと契約している場合は、端末代金の支払いも継続となりますので注意してください。
  • ★申込みからWeb、SIMカードの受取は宅配便というスタイルが基本ですが、店舗がある場合は店舗でも可能です。出向く手間はありますがその場で発行されます。
  • ※Web申込みの場合、SIMカードは郵送扱いとなりますが、docomo系のMVNOだと、手続き完了~SIM到着の間、一切の通信ができなくなります。au系の場合はSIM到着後、端末の設定が完了するまでは旧キャリアの通信が使用できます。
  • ★端末の設定とは、APN(アクセスポイントネーム)の設定を指します。この設定をしないとモバイルデータ通信ができません。具体的には各MVNOサイトよりAPN設定ファイルというものをダウンロードして、iPhoneにインストールしてやる作業です。
  • 【要注意】作業自体は難しくありませんが、APNデータのダウンロードにWi-Fi環境が必須ですので、Wi-Fi環境をお持ちでない場合は、知り合いから借りるなど手配が必要です。

MVNOについて

uni15042555img_1751_tp_v

MVNOとは、docomoやauの通信網を借りて、ユーザーに無線通信を提供している業者のことです。借りている通信網によって、docomo系とau系があります。ほとんどのMVNOはdocomo系で、au系2016年10月現在、3社しかありません。

au系は選択肢が少ないだけでなく、使用にあたっては制限事項がありますので、au系のiPhoneを使いたいとかの特殊事情がない限り、docomo系を選ぶのが無難です。以前はau系のほうが通信速度が速いなどのメリットもあったのですが、現在ではさほど変わりないようです。

価格はどこも似たり寄ったりですので、迷った場合はサービス面で決めてしまうのも一考です。たとえば楽天モバイルであれば、楽天ポイントが付きますし、TSUTAYA系のTONEであれば、T-POINTが付きます。

iPhone特有の注意点

MVNO各社はiPhoneのセット販売を行っていないため、機種選定および入手、契約後の端末設定は自分自身で行うことになります。失敗しないためにもある程度の知識は必要です。

iPhone購入費が別途かかる

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

これで1日安心!iPhone用ワイヤレス充電器おすすめ6選

iPhoneのモバイルバッテリ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です